Entries

事後強盗について

刑法238条に事後強盗が定められており、通常の強盗と同様に取り扱われることになっています。

強盗は、暴行、脅迫を加えて被害者の反抗を抑圧して財物を奪取する犯罪であって、極めて違法性が高いものといえます。それゆえ、「5年以上の有期懲役」という重い刑が定められているわけです(236条)。

しかるに、238条に規定している行為を強盗罪と同じに処罰する(「強盗として論ずる」とはその意味です。)のは、その行為が強盗と同じ程度に処罰されるのに相当な行為類型にあたると考えられたためです。すなわち、犯人が窃盗行為の際あるいはその直後に、被害者などに発見され、それ以上財物を奪おうという犯意は喪失したものの、その場であるいは引き続いて、①財物を取り返されるのを防ぐため、②逮捕されるのを防ぐため、あるいは③罪跡を隠滅するために被害者に暴行、脅迫を加える犯罪行為は、しばしばみられる類型的な行為といえます。しかも、そのような行為は、その場で居直って更に財物を奪おうとした場合(いわゆる居直り強盗)はもちろん、当初から強盗行為に及んだ場合とも同じとみられるほど極めて違法性が高い行為といえます。

以上の趣旨を踏まえて、事後強盗をめぐる論点は処理する必要があります。ただ、事後強盗と居直り強盗を区別するのは難しいです(居直り強盗の事案を担当したことがありません。)。また、事後強盗は当初から強盗を企んでいたわけでないので、計画性の点で強盗に比べたら犯情は悪くないはずですから、弁護人としては情状のところできちんと指摘しておくべきです。

平成26年10月1日から、(被疑者)国選弁護事件の配点を受けることにしました。恐いものがあります。
関連記事

コメント

[C2054] 国選エントリーですかぁ

ご活躍を!
ただ「恐いものがあります。」・・・心中お察しいたします。
  • 2014-09-30 09:29
  • ひで坊主
  • URL
  • 編集

[C2055] パスがありますから。

「心中」、しんじゅうかなと思いました。「心」は、私の場合、心臓の中、心の中の両方を指しているように読めました。こんなことを書いている場合ではなかったです。午後の公判が気掛かりで、緊張してお腹をこわしています。

国選事件は、勾留状の被擬事実を読んで感じるものがあったら、迷わずパスする予定です。今晩、ゆっくりお話ししましょう。
  • 2014-09-30 09:59
  • オグちゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2799-2590cbc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-