Entries

逃走した被疑者の身柄が確保されたことについて

一昨日、検察庁支部の庁舎内で、弁護人と接見中に逃走した被疑者の身柄が確保されました。身柄拘束された被疑事実の内容が凶悪なものですから、逃走中に更なる凶悪事犯が起きたとの報道がないことがせめてもの救いです。逃走した被疑者は悪いですが、逃走を許した検察、警察の関係者はもっと悪いと言えます。


①検察庁の庁舎内で、②弁護人との接見中に被疑者が逃亡したということから、問題は2点になると思います。

まず、検察庁の庁舎によっては、弁護人が被疑者と接見することを前提に作った接見室があるとは限らないのです。警察署の留置施設で被疑者と接見する場合、被疑者は留置場(いわゆる檻の中)から接見室に通されますが、外に通じる経路を辿りませんから、被疑者は逃げようがありません。そして、弁護人は、立会人のない状態で、アクリル板越しに被疑者と話をすることになります。以前に、接見が終わった弁護人が、そのことを係りに伝えず帰宅し、接見室に一人残された被疑者が自殺する不祥事が発生しました。その後、弁護人は、接見が終われば、係りにその旨告げることが求められるようになり、また、接見室の扉を開閉したら、係りに知らせる装置が設置されました。話を戻すと、検察庁の庁舎内には、取調べのために留置施設から押送された被疑者が待機する詰所はありますが、前記のようなアクリル板越しに弁護人と接見する接見室がないところがあり、この場合は取調べを行う部屋等で代用する以外にありません。そのため、押送にあたった係りが、被疑者と弁護人との接見に立ち会うことになるのです。弁護人としても、普通の部屋で、被疑者と二人きりで話をするのは恐いものがあります。以上の通り、検察庁の庁舎内での接見については、施設によって被疑者が逃亡する危険が潜んでいることになります。

ただ、弁護人の立場からすると、検察庁の庁舎内で被疑者と接見できたら、非常に助かるのですね。被疑者が遠方の警察署の留置施設に勾留されていると仮定します。その場合、弁護人は、わざわざ遠方の警察署に出向くよりは、取調べのために押送されてきている、近くの検察庁の庁舎内で接見する方が楽です。また、被疑者から接見の要請があった場合、近日中に検察庁に押送される予定があったり、現に検察庁に押送されてきているとなれば、少しの時間をやり繰りして接見に行くことができます。岡山の場合を例にすると、岡山市内に事務所のある弁護人である弁護士は、被疑者が新見警察署の留置施設に勾留されている事案の場合、岡山地検の庁舎内で接見できると助かります。さらに、弁護人として、早く被疑者と接見し、事実関係を確認したり、与えられた権利の内容を説明しなければいけません。

裁判所、検察庁との協議会があれば、庁舎内での被疑者(、被告人)と弁護人の接見について話題となります。いずれにしても被疑者の逃亡を許した捜査機関が悪いのですが、振り子が反対に振れ過ぎないか注意が必要です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2521-2d9b7c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-