Entries

「骨が折れた。」

6月28日(土)、空手の練習から帰った次女が左足を痛そうにしていたので、無視するのも悪いと思い、「どうしたん?」と聞くと、高いところに構えてもらっているミットに向かって飛び蹴りをした際、足の状態がおかしくなったとのことでした。家族の誰も心配していませんでしたが、次女は左足を引きづり、私がいるロフトに梯子を使って上がってくる際も演技をしていました。

昨日、つまり、7月5日(土)になると、次女が普通に歩いていましたので、足の状態を確認すると、「折れたところが、カポッと入って治った。今日も骨を折ってくるよ。」とのことで、期待していたら、残念ながら飛び蹴りの練習がなかったそうです。次女が言う「骨が折れた。」の意味は、非常に疲れたと理解すべきかもしれません。

そして、次女が貰った「道場だより武徳」を拝見したところ、メインは長女が優勝した組手の大会の記事でした。ほんの一瞬と思われる蹴りが繰り出されたシーンが見事に撮影された写真が掲載されていました。勝手に、長女に関する記事を抜粋させて頂くと、「今回は得意の右下段と突きを有効に使い自分のペースで試合を進める。競技試合への参加は小学生の時以来4年振りであったが、笑顔を絶やさない爽やかな挨拶と堂々とした試合運びが印象に残った。次回はフルコンタクトの部への出場と活躍を期待したい。」となっていました。先にこの文章を読んでいた長女は、「来年も出場しないといけないのかな。先生が期待されているみたいな文章やったんよ。」と言っていましたが、そのようにしか読めませんね。ただ、私には、その行間に「痩せて以前の面影がない父親が、娘の優勝を喜んでいたのが印象的だった。父親を元気付けるためにも一層活躍してほしい。」とも書かれているように思えてなりません(上手いな!こういうことを言って、被疑者を自白させてました。)。今回の道場だよりは、ジジ、ババに送ってあげようと思っています。

この大会で印象に残ったのは、前にも書いたとおり、見事な蹴りで一本勝ちした試合があったことですが、それ意外にも因縁の試合があったようです。K先生が散髪してさっぱりされた姿で試合に出場されていましたが、香川の選手にリベンジを期しておられたのです。文字通り、死闘の結果、残念ながら返り討ちにあいましたが、次の機会が必ずありますね。K先生は、このままで引っ込む方ではありません。


それから、長女は、次女と違って、本当に骨折したことがあります。右手を握りしめた状態では普通ですが、指を拡げると、小指がムンニュといびつに曲がっています。初めて見ると、ちょっとびっくりするので、指切りをするときは素早く左手の小指を出すよう指示しています。


2014070611042596e.jpg

長女が、7月6日午前11時頃、朝食と昼食を兼ねてガーッと一気に食べた「ロコモコ風丼」です。「来年は出場しないと思うけどなあ。」と言っています。長女は、明日から期末試験が始まるはずですが、録画していたとんねるずさんの水落オープンを観ながら、大声で笑っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2713-7cda2366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-