Entries

7月1日の出来事

平成26年も7月に入り、もう半年が終わったのかと思うと同時に、そろそろ暑くなるぞと覚悟しています。

先日、我が友「あばら家さん」が、iPhoneを機種変更し、ケースも買われたというのに、その画像が投稿されないので、どうしてなのか考えました。答えが分かり、私が本人に代わって投稿することにしました。

2014070121013984b.jpg

ケースが画面を覆う作りのようです。私の腰付近にできた内出血の状況を撮影してもらえばよかったと後悔しています。

同期の訃報が届きました。享年61、親分肌の方でした。

夕方から、犯罪被害者支援に関する研修に顔を出しました。もっとも、私が犯罪被害者の支援を担当したら、二次被害のおそれがありますから、その支援をすることはありません。若手の出席が目立ちました。司法修習生もいました。かつて私は検察官として捜査を担当した事件において、遺族に対し、「検察官は、今ある法律を適用することしかできません。今ある法律の内容がおかしいのであれば変えなければなりません。そのためには人柱が必要です。将来、貴方と同じ立場にある犯罪被害者の遺族が悲しむことがないように、貴方が人柱になって下さい。」と言ったことがあります。若手には、人柱となった方の存在に思いを致してほしいものです。偉そうなことを書きましたね。

犯罪被害者・遺族について

若手から事件処理の補助(あくまでも黒子に徹します。)を頼まれました。心筋梗塞を発症して間もなく1年になりますが、自分の存在意義に疑問を持って生きてきました。その若手が、10年、20年先に後輩からの相談に乗ってあげられるようになってくれたら、私は本望です。

ウォーキング

今日は朝一番で仕事が入っていますので、体を目覚めさせる意味もあってウォーキングをしました。

ベネッセが面している道に出たら、私と反対側の道を番町交差点方向に裁判所の書記官がジョギングをしていました。私は、トロトロ歩いて、番町交差点を経由して新鶴見橋まで歩き、そこで朝陽が昇る写真を撮って、旭川沿いに兵団方向に歩きました。すると、反対方向から先程の書記官がジョギングでやってきました。挨拶をして、少し立ち話をしたところ、6キロ以上の距離を走っているとのことでした。そのうち、あばら家さんに遭遇するかもしれません。

2014070207012050c.jpg

その後、いずれお世話になる病院の近くまで行って、写真を撮りました。病院は午前5時頃から動き始め、患者さんが、どこかの窓から旭川沿いをジョギングするなどしている姿を眺めているものです。入院当時の私がそうで、こんな体になる前に、もう少し体を労って体にいいことをしておけばと思っていました。

20140702070122aba.jpg

家に帰ってシャワーを浴びてスッキリしました。長女が勉強していたので嬉しくなりました。最近は、少し早起きして勉強しているそうです。

お弁当です。

7月2日のお弁当です。特別編となります。

20140702135450706.jpg

私のお弁当です。特に変わったことはなく、御飯の量が多目でした。デザートが3ヶあったので分けようかと思いましたが、私が全部食べました。

20140702135451481.jpg

同期の愛妻弁当です。メインはピーマンの肉詰めで、彼が席を外した隙に食べてしまおうかと思いました。その他は、ひじきの煮物、スライスしたトマト、ポテトサラダとなっていました。写真を撮る許可はもらいましたが、私のブログで取り上げられて、びっくりしているはずです。内緒です。

20140702135448bb2.jpg

司法修習生が注文した日替わり弁当です。チーズがのった揚げ物のカロリーが気になりますが、彼は若いので大丈夫でしょう。いつか愛妻弁当を持参するようになるのでしょうね。

やっぱり。

飲み薬が無くなるところでしたから、かかりつけの内科の先生にところに伺い、再び背中の腫れと前回の診察後に生じた内出血の具合を診て頂いたところ、診療状況に関する書類を渡され、病院に行くよう指示されました。これから、心臓病の病院に行きます。

やっぱりと思っています。

葉隠

7月4日の午後1番で病院に行ってきました。

受付の女性にかかりつけの内科の先生が書いて下さった書類を渡すと、看護師さんが来られて病状を尋ねられましたが、救急ではなく、一般の外来の待合いにいるよう指示されましたので、生命に差し迫った危険はないと分かりました。因みに、昨年の8月のことになりますが、退院して約1週間後に腹の調子がおかしくなって病院に行った際、救急に通されたところ、心臓に負担をかけないよう便を軟らかくする薬を飲み過ぎているのが原因と判明し、嫌な雰囲気になったことがありました。

