Entries

昇段一次審査の様子について(2)

型の審査項目が意外に早く終わったようでした。終了予定時刻は午後5時30分となっていましたが、嫁さんに早く終わりそうだと連絡しました。

2013_0624サンダーバード0018
2013_0624サンダーバード0022
しかし、体をほぐす運動をした後、(正式な名称は知りませんが)突きや蹴りの練習が始まりました。さらにミットを持ってきての練習もありましたが、ミットを持ってくる動作が遅いと注意される人がいました。声を出すこと、動作が俊敏であることは、相手にやる気があることを伝える基本であると思います。そして、こんなに大きな防具をしていても、まともに突きや蹴りが入ったら痛いだろうなと思います。1人白帯の男性がいて、かなりの攻撃力があると思いましたが、再入会の人でした。よく声も出ていました。

2013_0624サンダーバード0027
そして、組み手でした。小学生、中学生、高校生やそれ以上、女子によって、どんな防具を付けるか区別されていましたが、目の前でまともに突きを胸元にぶち込んだり、側頭部目がけて蹴りを入れたりする光景を見て、恐くなりました。試合が終わったら、突きが入った胸の部分は真っ赤でした。


最後は、先生から黒帯を目指す心構えが説かれました。いつものことのようですが、昇段審査に向けてきちんと準備をしてきたかどうか確認されました。余程図々しい人間でなければ、あの場で挙手をすることはないと思いますが、心の中では挙手をしなければいけません。どんな試験であっても、出題の分野は決まっていますし、事前に告知されますから、きちんと課題をこなしておく必要があります。何を、どこまでやればいいかの見極めが大事です。そして、実際に受審したら、仮に不合格となったとしても、何か得るものがないといけません。次回も同じような練習、気持ちで受審したら、必ず結果は同じです。また、組み手も同じ相手に同じように負けることになります。

私は、先生の話を聞きながら、司法試験も全く同じと思いました。元々一定のレベルに達していない人には無理でしょう。しかし、合格したいという強い願望を持ち、コツコツ勉強していたら、神様は必ず御褒美を下さいます。時々「友達が合格した。友達と一緒に勉強していた。だから、自分も来年は合格する。」と誤解している人がいますが、このタイプは三振するのが目に見えています。

2013_0624サンダーバード0032
審査の結果発表は7月1日です。どうなりますでしょうか。

それよりも良い話を聞くことができましたので、26日にある法科大学院の授業参観で、学生にちょっと気合いを入れてやらないといけません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2194-69936fa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-