Entries

興ざめする発言

ロフトの窓を開けて寝たところ、明け方は寒いということを知らされました。おはようございます。

ニュースの項目をチェックしていたら、自民党岐阜県連における百田尚樹さんのの発言が取り上げられていました。発言の詳細は読者の方に確認して頂くとして、今後この発言が真実であるとすれば、問題になると思います。「公共放送」であるNHKの経営委員として、いかがなものか。先日、図書館から借りて、安倍総理と百田さんによる対談形式になっている本を読みましたが、百田さんがNHKの経営委員として相応しい人物であったか疑問が残ります。

数十年前のことになりますが、日本国憲法を読んだとき、子どもながらに凄い憲法だと感激しました。同時に、違和感もありました。それは、日本には自衛隊が存在したことでした。平和主義は日本国憲法の柱であるにもかかわらず、自衛隊は軍隊ではないといった詭弁が罷り通っていることが不思議でした。ただ、憲法解釈としては無理であっても、(絶望の)裁判所が自衛隊の存在を憲法問題として取り扱うことはないでしょう。私も、現在は自衛隊が存在する自体を否定するつもりはなく、速やかに憲法改正をすべきであると考えています。なお、最近、原発や自衛隊機の夜間飛行の問題をめぐり、下級審で「どうしたの?」と思う判決(原告である住民の主張は相手にされないと思っていました。)が続きました。

したがって、憲法の解釈を変更することによって、集団的自衛権(その内容が問題となるでしょう。)の行使を容認する態度は気に入りません。これも憲法改正の手続によるべきであると思います。民主党による政治が悪過ぎました。政治家は、選挙の際、国民に約束したことを守らないということを教えてくれました。そして、民主党による政治に嫌気が差したとはいえ、自民党を圧勝させ過ぎたように思います。

物事を説明するとき、分かりやすくするために例えを用いることがありますが、往々にしてその例えが適切でない場合があります。今回の百田さんの発言は自分の信念を素直に吐露したものですが、例えがおかしいです。また、NNKの経営委員の発言としてもおかしいと思います。百田さんは自民党の公認をもらって政治家になるべきでしょうね。世襲という表現がピッタリの議員が多くても、百田さんがその気になれば、安倍総理が何とかしてくれるはずです。


日本はいずれ戦争をするでしょう。そのとき、ロシアだけは信用してはいけないと思っています。因みに、私は保守的な考えの持ち主です。そして、いろいろな考え方があって構わないというスタンスです。これから百田さんの著書「海賊とよばれた男」を読み始めるのですが、できる限り先入観を捨てて読むつもりです。


短気を起こしそうになりましたが、友からの「海賊とよばれた男」という本はいいとのメールをもらって、150ページまで読みました。私は、元々涙もろい人間ですから、泣けて仕方ありません。買って読む価値がある本です。図書館から、下巻の準備ができたとの連絡が待ち遠しいです。

そして、今日の「軍師官兵衛」も泣けました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2676-6dbffd61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-