Entries

お弁当です(CT検査の結果)。



平成28年1月13日のお弁当です。同期が早く昼食を摂ることになり、私も付き合いましたが、ご飯が喉に通らない事情が生じました。一番おいしかったのは、キウイでした。御飯の量は意識して減らしています。もっとも残っていた昆布が少なかったので、パックから丁寧に全部を移しました。

先日行ったCT検査の結果を確認するため、午前8時30分の予約時間に間に合うよう、病院に行きました。その時刻が診察開始時間になっているので、てっきり私が一番に診察室に呼ばれるものと思っていましたが、どういう訳か男女各1人が先に診察室に呼ばれ、いずれもが血液検査を含む一通りの検査をするらしく、しかも、うち一名は即入院となったようでした。なお、病院に着いてから血圧等を測ってみたら132、98、心拍数92でした。結局、午前9時30分近くになって、事務の人から「○○さん、いらっしゃいますか。お待たせしました。」と言われ、診察室に入ったのですが、主治医の先生からは私を待たせたことについて何も言葉がなかったので、プッツン寸前の状態になりました。

冠動脈のCT検査を行った場合、放射線科と循環器内科の医師1名ずつで診断する仕組みになっていますが、放射線科の医師が疑問を持たれたようでした。その所見をパソコンの画面で確認しました。そして、主治医の先生がパソコンに打ち込んでいる内容も食い入るように確認しました。平成25年11月に行ったCT検査の画像と比べると、心筋梗塞を発症した際にステントを留置した右冠動脈のより上の部分(主治医の先生は「近位部」とメモしていました。)が白い部分が広くなっているように見えました。つまり、右冠動脈近位部 やや狭窄進行ということでした。なお、冠動脈に留置している2本のステントの部分には再狭窄はありませんでした。

それで、どうするかということで、私に与えられた選択肢は①経過観察、②心筋シンチ(ショックで、説明を聞いても理解できませんでした。ただし、私は「心臓のサーモ検査」とメモしています。)、③心臓カテーテル検査でしたが、①経過観察を選択して帰ってきました。日常生活は大丈夫ですが、過度な負荷があると危険である、ストレスは良くないと説明されましたが、そんなことは説明されなくても分かっています。しかも、心筋梗塞の発作が生じたとき、体のどこが痛かったかについて議論しても無意味でした。


話を変えます。昨日、帰宅したら、長男がスターウォーズの時計を見せながら「これ、どうしたと思う?」と聞いてきました。冗談で「盗ったんか。」と答えたら、「UFOキャッチャーで取ったんよ。300円、凄くない?」と答えました。長男から話を聞いた嫁さんによると、長男は友だちの分も取ったらしく(300円を出資させたらしいです。)、店員さんが2個連続で時計を取られるところを現認していたため、慌ててUFOキャッチャーの中にある品物の配置を変えたそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3144-086c211f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-