Entries

講義(第1回)の概要について

平成27年4月9日、無事に法科大学院での非常勤講師としての講義が終わりました。自分で言うのも何ですが、かなり緊張しました。講義の概要は次のとおりです。

指名した受講生に憲法31条、刑事訴訟法1条、検察庁法4条を読み上げてもらいました。レジュメでは検察庁法1条となっていて、いつものことですですが、間違いがあるんですね。弁護士倫理については、別の弁護士が説明するはずです。続いて、刑事事件(裁判)の流れを捜査の端緒から時系列にしたがって説明しながら、令状主義の例外と、被疑者が逮捕されたら弁護人が登場することが多い理由について、受講生に質問しました。講義の流れとしては、まず、司法試験の合格に向けた勉強方法を説明しようと思っていたところ、ガイダンスの際、文部科学省に講義で使用したレジュメを提出するとか言っていましたので、法科大学院は受験予備校ではありませんから、文部科学省から難癖を付けられないようレジュメの順番を講義の前日に入れ替えて(結構気を遣いますね。)、受講生に質問しながら、司法試験に合格するための勉強方法を説明しました。

本題である刑事弁護実務そのものに関することといえば、勾留状のひな型と私が作成した被疑事実の要旨を配付し、被疑者の勾留と勾留状の見方を説明しました。最後に、取って付けたように少し伝聞法則について説明した上で、その論述パターンを渡し、答案の書き方を伝授しました。あっという間に90分が過ぎていきました。


次回は連休の間になります。既に課題(事例問題)は作成し、事務所の若手の人に検討してもらいました。非常に助かっています。ただ、本題は「不当な取調べに対する防御策」となっていますが、これについてはあまり話すことが思い浮かばないのが実情です。
関連記事

コメント

[C2178] お疲れ様です

こんにちは、お疲れ様です。私は、一般的なことしか言えませんが、90分と言う決められた時間を十二分に生かし、テンポ良く講義を進められたのではないかと感じでいます。先生の情熱、学生さん達にも伝わっていると思います。
次回も期待しています。
  • 2015-04-14 12:54
  • まぁる
  • URL
  • 編集

[C2179] いやいや。

以前に県立大学で非常勤講師を務めたことがありますが、これに比べたら、受講生の質もやる気も違います。ただ、あまり期待せずに淡々と仕事をこなすだけです。
  • 2015-04-14 20:38
  • オグちゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2954-80e5293d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-