Entries

名文?

昔、「判決を一つの区切りとして、××は謝罪に来るだろう。それが出来なければ、電話で詫びてくるだろう。せめて、お詫びの手紙くらいは書いてくるだろうと期待したが、何もなかった。」という趣旨の書面を作成したことがあります。この書面は、裁判所に証拠として提出されました。自分で言うのも何ですが、名文ではないかと思います。

謝罪に行かずにいると、時期を失して行きづらくなります。電話をすると、呼出音が妙に長く続くように感じられ、息が詰まる思いをするでしょう。その上、電話に出た相手から「今さら何を。」と罵倒されるかもしれません。それならば、手紙を書けばいいのです。字は下手であっても、心を込めて書けば通じるものです。ポストに投函するまでは勇気が必要ですが、その後はきちんと郵便屋さんが配達してくれるはずです。最近は、メールで済ませることもあるでしょう。メールであれば、送信ボタンを押せば終わりです。

何事も時期を失してはいけないと思います。それから、言い訳は見苦しいものです。他に用事があったにせよ、その気があれば、もっと早くに少なくとも連絡ができたはずです。最近の出来事から思うところがあって、投稿しました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/3020-ce722164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

Extra

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-