Entries

お弁当です(カキフライ)。

20151216141606d3e.jpeg

20151216141613f84.jpeg

平成27年12月16日のお弁当です。

曲げわっぱ弁当箱の蓋ですが、写真でも留め具の付近に亀裂が入っているのがお分かり頂けると思います。大事に使っているつもりですが、手入れが難しいです。御飯の上には、同期から分けてもらった梅干しを載せました。その同期は、本日午後から出張です。一気に事務所内の雰囲気がのんびりムードになりました。本日のおかずのメインはカキフライでしたが、電子レンジで温めるとナヨナヨになりました。私の嫁さんはカキが好物でしたが、一度カキにあたってからは(火を通したカキを食べたら、酸っぱい味がしたので酢ガキと思ったそうです。)全く受け付けなくなり、カキの土手鍋の汁を飲んだだけでじんま疹が出るのです。その嫁さんが、弁当箱にどういう気持ちでカキを詰めたかと思うと、少しは感謝する必要があるかもしれません。



北大キャンパス

U先生から送って頂いた雪が積もった北海道の写真です。現在のところ、雪は積もっていないとのことですが、寒いのが苦手な私とすれば、外出するのが億劫になります。たとえ寒冷地手当がもらえても、住むのは勘弁して頂きたいです。


ところで、尊敬する検察教官が、供述調書の取り方に関する書籍の中で、「供述調書としては、『表現が適切で中身のあるもの』が最も良いが、『表現はうまくないが、中身のあるもの』でも実務上、大いに有用である。これらに対し、「表現はうまいが、中身のないもの」は役に立たず、『表現がまずい上、中身のないもの』は論外といえる。」と記されていました。

同じことは司法試験の論文試験でもいえるのではないでしょうか。つまり、字がきれいで中身のあるものが最も良いが、字はきれいでないが、中身のあるものでも試験では評価される。これらに対し、字はきれいであるが、中身のないものは不合格となり、字が汚い上に、中身のないものは論外(ずっと不合格)である。

出来ることなら、打てば響く学生を対象に教鞭をとりたいものです。打たなくても響く学生はそんなにいません。
関連記事

コメント

[C2257] 生意気にも添削

少しは感謝する必要があるかもしれません。→大いに感謝しなければならないと思います。
  • 2015-12-16 17:13
  • shadow
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3128-542dd5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-