Entries

究極のさば味噌煮カレー

平成29年が早いもので7月に入りました。単純に前半と後半に分けると、後半に入ったことになります。

同月2日(日)も午前6時には仕事場に出てきて、雑務の処理を済ませました。同期が出てきた午前9時頃には、保釈請求書の手直しも済ませた状態になっていましたから、同期もこれには御満悦でした。もっとも、私がどうして保釈請求書の手直しをしなければならないのか疑問が残ります。同期が外出して一仕事を済ませて事務所に戻り、事務所での仕事も終えて帰宅しました。そのときがやってきました。


201707031024218f7.jpg

私は冷凍庫で保管中のさば味噌煮カレーに触手を伸ばしたのでした。若手のMさんによると、このさば味噌煮カレーは、一言で示せば「完成型」とのことでした。これまではニンニクを摺り下ろして入れていましたが、今回は私のリクエストもあって、ニンニクをスライスして、その形が見えるようにしておいて、油で炒めて香ばしさを出し、このカレーを作ってくれたのです。

問題の味ですが、いつもに比べ、さばのニオイが強く感じられました。しかし、スプーンで掬っていると、ニンニクらしい物体が登場しましたので、それだけを口に入れて堪能しました。この日は、安物のウィスキーを飲みながら、ダウンロードした「続・深夜食堂」を視ましたが、眠気が襲ってきて苦労しました。

続きを読む

里芋の煮っ転がし

20170706093010a81.jpg

平成29年7月5日(水)、若手のMさんが作ってきてくれた里芋の煮っ転がしです。私は、弁当の中身を見た瞬間、仕事場に行く気力が失せてしまい、家でジッとしていました。そろそろ博多の実家に帰ろうと思っています。料理の詳しいレシピやこだわった点などは、Mさんがコメントの形で投稿してくれると信じています。

同月6日、仕事場に出てきて、写真を撮りました。この容器には里芋12個がピッタリと思うのですが、最初から9個でした。写真の見栄えをよくするため、容器の中に均等に並べようかとも思いましたが、諦めました。そして、私は欠席するものの、今夜は仕事場で宴が開催される予定で、野菜を砕いた料理(?)が登場することになっていますから、お口直しにこの里芋の煮っ転がしがピッタリではないでしょうか。

続きを読む

お弁当です(5日分)。

20170706093005f06.jpg

平成29年7月3日(月)のお弁当です。おかずの内容が次第に寂しくなって、千切りにされたキャベツも大丈夫かなと思い始めました。

午後6時前、無事に保釈許可決定が出ました。保釈請求書を提出しに行った際、受付で確認された内容の概要は次のようなものであったと思われます。①勾留は何本ですか、②保釈が許可された場合、保釈保証金は現金で納付しますか、③保釈保証金はいくらまで納付できますか、④本日中に保釈保証金の納付が可能ですか。

①勾留の本数に応じた保釈請求書を用意する必要があります。起訴されている罪名と(被告人)勾留されている罪名を区別しないといけません。②保釈保証金を現金ではなく、保証書で代える方法は推奨できません。③保釈請求書には一応の希望額を記載し、場合によっては増額されることも覚悟する必要があります。裁判所(裁判官)が、保釈保証金の額を弁護人の希望するそれよりも高額にして保釈を許可し、検察官からの不服申立を封じてくれることもあるでしょう。④保釈が許可された場合、即日、保釈保証金を納付する準備ができているとなれば、裁判所の会計課の職員は待機しておく必要があります。仮に、保釈が許可され、保釈保証金を用意していたのに、裁判所側の事情でこれが納付できないとなれば、不当勾留になるはずです。

いずれにしても、これはいける(保釈は許可される)と確信させるものがありました。


201707060930074c8.jpg

同月4日のお弁当です。というより、菓子パンかよと思いました。一度に菓子パン2個は多いので、タマゴサンドは夕食に回しました。



20170706093009ec0.jpg

同月5日のお弁当です。炒飯だけでした。がっかりしました。


20170707124922fd6.jpg

同月6日のお弁当です。小分けされたキューピーの辛子マヨネーズが付いていました。五目いなりが一個でもかなりの大きさがありました。

夕方から、民事裁判の基礎に関する裁判官の講演を聴きに行きました。書記官を大切にしてほしいと言われたことが一番印象に残っています。法曹に望まれることは、①きちんとした書面が書けること、②口頭での説得能力があること、③(紛争解決に向けての)想像力、決断力があること、④(紛争解決までの)忍耐力があることで、⑤(自信をもつために早く)成功体験をすることが必要らしいです。

