Entries

否認から自白に転じる場合の注意点

思うところがあって投稿することにしました。

まずは、捜査段階で、当初否認していた被疑者が自白に転じる場合の注意点です。これは被疑者の取調べを担当している警察官、検察官が注意すべき点になりますが、被疑者から否認していた理由、自白するに至った理由を聴き出す必要があります。できれば被疑者の内心の動きが分かる、リアルな表現(生の言葉)で録取すべきです。そして、弁護人は、自白に任意性がないと判断すれば、自白法則にしたがって争うことになります。


次に、公判段階で、否認していた被告人が自白に転じる場合の注意点です。この投稿の本題になります。当事者主義訴訟構造を基本とする現行の刑事訴訟法の下では、原則として、一方の当事者である検察官が、起訴した事実について被告人を取り調べることに許されないと解されています。例外は、被告人の同意があったり、共犯者が身柄を拘束され、改めて被告人を取り調べる必要が生じたときなどです。

したがって、否認していた被告人が自白に転じる場合、通常は、弁護人が対応することになるはずで、被告人と接見した際、被告人の口から聞かされると思われます。弁護人としては、やはり否認した理由、自白するに至った理由を確認しなければいけません。それらの理由が合理的で、納得のいくものであったら、何も問題がないのですが、時々、「それはおかしいだろう。」という場合に遭遇します。端的に言えば、「本当はやっていないが、裁判が長引くことに疲れた。どうせ刑務所に行くのなら、早く刑務所に行って、早く社会に戻りたい。」と説明されたような場合です。

弁護人と被告人の接見は、立会人なくして、2人だけの密室で行われます。したがって、弁護人と被告人がどのような会話をしたか、他の人には分かりません。将来、この被告人に対して、実刑判決が言い渡された場合、被告人が「弁護人が認めたら、執行猶予になって早く社会に戻れると言った。本当はやっていない。弁護人に騙された。」と不平不満を述べる事態が予想されますので、弁護人が自分の身を守る術を知っておく必要があります。(続)
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2834-e0eea4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-