Entries



平成26年9月30日、お腹の調子が少し良くなって(下品な話ですが、大腸の検査ができるくらい、すべて出し切った感じになる腹痛でした。)、定刻の午後6時前に待ち合わせの場所に向かってトロトロ歩いていると、ひで坊主さんとSさんが私を待って下さっていました。

このお二人は全くの異業種で働いておられますが、ひょんなことからお近づきになりました。大先輩の弁護士さんから、突然電話があり「君は告訴するのが好きか。」と質問されて、簡単に「好きです。」と答えたのでした。後で、その仕事場の位置を確認すると、かなり遠方で難儀しました。しかも、いざ仕事が始まるときになって、左眼が角膜ヘルペスに罹患しました。出遅れた分を取り戻そうとして、皆さんが宿泊していたホテルに私も宿泊し、午前7時30分頃、フロントに行ったら、午前6時30分にはホテルを出発されたとのことでした。電車や路線バスが走っていない場所でしたから、仕方なくタクシーに乗ると、本来の目的地とは違う場所でタクシーを降りてしまい、今度はタクシーを拾えず、車で迎えに来てもらったのでした。何とも情けないデビューとなりました。

仕事場でご飯を炊き、鹿肉の入ったカレーを食べたことがあります。また、当時は、お尻の調子も普通でしたから、Vmaxに乗ってツーリング気分で仕事場に通っていました。法律家は、付き合いの範囲が狭くなる傾向がありますが、仕事と関係なく、他の業種の方ともお付き合いすることが重要です。

ひで坊主さんは、サッカーの審判の資格をお持ちです。サッカーの点が入るシーンだけ見たら満足する私に、スタジアムに足を運んでサッカーの試合を観戦する醍醐味を語ってくれました。また、私の以前の職場に娘さんを連れてきて下さったことがありますが、棚に所狭しと並んだフィギュア(食玩)に驚いていたそうです。これに対し、Sさんの日焼けぶりが妙に気になっていたところ、息子さんが参加している少年野球の手伝いをされているとのこと、まだまだ若いなあと思いました。息子さんが高校に進学し、甲子園の野球大会に出場する際は、私もSさんのお供をさせて頂く約束をしました。

お二人は、昨年9月頃の私のことを思い出されて、再び一緒に食事ができるとは思わなかったと言われてました。そういえば、現在のように痩せてはいませんでしたが、体重を減らさないと再び血管が狭窄すると思い、少々無理をして朝と晩に歩き、その反動で角膜ヘルペスになって、精神的にかなり落ち込んでいた時期がありました。家族はもちろんですが、周囲の方に支えて頂いたと思っています。

いつものことですが、楽しい時間はアッという間に過ぎてしまいました。

続きを読む

下準備

fc2blog_20141003094218231.jpg

ひで坊主さんとSさんから頂いた栗を数日前から水に浸けています。何ができるのか楽しみです。


fc2blog_20141004130126fe4.jpg

10月4日、長男は部活に行き、私は長女、次女と家電量販店に行き、新型のiPhoneを見てきました。妙に馴れ馴れしい店員が鬱陶しいですね。今度は話が聞こえない振りをしようと思います。

その後、餃子の王将に行きました。長女は秋ナスと豚の味噌炒め、次女は天津炒飯を食べて満足したようでした。私は、天津炒飯セットのミニラーメンともう一品を酒のつまみにしました。シュウマイ1個が残り、長女とどちらが食べるかを「男気じゃんけん」で決めようとしたら、ルールが分かっていませんでした。私がじゃんけんで勝ったのに、長女がシュウマイをパクッと食べたので驚きました。そういえば、男気じゃんけんから清原さんの姿が消えましたが、柔道の篠原さんがいい味を出していました。

レジの店員が計算ができない人でした。スタンプをおまけして押しておくと言いながら、実際にはスタンプが1つ少なかったです。秋のメニューにチキン南蛮を発見したので、次回に食したいと思います。


