Entries

平成28年3月の出来事について

またしてもブログの冒頭を「スポンサーサイト」なるものが飾っていましたので、慌てています。とはいえ、この1か月で何があったのか思い出そうとしても無理があります。

まずは、若手の人が、何とか(2月29日に生まれた)長男君の名前を決めることができました。今となってはどういう名前を考えていたのか思い出せませんが、名前についてはかなりの難産でした。次に平成27年11月以来となる血液検査等の通常の検査をしてもらうため、病院に行きました。最近は血圧を測ることもなく、体重が増加しないように注意して65キロをキープしています。そのおかげか、検査の結果、特に悪くなっているところはありませんでした(BNPという心臓から分泌されるホルモンの数値だけは異様なものでした。)。3分の間、3段の階段を上り下りして心電図を診る検査はしんどく、「大丈夫です。」と答えながら、完全に息が上がっていましたので、次回からは勘弁して頂きたいです。そして、主治医の先生によると、1月のCT検査の結果、狭窄が疑われた右冠動脈については気にする必要はないとのことでした。つまり、ステントを留置した部分よりも上の冠動脈が完全に詰まって再び心筋梗塞になってもダメージを受ける心臓の部分は以前とほぼ変わりがないから、それほど問題ではない、むしろ冠動脈が詰まった場合は、心臓の違う部分が新たにダメージを受けることになるので、そのときは命はないだろうとのことで、私には説得力が今一つでした。

3月25日、長女が転居しました。あっけないものでした。その関係で、嫁さんが週末は長女の転居先に行き、身の回りの世話をしており、私が長男、次女の相手をしていました。炊事、洗濯が大変なことを思い知りました。なお、長女は、転居前に弁慶さんに行き、かやくめしと豚汁を食べました。

3月29日(昨日のことになると、私でも出来事を思い出せます。)、岡山城の近辺に桜を見に行きましたが、まだ見頃になっていませんでした。今年は外国人観光客の数が増えたように思います。そして、本日、仕事場の機械警備のシステムが変更されました。新しいシステムに慣れるまで、何か起こしそうな気がします。

そして、年度末ということもあって、別れの季節です。裁判官、検察官は異動がありますし(嫌な事件、嫌な上司とおさらばできるので有り難いことではありますが、新しい任地にも嫌な事件、嫌な上司が待っているものです。)、今年は仲良くして下さった先生が弁護士の登録を抹消されることになり、既に事務所を引き払われました。

結局、私はしつこく生きています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-