Entries

朝からドーナツ❗️

2014030109304019b.jpg

20140301093042042.jpg

おはようございます。朝からドーナツを食べました。下のポン・デ・リングの方が美味かったです。ドーナツ2個は多いと思い、下のは次女と半分にしました。

ところで、昨日、ドーナツを買ったときの出来事です。上のドーナツは在庫が3個しかなかったので、3個共買いました。本来であれば、箱に小さな違う種類のドーナツが6個入っているものを買おうと思っていましたが、残念ながら売切れでした。仕方ないと諦め、上のドーナツにしたところ、店員さんがケースからトレイに載せて箱に詰めるまでの過程で、緑色のヘタの部分が外れたのです。私は、その一瞬を見逃さず、店員さんがどうするか注視していたところ、外れたヘタの部分を放置し、何事もなかったかのような対応をされました。先程、正常な上のドーナツを食べ、このヘタの部分がアクセントになっていることが分かりました。5円の価値はありますね(?)。5円値引きしてくれたら、キャンペーンのランチボックスを1200円丁度で入手できたことになっていました。せこい男とお笑い下さい。せこ過ぎます。

そういえば、昔、夢路いとし、喜味こいしさんが司会をされた「グリコがっちり買いまショウ」という番組があったなあと思いました。

日本酒

201403011739362fb.jpg
20140302093507c37.jpg

同期のIさんから頂いた日本酒です。私には、勿体無い気がします。次女が、空手の練習の帰りにセブンイレブンに寄って、私のおつまみ用に「ミルク風味の鈴カステラ」を買ってきてくれました。ドーナツのお礼でしょうか。しかし、今日は食べていません。

20140301191533c8a.jpg
20140301191535bf8.jpg

備前焼の酒呑で3杯弱の熱燗でしたが、1杯目を呑んだ時点で結構な酔いでした。酒のつまみには、頂いたばかりのセロリが登場し、セロリに付けるマヨネーズの量に注意してボリボリ食べました。そして、カレーうどんには、七味をたっぷりかけて食べました。

次女が、手の指にマメを作っていました。空手家になりつつあるようです。

続きを読む

うつ病

昨日、竹脇無我さんが書かれた「凄絶な生還 うつ病になってよかった」と題する本を読みました。

今の自分の状態を考えると、本の内容は頷けるものでした。しかも、字の大きさも良かったです。「おやじのヒゲ」や大岡越前といったドラマを見た際、ブラウン管(古いですかね。)を通した竹脇さんの姿からは歳をとられたなとしか思えませんでした。分からないものです。

先日、私のアメーバ・ブログ(このブログに引越す前のもの)にアクセスし、人気記事ランキングの動向を確認したら、ブログを始めて間なしに「おやじのヒゲ」について書いた記事へのアクセスが意外に多く、どなたが、どういう経緯で読んで下さったのか気になっているところです。

20140302195519d85.jpg

3月2日の夕食のおかずです。その他にセロリがありました。

続きを読む

不本意な仕事

午前中、かかりつけの内科の先生に診て頂きました。血圧が低いものの、特に異常はありませんでした。酒も少しは嗜んでいいとのことでした。むしろ、先生の話では、以前に心不全と言われ、薬が一錠増えたりした時期等がかなり悪かったようです。

午後は不本意な仕事をしてしまいました。予定時間をオーバーした自分がどうしても許せません。また、過去に「反社会的勢力」と呼ばれる組織の構成員、あるいは準構成員でありながら、そうではないと言い張り、法廷の傍聴席にいる連中を見ると、それ以外の何者でもないなと思う事件がありました。そのような場合、証人や被告人に質問する際、嫌味を込めて「傍聴席に知り合いがいますか。」と聞いていました。食うためにお金をもらうことは大事なことですが、落ちるところまで落ちたなあと思います。

看護師さんから、ブログを更新するように注文がありました。せっかくブログを読んで下さっているのに、「読んでよかったなあ。」と思って頂ける内容でないので、本当にごめんなさい。それにしても、たかが1時間の法廷でしたが、今の私には限界です。

続きを読む

外回り

天候が悪くなっているということでしたから、午前中に外回りに出かけ、JR山陽本線にある「中庄」を往復しました。

今日は倉敷マスカットスタジアムで、楽天のオープン戦が開催される予定になっているため、続々と同スタジアムに向かう人がいました。好きな人は、試合開始ではなく、練習時間のかなり前から球場に行ってますよね。


私の用向きは別のところにあり、何枚かの書類に記入することが主な仕事でしたが、私本人でなければいけないと言われ、バスとJRを使いました。氏名のところに漢字20文字(肩書がやたらに長いのです。)、そのフリガナは漢字の倍くらい書く必要がありましたが、1文字書き損じたので、訂正印で済むものと思っていたら、担当者が確認した結果、日付や名前の訂正は一切認められないこと(普通は間違えません。)が判明し、一から書き直しとなったため、妙に緊張しました。心臓によくなかったと思っています。

沿線にあった古本屋に入ったつもりが、「ハード・オフ」という中古生活雑貨の買取・販売をしている店で、お目当ての古本を扱っていませんでした。

論文試験対策について

「研修」誌に目を通していましたら、2月号は内容的に大変意義があるものでした。

覚せい剤の自己使用の事案で、強制採尿に至る経緯における手続の違法が主張された事例、裁判員裁判対象事件である営利目的の覚せい剤携行輸入事案について、覚せい剤を含む違法薬物隠匿の認識がないと主張された事例等が紹介されていましたが、最後の方に「副検事試験合格体験記」と題する文章が載っていました。

