Entries

接見の際のマナーについて

平成29年4月17日、当番弁護の要請があり、かなりの雨が降っている中、県南部の警察署に行きました。

翌日は天候が回復するとの予報でしたから、無理をすることはありませんでしたが、同期が車で送ってあげると言ってくれたので、その言葉に甘えたのです。警察署の駐車場にはパトランプを天井に載せて覆面パトカーが待機しており、その様子を目にして良い感じになりました。しかし、接見を申し込んでから接見を開始するまでに1時間を要し、それに関係する諸事情から腸が煮えくりかえる状態になりました。

問題の警察署には接見室が1部屋しかありません。私が警察署に到着したとき、既に別の弁護士が接見して接見室を使用中でした。車で待ってくれている同期にメールで状況を送信すると、時間が経つにしたがって「了解です。」、「要領が悪いですね。」と変化して、その後、返信のメールがこなくなりました。結局、接見室を使用していた弁護士は、宅下げしてもらう書類があるらしく、接見が終わった後、私のすぐ横に立って携帯電話をいじる暇があるのに、ずっと待たされている私に対して、何も言葉をかけることなく、書類を受け取って帰りました。初回接見でいつもよりは接見に時間がかかったのかもしれません。それをとやかく言うつもりはないです。ただ、「待たれていましたか。すみません。」との一言があってもいいと思うのです。

夕方以降、警察施設では一般人の面会を受け付けませんが、接見待ちの弁護人で混雑することが多くなっています。このことは県警本部留置管理課との協議会でも話題になりました。したがって、例えば、初回接見で時間がかかると予想されるのに、他の弁護人が来ていて、そちらは短時間で接見が終了すると分かったら、接見の順番を入れ替えてもらう気配りがあってもいいと思います。

こういう気配りは司法研修所では教えてくれません。これまでの生き方で自然に備わるものです。しかも、先輩、後輩も関係ありません。私が接見を終わって接見室を出たところ、後輩の弁護士が待っていたら、それが弁護士に成り立てであろうとも、必ず一声かけて帰ります。因みに、今回、私が会った人は、開口一番、「わざわざ雨の中を来て頂いて有難うございます。」と言ってくれました。「先生」と呼ばれる、無礼な弁護士よりも、余程常識がある人でした。


ところで、約2時間車で待ってくれていた同期と一緒に、帰り道にある「くら寿司」に行きました。午後9時を過ぎていましたから、食欲があってもセーブしなければなりませんので、2人で16皿食べたのでした。昔でしたら、びっくらポンをもう1回するために無理をして4皿食べていたと思います。びっくらポンは1回当たりました。

岡山の桜(新庄村「がいせん桜まつり」)



平成29年4月16日(日)、午前5時過ぎに岡山からJRの始発電車に乗り、倉敷と新見で2回乗り換えて、中国勝山まで行き、そこから真庭市が運営しているコミュニティーバスに乗って(料金は大人200円均一)、午前9時頃には岡山県新庄村に到着し、「がいせん桜まつり2017」を観てきました。江戸時代に出雲街道の宿場町として栄え、平成の市町村大合併でも合併することなく、新庄村として残っているところです。因みに、村の人口は1000人に満たないです。









新庄村にいる間に気温が20度を超えるポカポカ陽気となり、桜が一気に咲いた感じでした。時間が経つにしたがって、見物客の数も増えました。村の人口以上の人が押しかけていたはずです。




餅まきがありましたが、まかれた餅が桜の枝にひっかかってしまいました。





普通の民家もお茶を出してサービスして下さいました。「がいせん桜」の図柄をラベルに貼った濁り酒を発見しました。蔵元さんが同じようでした。




人力車をひくおじさんに協力して頂きました。人力車に乗ると一緒に写真も撮ってくれるようですが、こちらは料金が必要でした。

続きを読む

お弁当です(5日分+出来事)



平成29年4月10日(月)のお弁当です。午前11時には県北の津山に向けて車で、若手のOさん、Fさんと一緒に出発する予定でしたから、朝食代わりにお弁当を食べて、昼食は津山に到着した後、おにぎりをかじりました。因みに、お弁当はオムライスでした。



