Entries

パソコン遠隔操作事件

いわゆるパソコン遠隔操作事件で、威力業務妨害等の罪で起訴されていた被告人が態度を一転させ、自己が犯人であることを認めたようです。この事件をめぐっては全く無関係の人が身柄を拘束され、しかも自白させられていたことが明らかとなって、捜査機関としては、絶対に犯人違いがあってはならない事件でした。

しかし、被告人は犯行を全面否認し、弁護人も徹底抗戦していたように思います。弁護人としては、被告人が自己の犯行ではないと主張する以上、それを前提とした弁護をするのは当然ですが、今の状況からすると、あの弁護は一体何だったのだろうかと思えてならないものがあります。捜査機関の面子がかかった事件でしたから、保釈された被告人は、常に行動を確認されていたような気がします。検察は、被告人が保釈になることをすんなり認めなかったと記憶していますが、保釈された被告人が何かすると感じた者はいなかったのでしょうか。

捜査機関は自分に有利な情報を流しますが、弁護人はそれに応じることなく、淡々と弁護をすべきものと思います。その結果、無罪が確定すれば、捜査機関をボロクソに言えばいいのです。今回の弁護人は木に登ったところ、被告人から梯子を外されたような感じがしますが、きちんと記者会見に応じたのは立派です。

さて、被告人はどれくらいの懲役刑に処せられるでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2668-a1f05c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-