Entries

運動負荷検査

今日はリハビリの一環として、運動負荷検査があります。酸素マスクを付けて自転車を漕ぎ、段々と負荷を上げていき、限界に挑戦する検査です。

医師から昨晩はよく寝るように言われたのですが、緊張して眠れませんでした。


そう言えば、昨日、歩き過ぎて足の指にマメが出来ました。

運動負荷検査の結果について

あまりの悪さに気分が落ち込んでいます。具体的には、裁判員裁判の弁護人は無理ということを宣告されたようなものでした。私にとって、裁判員裁判は6件の弁護人を務めたことで打ち止めです。私とペアを組んで弁護人をして頂いた方には感謝しています。

夕方、ピンチヒッターの先生とお話をしているところに嫁さんが来てくれました。この先生、話に説得力がありました。嫁さんとも談話室で時間をとって話し、いろいろな事態を想定していることが分かりました。いずれにしても、私には過ぎたる妻と子どもです。感謝しています。

起きました。

起きました。おはようございます。

昨日入院された前のベッドの方とも話をしました。私よりも随分年上ですが、普通に話をして頂けます。昨日から、機械で管理された点滴をされていて、移動が大変なようです。病院には、いろんな方法で治療を受ける患者さんがいます。


今日午後のリハビリが、今回の入院期間中では最後となる予定です。運動負荷検査の結果を踏まえてどういう運動をすべきか指導があるので、嫁さんにも付き添ってもらうことにしました。

続きを読む

花火

フロアを歩いていたところ、西病棟の窓からOHK(フジテレビ系列の地方局)の方角で打ち上げられた花火を目にすることができました。

詳しいことは書けませんが、これも出会いの一つかなあと思います。もし、この病院で出会った方が、このブログを読んで下さったならば、そう思って頂けるのではないでしょうか。

朝ですね。

朝ですね。

熟睡して、右を向いて寝ていると、左脇腹付近に違和感がありました。まだ、心電図の測定器を体に装着しているのでした。肩もこっています。

さて、体を動かすことにしましょう。

IMGP0193.jpg
これが8月3日の朝食です。つまり、今回の入院で、最後の病院食になります。

IMGP0134.jpg
これは病院食の中で、特に気に入ったものです。椎茸に鶏のミンチがかぶせてありました。もっとも、長女は椎茸(姿がそのままのもの)が大の苦手です。

続きを読む

退院しました。

退院しました。嫁さん、長女、次女が迎えに来てくれました。長男は照れているのか、友だちの家に遊びに行っているそうです。エレベーターのところまで、看護師長、看護師4名の方に見送って頂きました。お世話になりました。有難うございました。不覚にも、ちょっと涙が出ましたかね。私は、小心者で、涙もろい人間なのです。

懐かしい家のにおいがします。階段を上る様子を見た嫁さんが、1階にも私の居場所を作ってくれました。ロフトの階段は急なので、今の私には厳しいようです。長女にロフトを明け渡すことになるでしょう。それから、血圧と脈を測定する機械が手離せません。

移動しました。

1階に移動しました。

隣の部屋が子ども部屋で、子どもと一緒に寝る感じです。トイレもすぐ近くにあります。今は子ども3人とも空手の練習に行っています。空手に行く前、次女が布団に横になっている私にスリスリしてくれました。次女なりに私の病気を理解しているのでしょう。嫁さんによると、最近の次女は学童保育で昼寝をしているそうです。


病院にいたときよりも、蝉が近くで鳴いています。友、同期、そして、ほっこりさんと元立会から、早速、メールを頂きました。感謝しています。

続きを読む

歩いてきました。

おはようございます。ベッドで長男が寝返りをする音が気になって、眠りが浅かったです。


歩いてきました。吉備路文学館前をスタートして、郵便局の後ろの道を通り、通称ガラ公園に出て、法務局の横から、検察庁に出ました。駐車場で何か掘削作業でもやっている途中のようでした。そして、左折して裁判所前を通り、さらに、大きな交差点を左折して、会を覗くと、真庭の方の事項に関する話し合いがあったことが分かりました。この際、階段を数段上がりました。そのまま、ずっと直進して交番の前(パトカー1台が停車中でした。)、ベネッセの前を通過し、カエルのガソリンスタンドのところで左折して、昨日は断念したマンション駐車場のなだらかな上り坂を上り、駐車場を突っ切って、吉備路文学館にゴールしました。兄と慕っている方は、このコースを思い浮かばれると思います。ゆっくり歩いて約25分のコースです。