津山の鶴山公園で撮影した桜の写真を追加します。桜は、城の天守、櫓、石垣との合性がバッチリです。久しぶりに裁判所津山支部に顔を出すと、ある女性が私のことを憶えてくれていました。真庭の醍醐桜を堪能した後、岡山に戻り、「餃子の王将」に行きました。




同月11日のお弁当です。寝付きが悪いことから服用している睡眠導入剤の手持ちが残り少なくなったので、かかりつけの内科の先生に診察して頂きました。血圧は126、76、脈拍68、酸素飽和度98でした。心筋梗塞になると、心臓の冠動脈が詰まり、心筋に栄養が行かなくなって、心筋が壊死する(腐る)と書いている文献を目にし、以前から疑問に抱いていたことがありましたので、先生に「どうして私の心臓は腐ってダメにならないのですか。」と質問しました。答えを聞いて、妙に納得しました。




同月12日のお弁当です。炊きたてのご飯を冷凍しておくと、解凍してこれを食べるときに美味しいと実感しました。若手のMさんのお子さんが外出する際に、私がプレゼントした靴を履いてくれました。Mさんが私に見せてくれた写真で、そのことが分かりました。

この日、インターネットの通信販売で購入したジンギスカンが冷凍された状態で届きました。いつジンギスカンパーティーをするかが問題となりました。なお、司法試験の論文式試験の答案は、ある意味で公式な書面ですから、略した書き方は避けなければいけません。したがって、細かいことになりますが、その答案において、「ネット通販」と略して書くのは厳禁です。

私は、被疑者から「コンビニ強盗をしたことは間違いありません。詳しいことは刑事さんにお話しして調書にしてもらっているとおりです。」といった簡単な内容の供述を録取して調書にし、上司の決裁を受けたことがあります。温厚な上司が「コンビニというのは正式な名称になっているか。広辞苑で調べたか。計画していたコンビニ強盗の内容を具体的に書かないと、共犯者がいる事件ではもたないぞ。」と注意され、つい「次回からそうします。」と答えたのが上司の逆鱗に触れ、「お前が取った調書は裁判所に出すな。」と言われたことがあります。一度怒られたら、普通の常識がある人間であれば、改めようとするはずです。もっとも、今の司法試験の受験生は何を考えているか分かりません。

そういえば、器物損壊の事例で、起訴状の公訴事実に「壁にペンキを入れたビニール袋を投げつけて」と書いていたら、その上司は「壁にビニール袋に入れたペンキを投げつけて」と手を入れたこともありました。





同月13日のお弁当です。揚げ物に、事務所に持参しているウスターソースをかけました。揚げ物に何もかけないと、そっけないものになっていました。しかし、油断すると、そのソース1滴が命を縮めることになるのです。

私は味付け海苔を食する際、醤油にたっぷり付け込んでいました。これを「ビチャビチャ海苔」と呼んでいました。病気になった後、長女から「あの醤油はダメだと思ったのよ。でも注意して、聞く耳がなかったでしょう。」と言われたことがあります。反論することなく、身体を張って止めろよと思ったものです。




同月14日のお弁当です。木曜日の夕方から、嫁さんは借りた本を図書館に返しに行くのですが、図書館の近くにあるスーパーマーケットで惣菜を買うことにしているようです。汁がたっぷりの野菜の惣菜が登場しました。


ところで、同月16日(日)に岡山県新庄村で開催される「がいせん桜まつり2017」のことが気になり、公共交通機関を使った場合のルート、時刻を調べましたが、午前5時過ぎの電車に乗って出発する必要があるようです。若手の人から、「それなら県外に出るようなもので、沖縄にも行けますよ。」と言われましたが、私にとっては県内であることが重要なのです。同期は来週の日曜日であれば、予定が空いているようです。それでも桜は咲いていると思いますが、「がいせん桜まつり2017」が開催されるのは16日だけですから、その日に行くことがとても重要なのです。

醍醐桜の様子を印刷した書面を差し上げた方から、わざわざ御礼の電話を頂きました。ますます、がいせん桜の様子も見て頂きたいと思うようになったのでした。

続きを読む

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-