続きを読む

餃子の王将列伝(平成29年・2)

平成29年7月7日(金)の夕方から、犯罪被害者支援に関する研修を受けました。講師のY先生とは旧知の間柄で、その流れるような話しぶりにはいつも感心させられるのですが、足を怪我されて痛々しい状態でした。事前にY先生に対して、私が勘違いしていたことについて、研修の中で触れて頂くようリクエストしていました。弁護士に成り立ての若手の場合には、告訴状の起案を任されても何もできないと思いますが、いずれは私が勘違いしていたことも理解できるようになるはずです。

午後8時過ぎに研修が終わり、私の隣に座っていた若手のOさんに「行く?」と聞いたら、「先生は?」と聞き返されましたので、「行こう。」と答えたのでした。前日の研修でもOさんとは会いましたが、私を避けているような気配がありましたので、声をかけませんでした。なお、中堅のMさんは、奥さん孝行する日(七夕ですからね。)で、私の相手をしてもらうことができませんでした。


駅前の「餃子の王将」まで早足で歩き、長居しなくて済むようカウンター席に陣取りました。注文したのは餃子2人前(1人前は無料になる券を使用)、味付け玉子、瓶ビール、それから今月のフェア対象商品である夏野菜の黒酢すぶた(以下「すぶた」と略します。)でした。

20170709102253f2a.jpg

20170709102252ee4.jpg

すぶたは、いつでも注文できるオリジナルの酢豚とは全てが異なっていました。餡はもちろんのこと、豚肉の揚げ方から使われている野菜まで異なっており、贅沢(ゴージャス)なのでしょうが、どちらかといえば、オリジナルの酢豚を黒酢で作ってもらうのが好きです。酢豚には玉ねぎが入っていないといけません。私は玉ねぎに餡をたっぷり載っけて食べるのが好きなのです。

続きを読む

筑前煮

20170709102312875.jpg

「酒の肴」シリーズも佳境に入った感があります。

平成29年7月9日(日)、私が堪能したのは若手のMさんが作ってくれた筑前煮でした。私の地元博多では、「がめ煮」と呼んでいます。がめつい人が食べる煮物という意味でしょうか。正月のおせち料理にはがめ煮が付きもので、これに飽きてきた頃には決まって茶碗蒸しが登場し、中にはがめ煮が入っていました。

続きを読む

訃報

平成29年7月9日、私が尊敬する一人の弁護士が亡くなりました。私と同い年であるのに、司法修習の期がかなり上ですから、若くして司法試験に合格されたことになります。私に入った情報では心筋梗塞で、私が世話になっている病院に搬送されたにもかかわらず、帰らぬ人になってしまったとのことでした。

お子さんを保育園に迎えに来られた際、顔を合わせたことがあります。一番印象に残っていることは、筋が悪くて、やり手がいない刑事事件の国選弁護人を率先して引き受けられていたことです。図々しく、先生に質問してみたら、「そういう事件でも誰かがやらなければいけないし、そういう事件だからこそ勉強になるんだよ。」との答えが返ってきました。今と異なり、弁護士の数が少なく、割に合わない国選弁護事件の引き受け手がない上に、資料に添付された起訴状を一瞥するだけでややこしい事件と思わせるものがあって、長期間事件が放置されていた頃の話です。その後、刑弁センターニュースに投稿された記事を見ると、どうして人がやりたがらない刑事事件の弁護を引き受けるのかについて書かれていました。

たしか先月中旬に開催された裁判員制度の研究会で御一緒し、番町交差点のところまで一緒に帰ってきたと記憶しています。また、先生とは、裁判員裁判対象事件で起訴された2名の共同被告人について、それぞれが別個の被告人の弁護を担当し、私は先生が弁護を担当されていた被告人に実刑判決を食らわせることだけを目標に全精力を傾けましたから、先生が困った顔をされていたのも憶えています。


若手と言われる弁護士も必ず歳をとり、体が不調を来すようになります。健康には注意しないといけません。刑事弁護の第一人者がいなくなりましたね。かく言う私は、急性心筋梗塞に襲われて間もなく4年を迎えます。

私は生きています。

昨日、つまり、平成29年7月12日の午後11時過ぎに眠ってしまいましたが、翌13日に目覚めたとき、左胸に激痛が走るのではないかという不安がありました。幸いなことに、これまでは何事もなく、生きています。心筋梗塞を発症した平成25年7月13日から丸4年が経過しました。