帰ってからシャワーをしました。血圧、脈ともに正常です。


ところで、家で金魚を飼っていることに気付きました。きっと次女が夜店で買ってきたのでしょう。

続きを読む

ICU回顧(2)

ICUにいた当初は自分のことを考えるので精一杯で、隣の高齢の方が、夜中に奇声を発しても気になりませんでした。ただ、ヒゲの看護師さんが気にされて、「うるさくてごめんなさい。」と言われ、私が「わざとされているのではないから、気にされないで。」と答えたことがきっかけで仲良くしてもらえるようになり、その後、区画が5番から18番になると、そのヒゲの看護師さんがICUの備品である電波時計を貸して下さいました。この配慮は嬉しかったですね。しかし、時計を見ても、恐ろしい程時間が進んでいなかったです。


18番に移動した午前中(2日目か、3日目でした。)、主治医の先生によって、私の右足太腿の内側に入ったカテーテル2本を抜かれたのですが、止血が手で押さえる、いわゆる圧迫止血であったため、約1時間を要し、先生も疲れておられました。先生が押さえる手を変えたら、手袋が血に染まっていて嫌な気分になりました。その後も右足は出血を防止するため、動かさないよう指示されたものの、左足だけは少し動かせるようになりました。

左足を動かしていいことは主治医の先生のほか、数名の看護師にも確認しましたが、その後に現れた1人の看護師だけが左足も動かしてはいけないと言い張ったため、申し訳ないですが、恥をかかせることになりました。間違った看護師は、私に謝罪した後、私のところに現れることはなかったです。

また、血管が細い私が悪いのでしょうが、それ以上に点滴をするのが下手な看護師がいました。何度か失敗した挙げ句、「もう1回だけ。」と言っておきながら、さらに挑戦しようとしていたので、私は「別の人にやらせえ。」と言っていました。この看護師は、たしか翌日も現れましたが、そのときは点滴ができました。そして、点滴を止めたテープに日付が書いてあったため、看護師に確認したら、感染症を予防するための一応の期限ということでした。


ところで、面会は1日3回の決められた時間に15分程度と決まっており、嫁さんは欠かさず来てくれました。他の人に面会があるのに、自分にないとガッカリしますね。なお、配慮が必要ではないかと思ったのは、ICUの中で移動したにもかかわらず、受付で面会者に伝えていなかったことです。午前と午後で場所が変わり、嫁さんが私を探していました。カーテン越しに嫁さんの声が聞こえましたが、声を出す勇気はありませんでした。それから、面会の例外は、かかりつけの内科の先生だけでした。



嫁さんから、iPod touchを入れてもらい、落語を聞いていました。iPadについては、ICUにいる間はダメと言われました。治療に専念しろという趣旨でしょう。iPadを使っていいか確認し、却下された件は一般病棟への引継事項になっていました。

2013_0819サンダーバード0006

2013_0819サンダーバード0005

病院食の一例です。

今日の歩行コースについて(ハピータウンを経由)

病院で処方してもらった、寝る前に服用する薬のおかげでぐっすり眠れました。


午前4時30分頃目が覚め、歩きました。外の方が涼しいようです。

吉備路文学館前をスタートし、ベネッセ方面に向かい、通りに出たら左折して法界院方面に歩きました。そして、高架を過ぎたところで反対側に渡り、目標であったハピータウン岡北店前の郵便ポストにタッチして、そのまま歩き、肉じろうの前を通過して、トマト銀行本店前で陸橋を渡るのは断念し、横断歩道を渡って、ゴールの吉備路文学館前に着きました。


帰ってシャワーを浴びました。体重も減っています。恐らくは朝食後に体重を測定しても昨日より体重が増えていることはないはずです。


今日は月曜日、世の中は動いているのに、私は取り残されています。昨日、長男から、運動公園の中をジョギングしたら旨アドバイスがありました。

続きを読む

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-