Entries

平成28年5月の出来事について

いつの間にかブログを再開したかのような雰囲気があり、そういう自分が好きになれません。

アッという間に連休が終わり、大相撲も終わりました。「検察は横綱相撲をとらなければならない。」と言われていた検察教官を思い出しました。横綱は勝てばいい(負けてはいけません。)というものではなく、相手に胸を貸し、場合によっては十分な態勢にならせておいて寄り切りで勝つという美しさが必要です。

前任者の時代には取り扱った事件がなかったということで仕事を引き受けたところ(名義貸しのようなものです。)、審議しなければならない事件が発生しました。事件の引きがいい男のようです。仕事のついでに、フェリーに乗ってバイク好きのお父さんに会いに行くのも一興かもしれませんが、県外に出る気力がありません。

弁護修習中の司法修習生と話していると、合格者が増えたにしても、司法試験に合格しただけのことはあると思います。この司法修習生は、いわゆる採点実感に目を通しているようで、「思うに」という表現は使わない方がいいということを知っていました。これは単なる好き嫌いの問題かもしれませんが、法務省のホームページで公開されて問題になっていない以上(昔、公法系第1問に関する採点実感の内容が不可解で、予備校がこれに反発したため、補足のコメントが掲載されたことがあります。)、あえて逆らうことではないでしょう。

それ以前の問題として、①句読点の区別ができていないもの、②行の途中で次の行に移り、行の末尾に意味のない空白を生じさせているもの(段落以外)、③番号が振られていないもの、④基本的な漢字が書けていないもの、⑤法律に関する試験であるのに法律の条文が全く引用されていないものなどバラエティに富んだ答案に遭遇し、ぶったまげています。①ないし③については、横書きの原稿用紙に文章を書いたら、自分が書いた文章が不自然であることに気付くと思います。

机の上には、司法修習生に対し、訴状、答弁書等の起案を課題として出された記録が積まれています。この光景は、最近知り合った人の言葉を借りると、まるでジャングルのようです。違法薬物を栽培しているときのように、未済の記録がニョキニョキと高くなっています。こういう場合は、大火事にならないよう、とりあえず目の前の火の粉を払わなければいけません。



久しぶりに近所の洋食屋さんに行きました。大将は私が病気になったことを御存知なかったので、3年ほど御無沙汰していたことになります。今回は持ち帰りのトンカツを注文しましたが、トンカツにかけてある自家製のソースが食欲をそそりました。



珍しく家で晩酌をしました。居酒屋でもらった備前焼の小鉢をぐい呑み代わりにして、一杯やりたい気分になりました。同期が集めている備前焼のぐい呑みとは比べようがありません。

仕事場がある建物が外装工事のために断水することもあり、裁判所のトイレを借りています。しかし、裁判所に行くには必ず信号機が設置された交差点を通過しなければならないので、切羽詰まったら危険です。最悪の場合は、交差点を渡らなくても行ける、かかりつけの内科の先生のところにお世話になろうと思っています。
関連記事

コメント

[C2265]

こんばんは。

いつの間にかブログを再開してても,いいんじゃないですか。
最近,お会いできないので,ブログで近況が分かると,こちらはとっても嬉しいです。

ぜひ,仕事のついでに,海を渡ってきてくださいな。
マリンライナーも,速くて快適ですよ。
津山線よりも,楽だし速いしで,いいですよ。



  • 2016-05-31 19:54
  • バイク好き父さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3154-d76f1858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-