Entries

お弁当です。



平成29年2月14日、若手の人が作ってきたお弁当です。若手の人が、私に気を遣って写真を送ってくれました。「スペースパン」という入れ物を使って、油なしで仕上げた唐揚げがメインで、タモさんピーマンも入っているようです。なお、煮豆は自分で作ったものではないことを本人に確認済みです。

夜、ロフトで読書をしていたら(「海賊とよばれた男」のコミック版を読み終えました。)、次女がロフトに通じる梯子をニューッと上がってきました。次女はバレンタインのクッキーを持ってニヤニヤしており(数日前に味見をさせられました。多分、余りものでしょう。)、ダウンロードしてほしい恋愛映画の題名を言うと(狼がどうのこうの?)、去っていきました。そう言えば、全く水分を摂っていませんでした。




同月15日の私のお弁当です。いつまで経ってもジャーの中の炊き込み御飯が減らないので、ペシペシと詰めました。事務所に出ると、司法修習生のT君が黙々と仕事をしていました。


ところで、弁護士職務基本規程には、「国選弁護における対価受領等」と題して、次のようなものが定められています。

【49条1項 弁護士は、国選弁護人に選任された事件について、名目のいかんを問わず、被告人その他の関係者から報酬その他の対価を受領してはならない。

同条2項 弁護士は、前項の事件について、被告人その他の関係者に対し、その事件の私選弁護人に選任するように働きかけてはならない。ただし、本会又は所属弁士会の定める会則に別段の定めがある場合は、この限りでない。】

例えば、関係者と初めての打ち合わせをするとして、その日時を決める電話をした際、「国選弁護ですから、生菓子の類も持参しないで下さい。」とお願いしたら、逆に、何か持ってきて下さいと言っているように聞こえます。かといって、実際に生菓子を持参されたら、突っ返すのもどうかと思います。そのような場合、事務員のことも考えて多めに生菓子を買ってきて下さっています。そこで、ブログを利用してのお願いになりますが、国選弁護の場合、気遣いは一切無用です。「この弁護士さんでよかった。」と満足して頂ければ、それで十分です。

昔、国選弁護人に選任された事件で、被告人から頼み込まれ、一筆とった上で、私選弁護人になり、裁判所にそれまで国選弁護人として活動した報酬は放棄する旨の上申書を提出したところ、裁判所から弁護士会の許可をもらったかとのご下問を受けたことがあります。なお、当時は、上記の49条2項ただし書に相当する規程はありませんでした。

このことがあって以降、国選弁護人に選任された事件では、どんなことがあっても私選弁護人になることはありません。また、私が紹介して私選弁護人になった弁護士と依頼者の関係が悪化し、依頼者から「どうして、あんな弁護士を紹介したのか。」と文句を言われるのも嫌ですから、弁護士を紹介することも控えるようになりました。

それでは、一審で国選弁護人に選任された事件について、控訴審を私選弁護で受任するのはどうでしょうか。通常の場合、被告人が一審の判決内容に不満があって控訴しており、それは一審の国選弁護人による弁護が功を奏しなかったことを意味しています。したがって、一審で精一杯のことをやったにもかかわらず、満足すべき結果が得られなかったら、控訴審は別の弁護士が弁護人となり、違った視点から事件を処理する方が賢明ではないかと思います。
関連記事

コメント

[C2291]

対価受領禁止の関係についてですが、以前、果物や生鮮食品をお持ちになった方がおられました。

もちろんお断りしたのですが、その果物をその後どうするか、その場で困られてしまったことがありました。

難しいです。
  • 2017-02-16 12:24
  • 若手その2
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3278-ddf88f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-