Entries

時間厳守とはいうものの…。

これまでブログを通じて、予定の5分前には参集しておくのが望ましいと述べてきました。基本的にその考え方に変わりはありませんし、今後もこれを貫き通す覚悟でいます。

5分前に関係者が勢揃いしているということは、それだけやる気があることを意味しています。昔、大相撲で富士櫻と麒麟児の一番は時間前から気合いが入っているのが伝わり、いつも時間前に申し合わせたように立ち会って激しい突っ張りをかまし合い、場内が拍手喝采したものです。

私がかつて弁護を担当した交通死亡事故の公判で、どういう訳か判決宣告予定の数分前に裁判官が入廷し、当事者が勢揃いしたことがありました。しかし、いつも傍聴されている遺族の姿がありませんでした。裁判官から、「少し早いですが、判決を言い渡して構いませんか。」と言われ、「結構です。」と答え、判決言い渡しが始まったのですが、途中(定刻よりも少し遅かったでしょうか。)で遺族が傍聴席に座り、ポカーンとされていたのが印象的でした。判決を途中から聴いても、何のことか分かるはずがありません。なお、裁判官は、通常、主文のところを繰り返しますから、それによって遺族も判決の内容が理解できたと思います。

この件があって、裁判官から「少し早いですが、…。」と言われた場合、「遺族が来られるはずなので、定刻まで待ちませんか。」と言わなければならないケースもあると思うようになりました。


逆に、判決宣告時に被告人の家族が姿を見せていないケースがありました。定刻の2、3分前になって、当事者が勢揃いしていたら、弁護人には「ちょっと待って下さい。」とは言いにくいものがあります。むしろ定刻の5分前に傍聴席にいない被告人の家族が悪いという発想に傾きそうです。一番無難な方法は、家族と一緒に入廷することになるでしょうか。時に手錠をされた被告人の姿をその家族には見せたくないという配慮があるとはいえ、厳しい現実を目に焼き付けてもらう必要もあるはずです。

それゆえ、一概に時間厳守というのも何ですが、弁護人(弁護士)に限ってみれば、あくまでも時間厳守でとなるでしょう。


時間厳守と言えば、期限までに、受験生に対して、添削済みの答案を返却しなければならない予備校の事務方は大変だろうと思います。そして、予備校の事務方は、受験生が司法試験に合格したのを自分の喜びと思わないとやっていけないかもしれません。仮に、資料を配付するのが手間だというようなところがあるとすれば、どうなんでしょうねえ?

来週には司法試験の合格発表があります。司法試験に合格すると、それまで見えなかったものが見えてくることがあります。ビジネスに徹した予備校かどうかも分かると思いますよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3062-49aac47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-