Entries

コントロールド・デリバリーについて(続)

私もコントロールド・デリバリーの捜査手法(中身はそのまま)を用いた事件を担当したことがあります。

規制薬物が入った荷物を受け取った被疑者が何をするか、もう少し待ってから身柄を拘束してもよかったのではないかと思いましたが、規制薬物がどこかに行ってしまったら、警察や税関の責任問題に発展するので無理でしょうね(事件を闇に葬ってしまえば別です。)。そして、やっぱり「荷物の中に規制薬物が入っているとは知らなかった。」との否認でした。

ところが、ある日突然、事態が急変し、警察からその旨連絡を受けたので、予定を変更して被疑者を取り調べるため警察署に行くことにしました。再び否認に転じたら厄介ですし、検察官面前調書(検察官が、被疑者や参考人から事情を聴いて、その内容を録取した書面です。)を作成しなかったために潰れた事件も多かったのです。ただ、刑事さんから「検事さんの調べに立ち会わせて下さい。これまでに築いた被疑者との信頼関係が壊れるといけないので。」と言われ、私は、…。


この事件は、捜査本部(帳場ですね。)が設置されていたように思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2436-fede68b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-