Entries

答案用紙の表紙の書き方について

司法試験の受験生のレベルが下がっており、それを如実に表しているのが論文式試験における答案用紙の書き方です。

正式な答案用紙がどういうものかについては、法務省のホームページで司法試験のところにアクセスすれば、これを確認することができます。そして、法務省は、司法試験を「平成××年」という書き方で表現していることが分かります。

しかし、司法試験の受験予備校の中には、答案練習会の名称に西暦を用いているところがあります。この場合は、西暦を用いた書き方が「正式名称」になるのですから、受験生はこれに逆らうことが許されません。そして、受験予備校は、自分が主催する答案練習会をより身近なものとするため、略称を用いて宣伝します。もしかすると、受講している答案練習会の正式名称を書かず、略称で済ませていませんか。最初に答案用紙の必要事項を書かず、いきなり問題文を読んで、答案の中身を書こうとするので、最後は答案用紙の表紙を書く時間的余裕がないのかもしれません。

次に、受験予備校によって、答案用紙に書くべき必要事項は多少の違いがあると思いますが、答案を作成した年月日は必須となっていいるはずです。その答案を作成した年月日について、どう書くべきか考える必要があると思います。前記のとおり、答案練習会の名称については西暦を用いておきながら、答案を作成した年月日に年号を用いた書き方をした場合(平成28年×月×日)、全体として調和がとれているでしょうか。ましてや、答案練習会の名称について西暦を用いておきながら、答案を作成した年月日について、単に「28年×月×日」と書いている答案は論外であると思うのです。これが何だかおかしいぞと感じないのは問題です。

ところで、平成28年の司法試験の合格者を発表している法務省のホームページには、法科大学院別の合格者数等を記載した表も掲載されています。合格者数がゼロであったり、1人であった法科大学院は遅かれ早かれ消えます。合格実績を見ると、有望な学生はそのような法科大学院に入学しようとは思わないでしょうし、学生を受け入れる側の教員もやる気がでないでしょう。先日、箱根駅伝の予選会で連続出場の記録が途絶えた大学と同じで、余程のことがなければ復活はありえません。申し訳ないですが、廃校になるような法科大学院を設立したこと自体が問題でした。

では、そのような司法試験の合格実績が悪い法科大学院の受験生は、どうしたら司法試験に合格するのでしょうか。

出来が悪いということを自覚して、人一倍汗を流し、指摘された欠点を一個ずつ改めていく気概がないとダメでしょう。「権利を主張する前に義務を履行せよ。」です。毎年1500人の合格者が出ると仮定したら、司法試験を5回受験する頃には上位6000人が抜けている、そうなれば自分の順番が回ってくるだろうという甘い発想は通じないのです。


答案用紙の表紙は採点の対象ではないのであるから、そんなに細かいことを言うなと叱られるかもしれません。しかし、答案用紙の表紙の書き方が雑なものほど、答案の内容も雑なことが多いのです。例えば、問題文に(以下、これを「本件捜査①」という。)との記載があったとします。その問題では「本件捜査①」という言葉を使うことが決まりになっているにもかかわらず、単に「捜査①」と書いて満足しているのです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3212-236d547b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-