Entries

法曹協議会(1)

岡山では、年に2回、法曹協議会を開催しています。裁判所、検察庁、弁護士会のほか、法務局、刑務所の関係者も参加し、時に議論が白熱することがあります。その主たる原因は、弁護士が無茶を言うのと、他の機関はお役所ですから、本音を言わないというところにあると思います。

先日の法曹協議会では、刑務所が槍玉に挙げられました。弁護士の言い分は、土曜、日曜の閉庁日、平日の夜間に被疑者や被告人と接見できないのはおかしい、弁護人には接見を認めないで、警察官や検察官には取調べをさせている、その根拠を明らかにされたいというものでした。


刑務所(拘置所)サイドも前進し、裁判員裁判の直前や審理期間中、控訴趣意書の提出期限が迫っているといった特別な場合は、事前に連絡しておけば、平日の夜間、土曜日の午前中に接見させてくれるようになりました。一応、日弁連と法務省との間の取り決めを基にしており、地方の一刑務所の判断でどうこうできる問題ではありません。

しかも、刑務所サイドの本音を言えば、警察官や検察官が、土曜、日曜、平日の夜間に取調べに来るのも迷惑に思っているのです。ただ、それを口にしないだけのことです。どうして刑務所サイドの本音が分かるか疑問でしょうが、私が、主任検察官として捜査を担当した経験からということでお茶を濁しておきます。


一番の方策は、平日の夜間は別として、土曜、日曜、祝日は取調べをしない代わりに、勾留の日数にも算入しないと法改正をすることでしょうが、これには日弁連が反対すると思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogmomomanami.blog.fc2.com/tb.php/2183-3f3f2d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-