週末は黒川博行さんの著書「国境」を読んでいます。

続きを読む

次女が歯を抜きました。

10月6日、トボトボ歩いて帰っていたら、背後から自転車で私を追い抜いた女性が「失礼します。」と言ってくれました。知り合いの書記官でした。どうして歩いているのが私と分かったのか不思議です。

家には誰もいませんでした。私が昼に弁当を食べていたら、台風のために午前中で学校が終わった次女が帰ってきて、昨夜、ベッドでグラグラした歯をいじっていたら、歯が抜けたと言いました。しかも、午後に歯医者さんを予約しており、別の歯を抜いてもらうとのことで、歯医者さんが苦手な私は自分のことのように思えて、気持ちが萎えました。

仕事場に出て、意見書1通を起案しましたが、今一つの出来でした。文章1つをとっても締まりがなく、読んでいて「なるほど。」と感動するものがないのです。これはダメです。

ところで、相続財産管理人をしていて思ったことがあります。破産管財人と違って、公告期間の関係で手続がゆっくり進んでいきます。相続財産管理人がいくらせっかちな性格でも、こればかりは仕方ありません。しかも、裁判所にある申立てがなされた場合、相続財産管理人に意見書の提出を求める定めになっているにもかかわらず、申立書の内容を知りたければ、相続財産管理人からその閲覧謄写申請をしなければならないそうです。気が利かないなあと思い、少なからずやる気が失せました。

続きを読む

今日は血を採られました。

10月13日(日)までの薬しかないため、午後にかかりつけの内科の先生のところにお邪魔し、診て頂きました。

不整脈がないか確認されましたが、私は不整脈がどのようなものか分かっていません。また背中の下付近の肌の色が少し変わっている点については、以前のような内出血ではないそうで安心しました。しかし、予想に反して血液検査ということで、血を採られました。これは何かあるかもしれません。ベテランの看護師さんが担当して下さっているので、注射針を突き刺してあちこち血管を探し回ることもなく、一発で終わりました。かなりの血を採られたような気がします。

ところで、待合いにいるとき、凄い光景を目にしました。9月30日で保険証の有効期限が切れ、新しい保険証に切り替わり、診察の際にはその確認がなされるものと思って、私は新しい保険証を用意していました。しかし、新しい保険証の提示を求められ、これが届いていないとしてその場で市役所に電話をして文句を言っている人がいました。相手が怒らないからといって、電話で「お前」呼ばわりするのはいかがなものでしょうか。行政も、大事な書類が届いていない旨のクレームがないように、相手を考えて対応を検討した方がいいです。世の中にはいろんな人間がいるのです。

電話で対応した市の職員は、電話が午後で良かったと思います。午前中にそのような電話を受けていたら、一日中不愉快な気分になったはずです。

夕食です(月食とひで坊主さん)。

10月8日、見事な月食を見ながら帰宅しました。暗がりに人が立っている気配がし、用心しながら近づくと、年老いた女性が一人で月食を楽しんでおられ、つい私もその光景に見惚れて帰ってきました。

201410081931346ca.jpg

夕食は豆腐汁と青椒肉絲でした。青椒肉絲にはひで坊主さんから頂いたししとうとピーマンが入っていました。かなりの出来具合に思わず感動して食し、油断していたら、もう少しで朝食後に服用すべき薬を服用するところでした。

2014100811122787d.jpg

午前中、蛭子能収さんの著書「ひとりぼっちを笑うな」を読んで妙に納得していると、同期から来週の予定を確認するメッセージが届きました。仕事場に出て、昼食を摂る同期、若手の人と話していると、おめでたい話が出たほか、京都祇園の安参の話になり(若手の人が、私が以前に書いたブログの記事を読んでくれたようです。)、思わずほっこりさんのことが頭に浮かびました。また会えたらと思います。

ところで、私は他人の子どもの名前を憶えるのが苦手ですが、今日からは同期の三男君(三人兄弟の末っ子)の名前を忘れることはないでしょう。とても良い話を聞くことができました。そういえば、仕事場に同期の奥さん作の生花が飾ってありました。

