Entries

「原因において自由な行為」について(1)

先日のブログに頂いたコメントに「原因において自由な行為」という刑法の論点が登場しましたし、写真を掲載した刑法のノートも、その論点の部分ですから、これについて書かせてもらいます。


昔は、新司法試験のように事例が何ページも書いてあるような問題はなく、事例といっても数行でしたし、いわゆる一行問題というものがありました。


「原因において自由な行為について論じなさい。」という問題が出題されてもおかしくありませんでした。


通常、一行問題の場合は、定義から入ります。つまり、原因において自由な行為とは、自らを責任無能力の状態に陥れ、その状態で犯罪の結果を引き起こすことをいいます。ここで責任無能力とは、泥酔や睡眠状態を意味していると考えて下さい。


そして、刑法39条1項は、「心神喪失者の行為は、罰しない。」としており、実行行為のときに(泥酔して)責任能力がなければ、その者の責任を問えないことになりますが、それでいいのかというのが問題の出発点です(責任主義行為と責任の同時存。)。


事例を挙げると、酒癖が悪く、決まって暴れる人間がいたとします。酒が入らないといい人間で、暴れたりしません。そのことを自覚している人間が、嫌な上司を殴ってやりたいと考えたものの、素面でそんなことはできないので大酒を飲んで泥酔し、何も分からない状態になり、当初意図したとおりに、上司を殴ったとしましょう。



人の身体に対する不法な有形力の行使ですから、暴行罪(刑法208条)の構成要件に該当する行為はあります。さあ、どう考えるべきでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/538-3f736474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-