そして、外来の待合いにいたら、顔見知りの看護師さん(私のことをビビリと承知されている方です。)が出て来られ、「あらー、○○さん、今日はどうされたの。」と言われました。この看護師さんに病状を詳しく説明し、患部も診て頂くとびっくりされており、話の流れから、冠動脈に2本目のステント(薬剤溶出型)を留置した今年の1月から約半年が経過していましたので、ついでに定期検査の冠動脈のCTもやりましょうかとなりました。ただ、今日は主治医の先生が外来の担当をされていなかったため、冠動脈のCTの結果が悪い場合は、改めて主治医の先生から説明してもらえないかと注文したこと(よく考えたら、変な話ですよね。)がいけませんでした。

診察室に案内されると、初めて対面する先生でした。背中の方は厚さ1センチ、縦横が各10センチの血腫で、脇腹の方は皮下出血ということでした。その原因は、先程書いた2本目のステントを留置した結果、そこに血栓が出来にくくするために「追加」され服用している血をサラサラにする薬1錠(それ以前も同じ効能がある薬を1錠服用していました。)が効きすぎているのでないかということでした。結局、診察だけで終わり、定期検査は、後日主治医の先生にやって頂くことになりました。こんな言い方をしては何ですが、自分の性格を熟知している主治医の先生の口から、病状を説明して頂いた方が何となく納得できるような気がしますし、医師の立場からも、どこの馬の骨か分からないビビリのおっさんに病状が深刻であると説明し、大変なことになるのは避けたいというのが人情ではないでしょうか。なお、私を診て下さった先生が、PHSを使って主治医の先生に連絡を取り、「○○さんという方が来られていて、背中が腫れて薬が効きすぎているようなので減らしますよ。」旨確認されたので、少し安心しました。本音は主治医の先生にお会いしたかったです。背中の腫れや皮下出血が消えるには、これから1ヶ月程かかるようです。


病院から戻り、かかりつけの内科の先生のところに伺って、以上の結果を報告したところ、「葉隠を知ってますか。いつ死んでも後悔しないように、今日を大事に生きなさい。」と言われました。私は、この先生が大好きです。明日から服用する薬を1錠減らすことになったため、その影響で2本目のステントの部分が再狭窄するかもしれません

ビビリの私は、再狭窄の恐怖に怯えつつ、今度、心筋梗塞の症状が出ても、絶対病院には行かないと誓っているところです。

焼飯

201407042126590c4.jpg

7月4日の夕食です。何か食べて薬を飲まないといけないと思っていたら、長女が焼飯を作ってくれました。玉子の固まり具合、御飯のパサパサ感が予想外のもので、「餃子の王将」のそれに匹敵すると思いました。おかずは、もずく酢でした。血がサラサラになるような気がします。

帰りにshadowさんの事務所を覗いてきました。彼の写真を撮らせてもらいましたが、ブログに載せるのではないかと警戒されました。

ジェネリック医薬品



おはようございます。7月5日になりました。早朝から私のブログに目を通し、拍手をして下さっている方々に御礼申し上げます。久しぶりに県総合グラウンドまでトロトロ散歩しました。丁度ラジオ体操をやっている時間で、大勢の方が参加されていました。今日は、カンコースタジアムで試合があるようで、朝から席取りのためと思われますが、列ができていました。かなり時期外れの気がしますが、紫陽花を見つけて写真を撮りましたので掲載します。

今日は万歩計のアプリが入っているiPod touch、お薬手帳、ティッシュペーパーだけを持参して散歩しました。何かあっても周囲の人に助けを求め、お薬手帳を見せたら、病院まで行けると思った結果です。ただ、あばら家さんのように野グソせざるを得なくなった場合、ティッシュペーパーがないと靴下を捨てることになりますから‥。

あばら家さんのブログの記事


ところで、朝食後には、昨日病院で処方してもらった薬を服用しました。減らされた薬は、お薬手帳で確認しましたら、「ブラビックス錠」でした。なお、従前通り服用しているのは「バイアスピリン錠」です。そして、昨日、診察して下さった先生の説明によると、一定割合の薬をジェネリック医薬品にするよう指導されていますとのことで、3つの薬がジェネリック医薬品に変更されました。驚いたことに、この変更と「ブラビックス錠」が削られた影響かと思われますが、病院で請求された費用がかなり安くなっていました。

薬の効能が同じであれば、後発品であるジェネリック医薬品でも構いませんし、市役所からもジェネリック医薬品を勧める案内が届いていましたから、考えどきかもしれません。

修学旅行(3)