この副検事試験には、現行の司法試験と異なり、口述試験もありますが、一番難しいのは論文試験ではないでしょうか。筆者は、論文試験対策について、次のとおり、自らが心掛けた点を列挙していました。引用させて頂きます。


①読み手(採点者)が読みやすい答案を作ること。

②すべての科目について、条文を大事にし、条文解釈の姿勢を示すこと。

③論点について、「問題提起」→「規範定立」→「あてはめ」の流れで論証すること。

④「問題提起」部分では、なぜその論点が問題となるのか理由付けをすること。

⑤「規範定立」部分は、反対説に触れる時間はないので、自説のみ述べること。また、自説は判例・通説に従うこと。

⑥「あてはめ」部分は、問題文中の事実をできるだけ丁寧に拾って具体的に書くこと。

⑦最後に、問題文の「問い」にきちんと正面から答えること。


私は、この内容を見たとき、筆者が論文試験の本質を分かっているので、試験に合格するのは当然であると思うと同時に、筆者は私のブログの読者ではないかとも思いました。もし、司法試験の受験生で、私のブログを読んで下さっている方がいらっしゃるならば、是非参考にして頂きたいものです。



ただ、私は、2月号の「研修」誌の最終ページに載っていた「編集室雑記」を読むと泣けてきて、この部分が一番良かったです。週末に新幹線を使って妻子が待つ家に戻り、週明けには新幹線で上京する、そのような忙しない単身赴任生活の中で、我が子が大きくなっていく喜びを妻と共有する、ええですね~。

かやくめしの店弁慶・宴(1)

20140307213712d09.jpg

2014030721371443a.jpg

201403072137161d0.jpg

今夜は、「かやくめしの店弁慶」さんで宴を開催しました。

詳細は後日に投稿します。お店に向かっていたら、偶然、自転車に乗ったW先生にお会いし、お店に入ったら、今度は奥の席に顔見知りの方がいらして、つい座敷に腰掛けて話し込んでいると、兄と慕っている方、バイク好きな方、Kさんは2階に到着されていました。そして、青春18きっぷを使い、神戸から駆け付けてくれたIさんも到着、定刻の午後6時には宴が始まったのでした。

意識不明の重体、危篤

歌手の安西マリアさんが、病院に搬送されたものの、意識不明の重体で危篤という記事を目にしました。原因は脳梗塞となっていたり、心筋梗塞となっています。

心筋梗塞の経験者としては、主治医の先生の話の受け売りになりますが、医療の進歩により病院に生きて搬送されたら、救命できる可能性が高くなったようです。もちろん、発症から時間が経てば、冠動脈が詰まって血流が止まり、心筋に酸素が供給されない結果、心筋が壊死してダメージが大きくなります。そして、私の心臓は、普通に心筋梗塞になられた方の倍以上のダメージを受けただけでなく、病院に搬送後、一時心停止して危険な状態でした。そのため、私は、ICUのベッドで酸素マスクをしている状態のときに、主治医の先生から、心臓が豆腐のような状態になっており、破裂するかもしれない旨言われましたし、カテーテルを挿入した右足には血栓が飛んで詰まらないように長い靴下を履かされ、かなり締め付けられていました。

このように入院当初は重症であったとしても、退院時まで重症であるとは限らず、普通の生活をするには問題ない旨言われたのに、それを額面通りに受け入れることができないところに私の問題点があると自覚しています。

それはそれとして、安西マリアさんには助かって、もう一度「ぎーら、ぎーら、太陽が」と歌って頂きたいと願わざるをえません。

続きを読む

かやくめしの店弁慶・宴(2)

201403072137179f8.jpg

まずは、ビールで乾杯しました。店の2階にはビールケースが設置されていますので、客がそのケースからビールを取る決まりになっています。注文の度に、女将さんが2階に上がって対応されるのは面倒なのです。

201403072137185c8.jpg

201403080050334d2.jpg

牡蠣の松前焼きが登場しました。ポン酢に浸けて食べると、懐かしい牡蠣の味がしました。次に、鴨肉を焼いたものが登場し、女将さんから、肉が赤いうちに食べるようにアドバイスされ、塩を少し付けて食べました。一緒に焼いたネギを、先程のポン酢で食べると、これが美味かったです。自然とビールを飲むペースが上がってきました。なお、牡蠣と鴨肉は3人で分けました。

201403072137512b2.jpg

さらに、刺身の盛り合わせとポテトサラダが登場しました。少しずつ、いろんな料理を食べたいのですね。我が家の子どもは、弁慶さんのポテトサラダをお代わりするくらい好きです。この辺りでカロリーオーバーかなあと思いましたが、料理はまだまだ続きました。

古本で入手しました(落語ファン倶楽部)。

201403081638495c2.jpg

探していた本を古本でやっと入手しました。

【落語ファン倶楽部】VOL.3で、「そうだ、志ん朝を聴こう!」が特集です。Amazonの古本市場では定価の倍ほどの値段で売りに出されており、その動向を見守っていましたが、売れる気配はなく、私は、別な業者のサイトでこれを発見し、リーズナブルな値段で入手できました。新品は在庫がないようで、古本しか入手できませんが、本の状態は良かったです。

本を読むとき、本を大事に扱う人がいるのだなあと感心しています。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-