Entries

長男の気持ち

長男が保育園に通っていた頃、私は約1ヶ月入院したことがあります。長男は、保育園の先生に、泣きながら「パパがいない。」と言ったそうです。先生から、事情を聴かれた嫁さんは痔の手術に失敗して入院が長引いていることを説明しました。


今回の場合、私は、いきなりICUに入りましたが、面会できるのは親族であっても中学生以上に制限されていましたから、長男は私と面会することができず、一般病棟に移ってからも、一度面会に来ると、義母が気遣って長男を実家に預かってくれました。そのため、長男は、空手の練習に行っていません。一日中テレビゲームをしたり、義兄からプールに連れて行ってもらったり、鰻丼をお代わりし、我が家とは違う気分を楽しんでいたのです。これに対し、長女は、ICUにいる私を見ていますし、次女も一般病棟での私を見て、これまでの私と違うことを感じとったに違いありません。

空手の先生によると、最近の長男は元気がないとのことでしたが、長男も普通の神経の持ち主であったということです。私は、嫁さんに、「今の私の姿を子どもに見せるのは、教育上悪くないのか。」と聞いたのですが、嫁さんは、きっぱり「この現実を見せなければならない。それが子どものためになる。」と言いました。


元気であった私は、時間や約束を守らなかったら、特に厳しく子どもを叱ってきました。社会で生きていく最低限のルールを教えていないと、御先祖様に会わせる顔がありません。長男は、今日から、本格的に夏休みの宿題に取りかかります。また、来週月曜日から、空手の練習が終わるとそのまま長女と次女が、義母の家に行くことになっており、嫁さんが車で送って行くのです。長女は、私を気遣って、次女とJRで行くと言いましたが、帰省のラッシュ時、しかも、夜の電車ですから、何があるか分かりません。嫁さんも先方で一泊する予定です。

私は、適当に食パンでもかじって、薬を服用しておきます。長男と2人だけで過ごすことはないので、よく話し合ってみようと思います。


そろそろ今朝の散歩の時間となりました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2274-32c6337d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-