今朝、仕事場に向かって歩いていたら、近所のおじいさんに会いました。久しぶりでしたが、開口一番「すこし太ったかな。顔色もいいし、元気そうや。」と言って頂きました。そのおじいさんは、私がかかりつけの内科の先生から心筋梗塞と診断された後、駆けつけたドクターカーに運び込まれる途中のストレッチャーに横たわっているところを御覧になって、心配して下さっていました。今朝、再びお会いするのも何かの因縁かもしれません。

お弁当です(4日分+出来事)

平成29年7月8日(土)、久しぶりにテレビ中継を視聴しました。簡単に「骨付鳥」もどきの料理を作る動画サイトに関する番組を楽しんだ後、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を見始めたものの、レギュラー陣が替わって面白みが無くなっていました。そこで、再び別の料理番組にして、午後9時頃まではしっかり起きていました。

同月9日は昼前から仕事場に出ましたら、同期がいました。昼ご飯をどうするか迷い、若手のMさんが作ってくれた①筑前煮を摘み、同期の許可をもらって②備前焼の徳利に残っていた日本酒を呑みました。③素麺を茹でましたが、最初にバラバラにしていなかったことが原因なのか、束になって外れず、まるでチョンマゲのようになってしまいました。かなり茹でたにもかかわらず、素麺に芯が残っていました。午後6時頃、同期が帰りましたので、また筑前煮を摘み、紙パックに入っている日本酒を1杯だけ呑みました。

写真は【追記】の方に入れておきます。


201707112126555ae.jpg

同月10日のお弁当はサンドイッチでした。これが細かくカットされていて、何度も口に運ぶのが面倒でした。

市立図書館から借りた本の返却期限が12日に迫っていたので、閉館日の市立図書館にこれを返しに行きました。暑い中を歩いたので、かなり疲れました。委員会に出席したら、突然、代議士をしている同期が現れ、私の隣に座ったのでびっくりしました。


2017071121265785a.jpg

2017071121265751a.jpg

同月11日のお弁当です。瓶入りのゼリーが登場しましたが、食べる前にどこかに消えました。見た目が今一つの鶏肉ハンバーグがメインで、嫁さんが焼いたと思われる目玉焼きも入っていました。

この日、内科のかかりつけの先生に診て頂きました。実は、左足の親指の付け根付近が痛く、痛風の前兆と思われましたので、先生にその旨相談したところ、「最近、酒は飲まれたの。激しい運動はしたの。」と質問されました。問題はここからで、すんなり日曜日に日本酒を少し呑んだことは説明できたのですが、その際、何を摘んだのかがなかなか思い出せず、しかも、前日、歩いて市立図書館を往復したことが言えませんでした。ちょっと気になるところです。血圧は132、70、脈拍74、酸素飽和度98でした。痛風の発作がひどくなったら、また診て頂くことにして、いつもの薬を処方して頂きました。

帰宅して、左足の甲に湿布をして包帯を巻き、ロフトでのんびりしていたら、次女がやってきて、私が寝たふりをしていると思ったのか、私の左足を小突いてくれたのですが、息が止まるほどの痛みでした。慌ててロキソニンを1錠服用しました。


20170713135904a4c.jpg

同月12日のお弁当です。私が痛風になりかけていたためか、お弁当が質素なもので、御飯の中に昆布の佃煮をまぶし、御飯の上に甘めの炒り卵を載せただけでした。そして、韃靼そば茶を飲みました。

夕方から、刑事実務研究会に出席して、責任能力がないとの理由で無罪となった裁判員裁判の事案を説明してもらい、無罪になるときの典型例であると思いました。当初は最後にコメントを言わせてもらう予定でしたが、研究会が長引きそうでしたから、先に挙手した中堅を押しのけ、コメントを言わせてもらうと同時に、先日亡くなった弁護士の思い出も語らせてもらいました。やることはやった満足感から、中堅のMさん、若手のUさんと消えたのでした。


20170713135532871.jpg

同月13日のお弁当です。茄子の煮浸しと高野豆腐がおかずでした。刑弁センターニュースの縮小版を作成し、心知れたる方に郵送するなどして配付しました。4年前とは打って変わって、平穏な一日でした。

しかし、この日、2人の死刑囚に対して、刑が執行されました。あの事件だなあと思いました。

続きを読む

餃子の王将列伝(平成29年・3)

平成29年7月12日の夜、痛風の発作が出るか出ないかと心配しながらも、刑事実務研究会が終わった後、中堅のMさん、若手のUさんと一緒に「餃子の王将」で食事をしました。刑事実務研究会は午後7時までの予定で、Uさんには「餃子の王将」に午後7時30分で予約を入れてもらっていましたが、同研究会が延びてしまい、焦った私は、別の中堅を押しのけて発言したのでした。裏の事情は、「餃子の王将」に行く予定が入っていた、ただ、それだけのことだったのです。

