Entries

見極めること(続)

平成27年2月25日の午前6時を過ぎました。おはようございます。今日は天気が悪くなければ、私が自転車で動き回る距離内にある警察署に行く予定にしており、まずは天気予報を確認すると、日中は曇りで、夜になると雨が降り始めるかもしれません。

先日、若手弁護士が弁護人を務めた刑事裁判を傍聴し、腹に据えかねるものがありました。そこで、私は、昔からの知り合いで、私の病気も気遣ってくれていて、さらに、刑事弁護にも精通している中堅に、刑事弁護について若手に言いたいことがあるので、その機会を設けることができないか旨メッセージを送ったところ、彼が声をかけてみる弁護士名を知らせてくれました。私が思っていた「若手」ではなく、それなりに修羅場を経験し、大きな事件の弁護人を務めたことがある者も含まれていました。


自分のやり方が決まっている人間、聞く耳を持たない人間は我が道を進んでくれて構いません。「法曹は証拠の世界に生きる」職人であると思います。したがって、個人が職人として技を磨き、あるいは、先輩の技を盗んで熟練度を増していけばいいのですが、どうも弁護士(民事も考慮して、弁護士と書きました。)の場合は違ってきました。

裁判官の場合は合議体の左陪席として研鑽を積み、検察官の場合は嫌でも決裁機能が働くことによって鍛えられ、半人前から一人前へと育っていきます。ところが、弁護士の場合は、様々な事情から、先輩から指導される機会が減っただけでなく、若造でも「先生、先生。」と呼ばれて調子に乗って、マニュアル通りに事件を処理しているようです。それでも、裁判官、検察官がフォローしてくれていますから、弁護人がど素人であるからといって、天と地がひっくり返るような結末を迎える事態は生じていません。その結果、自分が職人として基本を身に付けていないこと、恥ずかしいということを知る機会がないのです。

ところで、私は、一定の周期で「弁護士を辞めたい病」を発症するようで、そのうち、それが現実のものとなるでしょう。そうなる前に、遺せるものは遺しておきたいと決めました。もっとも、出席する者に一番に課した義務は、遅刻するなということなのです。弁護士以前の社会の基本的なルールですが、時間を厳守することから仕込んでいきます。

それから、昨日、法科大学院から、非常勤講師を務めるにあたっての書類が届いていました。こちらの方も、司法試験に合格するという見地から、無駄なことは一切省いて、学生の頭の中に大事なエキスだけを注入してやろうと思っているところです。
関連記事

コメント

[C2143] 鉄は熱い内に

こんばんは。今日のお話、何処の世界も同じやな、と心から共感を覚えました。
どんな仕事でも同じでしょうが、「職人気質」=「プロ意識」だと私は思っています。
医師も同じだと思いますが、最初の数年でその後、どんな医師になるか決まるな、と時々、主人と話していたことがあります。
多分、法曹の方も同じなのでしょう。
私は病院で仕事し始めて、色んな医師を見ますが、中には「どんな親に育てられ、どんな上司に教えられて来たのだろう?」と怒りを通り越して、呆れ果てる医師もいます。
10年経ったら、もう修正出来ないので、若手の方に人として、社会人としての常識を教えてあげて下さい。


  • 2015-02-25 19:24
  • まぁる
  • URL
  • 編集

[C2144] 民事でも・・・

一審で請求棄却となって控訴した件について、高裁で和解勧告がでました。つまり一審敗訴が逆転して請求が一部でも認められる可能性ができたわけです。実は、独立後、一審で請求棄却となった事件が今回の件を含めて3件あるのですが、うち2件は、高裁で逆転して勝訴(1件は判決、もう1件は和解)となり、今度が3件目です。噂では、岡山では、一審で敗訴すると高裁で逆転することはないということで、弁護士会内部でも問題にされていると聴いたことがあるのですが、実際には、状況証拠を含めて証拠を丹念に積み重ね、長くなっても丁寧な論証をしていると、高裁の裁判官はきちんと事件を丁寧に見直してくれるということだと思います。その点について弁護士として最大限の努力をせずに、高裁で逆転を認めないのはけしからんというのは、却って自らの弁護士としての能力を貶めることになると思うのですが・・・。まぁ、よそ者の私には関係ないことですが。
  • 2015-02-25 22:38
  • shadow
  • URL
  • 編集

[C2145] 反省

自分のことを言われているようで,反省です。
明日から気を引き締めて頑張ります。
ブログいつも楽しみにしています。
  • 2015-02-26 18:25
  • あおぞらの若弁
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2914-5df7fd2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-