20141008193136e8b.jpg

最後に、若手の人から今月下旬にお誘いがありました。親しくして頂いている看護師さんから、「最近、飲まれてますね、王将で。」とチクっと釘を刺された痛みを思い出しました。

仕事場と県立図書館の往復を歩いて運動したこともあり、今日の出来事を振り返ってみると有意義な一日だったと思います。

野球観戦

201410110655196f1.jpg

10月9日、県営球場で行われている中国地区の弁護士(会)対抗の野球を観戦しています。選手宣誓を見逃しました。第一試合が始まった直後から、雨が降り続いています。全体的に走るのが遅いです。しかし、選手本人は一生懸命走っているようです。

岡山勢は還暦を超えた投手が良い球を投げ、守備もしっかりしています。

続きを読む

野球観戦(続)

20141011070438000.jpg

球場を取り巻く木々が色づき始めています。赤のユニホームは広島のチームです。カープを意識したものでしょうが、見るからに強そうです。実際、強かったです。

201410110704447ec.jpg

20141011070443c1b.jpg

投手がヘボな場合は、試合が面白くありません。打者の背後を通ったり、捕手が後ろに逸らす悪送球が続き、話になりませんでした。かといって、投手が少し良いくらいの場合は、相手の鴨にされます。若手の人がセンターを守っていましたが、一気にその頭上を越す打球が飛んでいきました。その若手の人が打席に立つと、相手の選手から「足が速いよっ。」と声が掛かりました。さすが、元陸上部と思いました。

中国地方弁護士大会

10月10日、岡山市内のホテルで中国地方弁護士大会が開催されました。

午前中は、犯罪を繰り返す人をどうやって更生させるかについてのシンポジウムがありました。何か会合があると、いつもシンポジウムがある感じです。私は、起訴便宜主義(刑事訴訟法248条)の下では検察官が犯罪者の更生を考えた処分ができると確信しています。しかも、主任検察官としては、それまでの通例にしたがって起訴するのが楽ですから、あえて不起訴にして犯罪者を社会内で更生させるかは、いかに決裁官の見識が優れているかにかかっていると思います。弁護人がいくら助言をしても主任検察官が聞く耳を持たなければ話になりませんが、決裁官から「不起訴にして、チャンスを与えたらどうだ。引受先がないか当たってみろ。」と言われたら、面倒なことを言うと思いながらも、主任検察官は動きます。また、検察官から言われたとなると、公的機関も動くものです。

2014101106422056c.jpg

シンポジウムの題は「立ち直りを支える社会を目指して」〜反省は一人でできるが更生は一人ではできない〜となっていました。隣に座っていた大先輩が「反省だけなら猿でもできるけどね。」と言われていました。

シンポジウムの途中で大学の同級生と会いました。彼は、私より4年も早く司法試験に合格しました。昨年、弁護士の単位会の会長もされたそうです。シンポジウムが終わって昼食が用意された部屋に移動する際、司法研修所で同じクラスだった女性に会いました。いいおばちゃんになったなと思いました。自慢になって恐縮ですが、その女性からは、司法修習生のときに「小切手については貴方の参考答案で勉強させてもらった。」旨お誉めの言葉を頂いた記憶があります。過去問を参考に小切手のポイントをまとめていたため、答案練習会で答案を書き終わって提出した瞬間、参考答案になったと確信できた数少ない答案です。なお、実務家になっても小切手の現物を見たことがありません。

中国地方弁護士大会(続)

今朝は、長女、長男と一緒にトーストを食べました。次女は起きてくるのが遅かったです。長女が、トーストを焼き過ぎて真っ黒けにしていたので、老い先短い私がこれを食べ、別にもう一枚焼いてもらいました。私はヤマザキのダブルソフトのふんわり感が好きですが、焼き過ぎるとコチコチですね。

