Entries

「先生、唇が変です。」

予約した午後4時前に歯医者さんに行ったところ、外から待合にいる同業者と目が合いました。その同業者は、日頃から私に気を遣ってくれるのですが、私の方は、うちの長男がお子さんをいじめていないかといつも心配しています。

その同業者が帰った後、しばらくしたら、ランドセルを背負った小学生の女児3人が歩いているのが目に入りました。一人は先日遊びに来てくれた子で、私と目が合うと手を振ってくれ、連れの子に何か話すと、連れの子も私の方を見ていました。彼女らが見えなくなって、どうして次女が一緒でないのかなと思ったら、何か喚いている声がして、下校中の次女がやってきました。喚き声は、先に歩いていた子が、次女に私が歯医者さんにいることを知らせたものでした。次女から手を振ってもらうと、「今生の別れ」のような気になりました。飼主に見捨てられたペットの気分と言えば、分かって頂けるでしょうか。


診察室に通されましたが、そこは何か痛いことをする際に案内されるところで、いきなり気持ちが萎えました。まず、採取した歯型について説明して頂きましたが、1ヶ所を除けば、それ程変化はないそうです。しかも、歯並びは時間の経過にしたがって変化するとのことでした。

その説明を受けた後、歯茎に麻酔の注射をされました。昔はブスブスと注射針を刺され、歯茎が膨れて口中に苦い味がしたと記憶していますが、今回はゆっくりでした。しかも、麻酔の効き目が出るまでの10分くらいの間、自由にして下さいと言われ、ブログを確認したほか、診察室のガラスに書かれた絵の写真を撮らせてもらいました。また、先生が、おくすり手帳の内容を確認され、「ちょっと変わった名前の薬がありますね。」と言われましたが、それはジェネリック医薬品のことでした。

20140910173416de6.jpg

歯医者さんを恐いと思っている子どもが多いのでしょうね。私が、「先生、唇が変です。」と言ったところで、これが麻酔が効いた合図となり、歯をギリギリ削られました。先生から、「削って、穴が空いた状態を見ますか。」と質問されましたが、気持ち悪いのでお断りしました。さらに、助手の方が来られて、先生と二人掛かりで穴が空いた歯に詰めものをして下さいました。治療が終わった後、麻酔をするために使った注射器が目に入り、余りの大きさに驚き、「先生、これで麻酔をされたのですか。」と質問したところ、「見ない方が良かったですねえ。」と言われました。見てはいけないものを見たようです。また違和感があれば、いつでも来て下さいと言って頂きましたが、歯を削るのも限界かなと思います。

帰宅したら、次女が宿題をしていました。「パパの下唇、タラコみたいになってるやろ?」と聞いたのですが、いつもと変わりないそうです。

次女がキスマイさん(アイドルとはいえ、呼び捨てにはできない性分です。)のファンクラブに入会し、会員証が送られてきましたので、参考までに。

20140910183530b16.jpg

次女が会員証を見て嬉しそうにしていると、ホッとするものがあります。私にはキスマイさんの良さは分かりませんが、何曲かの歌は元気を貰えると思っています。

それから、最近の出来事として、父の日にもらった紳士用のベルトが行方不明になっていました。ズボンはウエストがガポガポですから、私がいくら呆けても、外出中にベルトを外して置き忘れることは考えられなかったのですが、何と1階居間の押入れの中に突っ込んでありました。犯人は嫁さんのようです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2781-144af76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-