長女から、新たに修学旅行の写真を送ってもらいました。

20140705124246147.jpg

独立闘争の歴史を伝える碑です。

20140705124245c88.jpg

ペトロナスツインタワーです。もう少し近く撮影した写真が欲しいところです。

20140705124311a7a.jpg

20140705124310fd4.jpg

20140705124307e7e.jpg

20140705124307270.jpg

20140705124306e41.jpg

長女によると、「ニョニャ料理」というそうです。一皿を7、8人で食べたそうです。因みに、一番下は鹿の肉を使った料理です。

「骨が折れた。」

6月28日(土)、空手の練習から帰った次女が左足を痛そうにしていたので、無視するのも悪いと思い、「どうしたん?」と聞くと、高いところに構えてもらっているミットに向かって飛び蹴りをした際、足の状態がおかしくなったとのことでした。家族の誰も心配していませんでしたが、次女は左足を引きづり、私がいるロフトに梯子を使って上がってくる際も演技をしていました。

昨日、つまり、7月5日(土)になると、次女が普通に歩いていましたので、足の状態を確認すると、「折れたところが、カポッと入って治った。今日も骨を折ってくるよ。」とのことで、期待していたら、残念ながら飛び蹴りの練習がなかったそうです。次女が言う「骨が折れた。」の意味は、非常に疲れたと理解すべきかもしれません。

そして、次女が貰った「道場だより武徳」を拝見したところ、メインは長女が優勝した組手の大会の記事でした。ほんの一瞬と思われる蹴りが繰り出されたシーンが見事に撮影された写真が掲載されていました。勝手に、長女に関する記事を抜粋させて頂くと、「今回は得意の右下段と突きを有効に使い自分のペースで試合を進める。競技試合への参加は小学生の時以来4年振りであったが、笑顔を絶やさない爽やかな挨拶と堂々とした試合運びが印象に残った。次回はフルコンタクトの部への出場と活躍を期待したい。」となっていました。先にこの文章を読んでいた長女は、「来年も出場しないといけないのかな。先生が期待されているみたいな文章やったんよ。」と言っていましたが、そのようにしか読めませんね。ただ、私には、その行間に「痩せて以前の面影がない父親が、娘の優勝を喜んでいたのが印象的だった。父親を元気付けるためにも一層活躍してほしい。」とも書かれているように思えてなりません(上手いな!こういうことを言って、被疑者を自白させてました。)。今回の道場だよりは、ジジ、ババに送ってあげようと思っています。

この大会で印象に残ったのは、前にも書いたとおり、見事な蹴りで一本勝ちした試合があったことですが、それ意外にも因縁の試合があったようです。K先生が散髪してさっぱりされた姿で試合に出場されていましたが、香川の選手にリベンジを期しておられたのです。文字通り、死闘の結果、残念ながら返り討ちにあいましたが、次の機会が必ずありますね。K先生は、このままで引っ込む方ではありません。


それから、長女は、次女と違って、本当に骨折したことがあります。右手を握りしめた状態では普通ですが、指を拡げると、小指がムンニュといびつに曲がっています。初めて見ると、ちょっとびっくりするので、指切りをするときは素早く左手の小指を出すよう指示しています。

続きを読む

夕食です。

20140706212849934.jpg

201407062128478b7.jpg

7月6日の夕食です。愛知県に住む同期の友が、わざわざ私の家まで持ってきてくれたお土産のうち、きしめんともつみそ煮込みが登場しました。きしめんには、長女が京都で買ってきた「舞妓はんひいーひいー」という七味唐辛子をかけました。妙に山椒が効いていて、これがポイントのようです。もつみそ煮込みは八丁味噌をベースにした濃い味付けが私好みで、ついビールを呑んでしまいました。

長男が、珍しく空手の一般部の練習に行ったようです。嫁さんが檄を飛ばしたのでしょうか。長女は期末試験に向けての勉強をし、次女はロフトにいる私の横で遊んでいました。私は「村上海賊の娘」(上)を読み終わりました。本屋大賞に選ばれ、図書館の予約件数が尋常はありませんでした。親切なことに名前や用語に繰り返しフリガナが書かれていますが、老眼のためかそのフリガナの字が小さくて難儀しました。

私の体調についてですが、背中の腫れ物は痛みやつっぱり感が減りました。腫れ物のところは熱がありましたが、これも下がったようですし、皮下出血のところは黄色くなってきました。体にとって、ある意味で恐い薬を服用していると思いました。それから、4日(金)午前中は体重が60・7キロになっており、嫌な増え方をしているなと心配でしたが、今日は60キロ台を切っており、安心しました。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-