2017071310491972e.jpg

まずは亡くなられた先生のご冥福を祈ってから、餃子4人前、(普通の)酢豚を食しました。やっぱりフェア対象商品である「夏野菜の黒酢すぶた」よりも、(普通の)酢豚がオススメです。店員さん(外国出身の方)にレンゲを持ってきてもらい、餡も大切に食しました。料理の写真を撮影する際、食材がフレーム内に収まるよう注意しているにもかかわらず(その間、連れの皆さんはお預けの状態で、申し訳なく思っています。)、今回は肝心な玉ねぎが切れていました。

20170713104921130.jpg

先週、若手のOさんと店に訪れた際、気が付かなかったとろ~りネギ大葉の春巻き(蒸し牡蠣入り)を発見しましたので、躊躇うことなく、これを注文しました。これはオススメの一品です。もっとも蒸し牡蠣を発見できませんでした。

20170713104922878.jpg

食欲旺盛なUさんが、鳥の唐揚げ、炒飯を注文し、私はかに玉(甘酢餡)を注文しました。先程の店員さんには、「甘酢」の意味が通じませんでしたが、注文伝票に「あまず」と書いていたので、大丈夫だろうと思いました。そういえば、この店員さんから「今日はノミホーではないねえ。」と言われました。当然「ノミホー」とは飲み放題の意味ですが、Mさんはアルコールが駄目で、ノンアルコールビールを飲んで付き合ってくれる人ですし、Uさんにしても、そんなに酒が飲めないので、飲み放題にすると元が取れないと思い、瓶ビールを注文していました。

20170713104924cc7.jpg

Uさんが食べている炒飯にかに玉を載っけてあげて、天津炒飯にしてあげました。話をして盛り上がっていたら、「ラストオーダーです。」と言われ、時間を確認すると、午後10時になっていました。「餃子の王将」はブラック企業と酷評されないよう、営業時間を短縮していたのでした。そして、会計は計算が苦手な例のおばちゃんが担当しましたが、今回はスムーズにスタンプを押す作業まで終わりました。

帰宅したら、モバイルWiーfiを貸していた次女は、心置きなくLINEをやったのか、コテッと寝ていました。

続きを読む

お弁当です(2日分+三連休)

20170716143550831.jpg

平成29年7月14日(金)のお弁当です。コロッケサンド、ポテトサラダサンドが1個ずつ入れられた容器が2個あり、1個の容器にはミニトマト1個が入っていました。この違いには何か意味があるのだろうと思いつつ、その意味を深く考えることなく、左側の容器に入った2個のパンを食しました。


2017071614355244a.jpg

同日の午後、県北に行き、「中島ブロイラー」に立ち寄って、自宅用に焼鳥を15本買って帰りました。この日は少し時間が経ってから食べるための冷めた焼鳥、すぐに食べるためのホカホカの焼鳥だけでなく、真空パックに入った冷凍された焼鳥もありました。そして、1人5本あれば十分で、場合によっては私もおこぼれに与れると期待しましたが、見事に食い尽くされ、焼鳥の串が15本残っていました。なお、県北から事務所に戻ったところ、ヤンキー1名が待ち構えていたので、私は不機嫌になったのでした。

20170716143555b31.jpg

20170716143552a85.jpg

とある建物内に設置されていた自動販売機です。品物の値段が普通より安く設定されていました。しかも、進化した自動販売機で、小銭の投入口、品物を選択するボタンの位置等が工夫されており、電子マネーが利用できることから、90円の水を買ってみると、85円しか引き去られませんでした。そして、自動で品物の取り出し口のカバーが開きました。


20170718203311a38.jpg

同月18日のお弁当です。これといった芸のないおかずでした。わっぱ弁当箱にペシペシ御飯を詰めてきました。同日の午前、若手のUさんが来てくれて、面白い話を聞かせてもらいました。「初見殺し」のU、「訴訟能力を争うぞ。」のUという異名も満更ではないようです。

20170718203311a70.jpg

同日の午後、約1年ぶりにIさんが来て下さり、ワッフルを頂戴しました。私が一番に選ばせてもらい、無難なカスタードクリームを食しました。もう1個選んでよければ、イチゴクリームにしていました。弁護修習で仲良くしてくれたN君が四国のお遍路を始めたことを知りました。N君が88か所すべてを回り、高野山に行くときは付き合おうと思っています。夕方、散髪に行き、一番短い丸刈りにしてもらい、さっぱりしました。おかげで、愛用の帽子を被ってもカポカポの状態です。

続きを読む

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-