Entries

餃子の王将列伝(平成28年・14・合格者編)

平成28年11月10日、天候が心配されたため急遽店舗を変更して、いつも通っている「餃子の王将」の店舗で、同年の司法試験に合格した人3名(Oさん、Mさん、③さん)、法科大学院の先生、若手の人らと宴を開催しました。

Oさん、Mさんは私が法科大学院で非常勤講師として講義をした際の受講生です。③さんは、ガイダンスを兼ねた同講義の1回目には顔を出してくれたのですが、その後、履修登録をしなかったことが分かり、私が何か不謹慎な発言をしたのが原因かなと気になっていました。その③さんが、突然、私の目の前に現れたので、「あ、あのときの女だ。」と思い、内心は警戒した(臨戦態勢に入った。)のです。しかし、③さんによると、ガイダンスの後になって、私の講義を受講する履修要件を充たしていないことが分かったので、履修しなかったとのことでしたから、ホッとしました。その上、私が作成して受講生に配付した資料に目を通し、伝聞法則に関する論述パターンが役に立ったと感謝されましたから、私には③さんがとても良い人に見えました。

ところで、Oさん用に本を持参する予定にしていると、それを知った若手の人から、「もう一人の人(Mさんを意味します。)には何もないのですか。」と言われ、それもそうだなあ、気配りが足りなかったと思い、別の資料を用意して、風呂敷に包んで持参しました。12月には司法修習生として採用され、法曹の卵として扱われる人たちです。それぞれの夢が叶うことを祈っています。また、彼らから指導を受けている人が、来年以降の司法試験に合格することも祈っています。

事前にOさんが再現した公法系第1問の答案を読ませてもらい、感動しました。Oさんの場合は、講義の際に、受講生すべてに「この本がいい。」と紹介すると、講義の後で「見せて下さい。」と言ってきました。同様に、(若手の人が)受験生のあるべき精神論を抜粋したものを印刷した書面を紹介すると、Oさんは「コピーさせてもらっていいですか。」と聞いてきました。勉強ができるのは当然かもしれませんが、Oさんが精神論まで大切にするところが凄いと感心し、一目置いていました。とはいえ、そんなにできる人とは思っていませんでした。将来が楽しみです。

合格者に指導してもらう機会があれば、ヒョイヒョイと跳んでいかないといけません。昔は自分の方が成績が良かったとか、自分の後輩であるといった事情があるにしても、Oさんらが司法試験に合格したという現実を直視し、憧れる気持ちを持って、教えを乞わなければいけません。昨日会ったN君は、予備試験で失敗した民事訴訟法が本試験ではA評価であったと言っていました。③さんは、刑事系の科目であれば、O君に負けないとも豪語していました。因みに、私も憲法、刑法、刑事訴訟法であれば、上位二桁に入る自信があります(他人は、これを「法螺」と呼んでいます。)。Mさんにしても、確実にポイントを押さえるところは凄いです。そのような合格者が手を差し伸べてくれたら、受験生はその手をしっかり握るべきです。1500人も合格者がいるのです。自分の知り合いで、司法試験を受験している者全員が合格しても、まだまだ余裕がある合格者の数です。合格までに数年の差が生じることはあっても、最後は全員合格してもおかしくないです。そのためには、勉強ができない者は精神面を補強する必要がありますし、字が下手な者は、せめて判読できる程度の字が書けるよう字の練習をする必要があります。





この日は、例の「きのこ」の料理を注文したところ、意外に好評でした。また、てっきり持ち帰り専用と思って注文を控えていた私には、若手の人が注文してくれた揚げ餃子(写真の下)が妙に新鮮でした。大いに盛り上がり、気が付けば、午後10時30分になっていましたので、慌ててお開きにしたのでした。会計はおかしなおばさんではなく、おねえちゃんが担当してくれたので、問題ありませんでした。

そして、法科大学院の先生と連れ立って歩いていると、雨が降ってきました。天気予報は外れていませんでした。なお、③さんの名前もイニシャルがMであるため、失礼かと思いながら、Mさんと区別して、③さんと書かせて頂きました。この書き方が機嫌を損ねたら、えらいことです。



あえて追記します。私のコメントが、司法試験の受験生に対して愛情が感じられないと評した者がいました。私は死んでも、そいつのことを許しません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3229-32b63d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-