Entries

伝統の餃子

平成26年8月20日、同期が、司法修習生と私を餃子のお店に連れて行ってくれました。

20140820184717641.jpg

祖父の代からやっている、昭和の香りがするようなお店で、カウンター席が10席ほどしかなく、瓶ビールは客が自分でケースの中から取り出しました。「餃子の王将」も捨てがたいですが、時には昭和を思い出し、ゆっくり時間が過ぎて行くのを楽しみたいものです。

20140820184715a22.jpg
20140820184712764.jpg

餃子は作り置きしないで、客から注文が入るタイミングを見越して、皮に餡を包んでいました。小ぶりな餃子10個で1人前(400円)、タレは酢醤油にあらかじめ大量のラー油と唐辛子が入っており、さらに、辛子が添えられていました。私が見ている限りでは、一度に4人前しか餃子を焼きませんでしたが、客ものんびり餃子が焼けるのを待っていました。

私だけであれば、恐くて店の扉を開けることができない、しかし、扉を開けて中に入ると、世の中の喧騒を忘れさせてくれるお店でした。


20140820184716985.jpg

追加で「ぢゃぢゃめん」を注文し、写真は司法修習生に混ぜて取り分けてもらったところです。不思議な食べ物でした。隣に座った体格のいい客が、餃子をつまみにビールを飲み、五目ラーメンで締めて、たくさん汗をかいていたのが印象的でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2761-91ed2d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

Extra

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-