Entries

慣れない検査(続)

診察室に呼ばれる予定は午後3時30分でしたので、診察室から離れたところでのんびりしていたら(知り合いの人に手紙を書き、ポストに投函しておきました。)、通りがかった若い看護師さんが気を遣って下さり、受付票を持って行かれました。しかも、午後3時前には診察室の前の待合に来るよう指示され、アッという間に診察室に入ることになりました。

主治医の先生は散髪されていました。冠動脈のCT検査の結果、目立った異常は無いとのことでした。私は右冠動脈に2本のステントを留置しています。2本目のステントを留置したのは昨年の1月6日でした。人間の体は、ステントを異物と思い、これを何とかしようとしてステントを留置した後の6ヶ月から1年以内に再狭窄することが多いそうです。この点、私は問題が無かったので、主治医の先生は「薬をきちんと服んでいれば、次のCT検査は2、3年後でもいいかもしれません。」と言われました。なお、右冠動脈の別のところに少し狭窄していると思われる部位がありました。

ところが、私はかなりの心配症ですから、「先生、来年の1月6日にお願いできますか。」と言ったのがきっかけで、残念なことが判明しました。主治医の先生は「私はいません。遠いところに行っています。」と言われ、最終的にはこの4月に関東方面に転勤されるとのことでした。何も知らなければ、主治医の先生が転勤された後の4月以降に検査のために病院に行くところでした。

心筋梗塞を発症した私をドクターカーで迎えに来て頂いたときからの縁で、主治医の先生には弱音を吐いて、心配症の⚪️⚪️さんと呼ばれてきましたが、改めて人の世は必ず別れがあるということを痛感しています。


ドクターカーで病院に搬送された後、一時心停止の状態になった私の名前を呼び続けて、この世に引き戻して下さったのが主治医の先生であったと思っています。


20150106182908d26.jpg

お世話になっている病院です。帰りは雨は止み、晴れ間が出たものの、今一つスッキリしない天気でした。CT検査の結果は悪くなく、本来であれば喜ばなければいけないのに、主治医の先生とお別れすることが判明した私の複雑な心境のような天気でした。
関連記事

コメント

[C2103] お疲れさまでした

こんばんは、検査お疲れさまでした。
主治医の先生のご転勤、寂しいですね。
先生の懸命な呼び掛けのお陰で、今先生がそこにいらっしゃるなんて、まるでドラマの様です。
また、おはがきなど出されたら如何でしょう?うちにも転勤しても手紙やはがきを送って下さる患者さんが何人もいます。とても嬉しいものらしいですよ。
  • 2015-01-07 19:35
  • まぁる
  • URL
  • 編集

[C2104] そうします。

主治医の先生の転勤先が分かったら、御礼状を書こうと思います。全文、手書きにしましょうかね。
  • 2015-01-07 19:44
  • オグちゃん
  • URL
  • 編集

[C2105] いいですね(^o^)v

手書きのお手紙が、心温まりますね。
先生は字がお上手なので、近況など報告されたら、喜ばれると思います。
お年賀状だけでも、うちの主人などは喜んでいますよ。
  • 2015-01-07 20:03
  • まぁる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2875-d04d1dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-