Entries

講義(第4回)の概要について

平成27年5月21日、法科大学院での非常勤講師としての4回目の講義が無事に終わりました。

昨日ブログに大袈裟なことを書きましたが、そんなに思い出に残る講義になりませんでした。ただ、私が答案を添削したことがあって、今年の司法試験を受験した男性2人(Kさん、Oさん)が講義を聴講してくれました。また、法科大学院のK先生も一部でしたが、参観して下さったので、これまでの学生9名だけの講義とは雰囲気が異なりました。

まずは、裁判員裁判対象事件(事後強盗致傷)の被疑者国選弁護人の複数選任に関する上申書の内容から検討し、刑法が専門のK先生が聴いて下さっている間に刑法の話をしようとして、無理に強盗の共謀共同正犯に話題を変え、事実認定の方法も含めて詳しく説明しました。つまり、当事者が会話した生の言葉を聴き出し、その意味を説明させるということが重要です。ついでに、私がKさんに「お前、あほやな。それで司法試験に合格すると思ってるのか。」と言って、別の学生に私のその発言を生の言葉で再現させた上、これが伝聞証拠に当たるかどうかについても質問しました。したがって、9名の学生は、本試験で刑事系(刑法、刑事訴訟法)に関する限り、それなりの点が取れて当たり前であると思っています。

一服の清涼剤となった感がある罪数処理については、甲を殺害する目的で拳銃1発を発砲したところ、甲に傷害を負わせたに止まったが、乙に流れ弾が当たって死亡した場合を検討してもらいました(特別法違反の点は除きます。)。判例を知っているかどうかの問題です。いろんな学説がありますが、択一試験で出題される場合は、判例を前提に考えるか、問題文に学説の内容が紹介されることになるはずです。

再び裁判員裁判の話題に戻って、言いにくいことも言ったことから、少しは笑いがありました。そして、学生9名の名前が憶えられないため、苦肉の策で私が質問した事項に関連し、別名を付けて呼称することにしましたので、学生は別名に関連する形で講義の内容が頭に残っていくはずです。例えば、私が「刑法60条の共同正犯の趣旨は何ですか。」と質問したのに対し、学生が「一部実行全部責任です。」と答えてくれたので、その学生は一部実行全部責任さんと呼ぶことになりました

論述パターンについては、平成元年の刑事訴訟法第1問を題材にして検討しました。


次回の講義は7月23日で、しかも、これが最終講義になってしまいました。それまでに予備試験の択一試験の結果発表がありますので、これに合格した学生については、論文試験対策のために答案を書かせ、添削することになるかもしれません。次回もKさん、Oさんが聴講してくれるそうです。この両名が司法試験に合格したら、「餃子の王将」で祝杯を挙げないといけません。


今回の講義のために、平成27年司法試験の公法系(憲法)、刑事系(刑法、刑事訴訟法)の問題にざっと目を通しました。出題されるパターンが決まったような気がします。憲法の場合は、(問題に登場する一方当事者として)考えられる主張、それに対する反論、あなたの見解を問うものでしたが、わざわざ配点が書いてあり、その内訳は40点、10点、50点になっていました。これによると、反論の部分は満点でも10点しかなく、主張とあなたの見解をどう書くかが重要となります。また、「…については触れなくていい。」旨書いてありましたが、必ず、これに触れている受験生がいるのですね。刑法は、甲、乙及び丙の罪責について論じるものでした。刑事訴訟法は先に設問を読むと「要証事実」という言葉があったので、また伝聞法則が出題されたのかと思いながら、問題文に「立証趣旨」という言葉がないか確認しましたが、これを発見できませんでした。したがって、要証事実と立証趣旨の区別ができていなくても何とかなったと思います。

司法試験の合格者数を1500人程度にするという記事を目にしました。当初の目標は3000人だったと記憶しています。法曹になるのを夢見た人が振り回されることになりますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2979-64b92e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-