Entries

中国地方弁護士大会

10月10日、岡山市内のホテルで中国地方弁護士大会が開催されました。

午前中は、犯罪を繰り返す人をどうやって更生させるかについてのシンポジウムがありました。何か会合があると、いつもシンポジウムがある感じです。私は、起訴便宜主義(刑事訴訟法248条)の下では検察官が犯罪者の更生を考えた処分ができると確信しています。しかも、主任検察官としては、それまでの通例にしたがって起訴するのが楽ですから、あえて不起訴にして犯罪者を社会内で更生させるかは、いかに決裁官の見識が優れているかにかかっていると思います。弁護人がいくら助言をしても主任検察官が聞く耳を持たなければ話になりませんが、決裁官から「不起訴にして、チャンスを与えたらどうだ。引受先がないか当たってみろ。」と言われたら、面倒なことを言うと思いながらも、主任検察官は動きます。また、検察官から言われたとなると、公的機関も動くものです。

2014101106422056c.jpg

シンポジウムの題は「立ち直りを支える社会を目指して」〜反省は一人でできるが更生は一人ではできない〜となっていました。隣に座っていた大先輩が「反省だけなら猿でもできるけどね。」と言われていました。

シンポジウムの途中で大学の同級生と会いました。彼は、私より4年も早く司法試験に合格しました。昨年、弁護士の単位会の会長もされたそうです。シンポジウムが終わって昼食が用意された部屋に移動する際、司法研修所で同じクラスだった女性に会いました。いいおばちゃんになったなと思いました。自慢になって恐縮ですが、その女性からは、司法修習生のときに「小切手については貴方の参考答案で勉強させてもらった。」旨お誉めの言葉を頂いた記憶があります。過去問を参考に小切手のポイントをまとめていたため、答案練習会で答案を書き終わって提出した瞬間、参考答案になったと確信できた数少ない答案です。なお、実務家になっても小切手の現物を見たことがありません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2807-b9c9f391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-