また、長男から、百田尚樹さんの著書「海賊とよばれた男」を貸してほしいと言われました。この本は愛知県に住む同期が勧めてくれたのですが、何度も図書館から借りて読み直し、文庫本が出ると同時に買ったもので、長男に触らせたくなかったので「海賊は出てこないぞ。漫画もあるけど、これは字ばっかりやぞ。」と言ったのですが、中学校の自習時間に読むと答え、嫁さんから借りたカバーを付けて嬉しそうに学校に行ってしまいました。なお、この本を勧めてくれた同期に上記の事情を知らせると喜んでくれました。

201410110642211b7.jpg

20141011064222162.jpg

2014101106422415e.jpg

それでは、中国地方弁護士大会の話に戻します。お昼はお弁当が用意されていました。「岡山おもてなし御膳」という幕の内弁当ですが、なかなかの出来でした。買ったらいくらかなと思いつつ、食べました。写真を撮っているのは私だけでした。記念に包みを持って帰りました。


午後からは各単位会が提出した議案を審議し、中国地方弁護士会として関係機関に送り付けるかどうかが議論されました。私は、屁のつっぱりにもならないのにと思い、冷ややかな目で見ています。そもそも大会が岡山以外で開催されるときは出席しません。

資料に記載された順番通りに審議せず、最後に司法試験の予備試験の合格者数を増やせという議案が審議されました。私は今の法科大学院に期待することはありません。司法試験を受験する資格を得るために法科大学院に行く必要はありません。昔、司法試験の二次試験を受けるには一般教養等の一次試験を合格しなければいけない時期がありましたが、それよりは大学に進学して教養課程の単位を取得して一次試験を免除してもらう方が楽でした。しかし、法科大学院の場合は違います。金と時間がかかる上に、司法試験に合格するために無駄なことばかり教える法科大学院は要りません。現在の法科大学院の中には存続を図ることに四苦八苦し、法律家になる基本的素養がない者を受け入れるところがあるため、おかしなことになっていると思っています。

それゆえ、この議案には賛成だったのですが、議案を提出した理由を説明するため演壇の前に立った弁護士がゴロツキのような輩で、態度が悪すぎました。私は議案を提出した単位会がどうしてゴロツキを出したのか理解に苦しみました。発言の一部を撤回するよう求められ、検討すると答えていましたが、態度が悪いという発言には拍手がありましたし、同じ単位会の真っ当な弁護士が詫びていました。この弁護士が議案を提出していたら結果は変わったかもしれません。議場を封鎖して多数決をとりましたが、圧倒的多数で否決されました。可決されて関係機関に送付されても屁のつっぱりにもなりませんが、この議案は通したかったです。

40年勤続の表彰が始まる前に会場を後にしました。また、あばら家さんによると、昨日の野球大会で活躍した還暦を過ぎた岡山の投手が優秀先生に選ばれたそうです。試合を観ているときは完封かなと思っていましたが、ノーヒットノーランだったとのこと、あばら家さんの言葉を借りると、まさにレジェンド」がぴったりです。早速、私は、レジェンドにお友だちになって頂きました。


三連休は、同期が家族を題材にしたエッセイを貸してくれたので、これを読む予定です。連休明けの火曜日は判決言渡しがあります。結果によっては、その後の予定をすべてキャンセルして家に引きこもるかもしれません。先日の血液検査の結果も確認しないといけません。

続きを読む

夕食です(栗ご飯)。

2014101119280605f.jpg

10月11日の夕食は栗ご飯でした。ひで坊主さん、Sさんから頂いた栗がやっと登場しました。お代わりは栗だけを茶碗に盛ってもらいました。いんげんの胡麻和えは好物の一つです。

家では質素な食生活を心掛け、餃子の王将に行ったら、羽目を外して濃い味のものを食べています。トータルしたら、少しずつ気が緩んでいると思いますが、幸い体重に変化はなく、60キロをキープしています。

今日は黒川博行さんの著書「悪果」を200ページ程読みました。暴力団担当の刑事2人が主人公ですが、大阪府警が舞台となっています。そう言えば、私が公判部に所属していたとき、証人テストに来てもらった暴力団担当の刑事さんを見てぶったまげたことがあります。言葉遣いが妙に丁寧であったため、逆に、やってるなと思いました。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-