Entries

本日の出来事

平成26年12月10日の午前中、大先輩から若手の人が刑事弁護で悩んでいるから相談に乗ってもらえないかとの電話を頂戴し、仕事場で、その若手の人に会ってみると、簡潔なレジュメを用意してくれていました。事務処理能力は優れたものがありました。ただ、いきなりこの種の弁護は厳しいだろうと同情しました。そして、「餃子の王将」に行く仲間が一人増えたのでした。

午後は、真の友(以前に事務所のマスコットの絵を描いてくれた人です。)と早島町に行きました。いつものことですが、帰りの電車の時刻と仕事の終わりが噛み合わず、駅でかなり待たされました。しかし、今日は衆議院議員総選挙の街頭演説をしており、落選すると分かっているのに虚しくないのかなと思いました。昔、司法研修所の刑事弁護教官に「刑事弁護をやられていて虚しくないですか。」と質問したことがあり、しばらくは私を見る目が厳しかったです。

さらに、三人掛けのベンチに座って電車を待っていると、女子高校生が近付いてきて「ここにバッグを忘れていませんでしたか。」と訊かれました。真の友と顔を見合わせ、「無かったなあ。」と答えたところ、その女子高校生は泣きそうな顔になり、しかも、私の言葉を信用していないのが伝わってきました。そのため、「おじさんは怪しいものではないよ。」と言おうかと思いましたが、背広にはあのAバッジを付けていました。

駅の事務室が閉まっており、駅員が不在でしたから、児島駅につながるインターホンのボタンを押して、女子高校生に駅員と話をしてもらったら、落とし物としてバッグが届いているとのことで私への疑いは晴れたようでした。


仕事場に戻ると、事務の方が温かいお茶とチョコレートを出して下さったので、これで少し元気になって一仕事して、先程の真の友の事務所を訪問したところ、仕事をしていた若手の人も一緒に私の相手をしてくれました。若手の人の笑顔を見ると、楽しく仕事をしているようで安心しました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2864-0d373d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-