Entries

刑事系の問題(1)

甲は、市内の繁華街に組事務所を置く暴力団の幹部である。これに対し、Aは、不良グループのリーダーである。甲は、が同市内の繁華街で配下の組員とトラブルを起こしたり、自らが不良グループを使って覚せい剤を密売していることを耳にし、のことを快く思っていなかった。

そこで、甲は、自分や所属する暴力団の面子を守るため、配下の組員で、忠実な乙に対し、「少々手荒なことをしてもいいからAを痛めつけて、覚せい剤を奪ってこい。ただ、殺したら面倒なことになるぞ。」と指示した。それ以降、乙は、Aを尾行してその行動を確認したところ、Aは車で移動することが判明しただけでなく、Aが持ち歩いているポーチ内に覚せい剤が入っているのではないかと疑うようになった。なお、乙は、正式な組員ではないものの、組事務所に出入りし、気心が知れていた丙に詳しい事情を知らせないまま、ずっと自動車の運転手をさせて、Aを尾行していた。ところが、丙は、Aと中学校の同級生で一緒に遊んだこともあったので、Aが不良グループのリーダーで、覚せい剤を密売していることを知っていた。

数日後、乙は、丙と一緒に、Aの行動を尾行していたところ、Aが自動車から降りたのに、覚せい剤が入っているはずのポーチを持っていなかった。そのため、乙は、Aの自動車内から同ポーチを盗もうと考え、丙に対し、「行ってくる。」と言っただけで、車内に丙を残して見張りをさせ、Aの自動車に近づいてドアの取っ手に手をかけたところ、戻ってきたAに発見された。乙は、必死で逃げたが200メートル離れたところで、Aから「このチンピラ、逃げるのか。」、「根性なし。」などと言われ、捕まりそうになったことから、護身用として持っていたナイフを使い、無我夢中でAの腹部を数回突き刺した。

乙は、一部始終を見ていた丙が運転する自動車で逃走し、組事務所にいた甲に電話をして事情を伝えたが、甲は「仕方ないな。」と言うだけで、乙を責めることはなかった。乙は、丙に対し、謝礼として覚せい剤0・1グラム(1万円相当とする。)を渡した。

Aは搬送先の病院で内臓損傷による失血が原因で死亡した。なお、捜査の結果、乙が護身用として持っていたナイフは刃体が10センチメートルであること、Aの刺創には深さが10センチメートルから12センチメートルのものが複数あることが確認された。



以上の事実を前提にして、甲、乙及び丙の各罪責を検討せよ。ただし、特別法違反については検討する必要はないものとする。
関連記事

コメント

[C1940] ん?

ご無沙汰しています。

出題の長文を読みましたが,第1段落の乙はAの間違いではないでしょうか。

いざ論文を書くとなると,難しいですね。

甲の罪責
  乙との窃盗未遂の共謀共同正犯
  乙との傷害罪の共謀共同正犯

乙の罪責
  甲,丙との窃盗未遂の共謀共同正犯
  甲との殺人罪の共謀共同正犯
  (甲との共謀は傷害の限度)

丙の罪責
  乙との窃盗未遂の共謀共同正犯
  犯人隠避罪

ということになるのでしょうか。

実務では悩みますが,ドアに手に掛けるだけで,実行の着手があったというのが判例でしたかね。
  • 2013-12-11 22:08
  • onihei
  • URL
  • 編集

[C1941] 間違っていました。

コメントを頂戴し、感謝しています。問題文を読んで下さったはずの皆さんから反応がないので、非常に辛いものがありました。

第1段落は、登場人物の表記が間違っていました。情けない間違いですね。このような間違いをした場合、他のところも間違っていないか確認する必要があります。

そして、判例によると、窃盗の実行の着手があったと思います。本問では、ここが最大のポイントです。問題作成者の立場から、別に記事を投稿する予定です。
  • 2013-12-12 08:55
  • オグちゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2461-a4868d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-