Entries

脱税事件について

脱税したことが国税当局に露見すると、正しい税金を納付するよう求められるだけでなく、納付が遅れたことに伴う税金等まで請求されます。さらに、その態様、脱税額等を勘案し、国税当局が検察庁と協議を行い、告発しますと、検察官が刑事事件として捜査に着手します。

ところが、すべての検察官が、税金の仕組みについて正確に理解しているとは言えません。少なくとも私は理解していませんでした。そのため、検察官になって数年経過すると、脱税事件に関する研修が用意されています。そして、脱税事件だけを審理する専門部がある裁判所は限られていますので、公判立会をしている裁判所に一般の事件に紛れて脱税事件が係属することがあります。脱税事件も事実を認めてくれたらシャンシャンと終わるのですが、一部でも争い始めると、公判が長引きます。知識に乏しい検察官は、国税当局の見解を参考にしながら、何とか凌ぐのですが、脱税事件は「報告事件」に指定され、公判毎に内容や今後の見通しを報告することが求められていました。仮に、脱税額が少なくなるような訴因変更をする場合(起訴するときは証拠は十分と判断したはずです。)は上司を説得するのが大変でしたし、判決で公訴事実と異なり、脱税額が減額されようものなら、即、問題判決ということにつながります。なお、脱税に関する刑事裁判は、被告人に刑罰を科すかどうかを判断するために行われますが、懲役刑のほかに、脱税が割りに合わない犯罪であることを思い知らせる意味で、罰金刑を併科されることがあります。罰金刑が執行猶予になることは、まずないと言えますので、懐に厳しいものとなります。罰金を完納できなければ、労役場に留置されます。

先日のいわゆる外れ馬券事件ですが、検察官は国税当局と十分な打ち合わせをし、理論武装していたはずです。しかし、裁判所は、検察官の意見を採用しませんでした。その結果、検察官の懲役1年の求刑に対し、懲役2月・2年間執行猶予という判決を言い渡しました。公判に立ち会っていた検察官は、あの裁判所であれば判決内容を予想し、上司に報告して(週報に掲載して)いたかもしれません。いずれにせよ、検察庁としては、このまま判決を確定させるわけにはいきませんから、当然、検察官控訴することになります。

私は、「検察官控訴」という言葉を聞く度に、控訴趣意書を起案する検察官は大変だろうなと思います。今年の夏は控訴趣意書の起案に没頭することになるのではないでしょうか。



「報告事件」について補足
納税は国民の義務です(憲法30条)。したがって、脱税はその義務違反にあたり、その上、国税当局が告発する案件は特に悪質な事案ですから、告発を受けた検察官は迅速に捜査に着手して処理することが求められることはもちろんで、裁判でも公訴事実通りの認定がなされて当たり前で、毎回、上司に公判の経過等を報告しなければいけない事件に指定されていました。なお、裁判官の評価も、通常の事件に比べ、脱税事件を終わらせた場合の方が高くなっていたはずです(同じ1件の処理でも、重要性が違うということ。)。

勉強不足

被疑者として取調べを受けたら、まず自分の身上経歴に関する供述調書が作成されます。自分の生まれ、家族関係、学歴、経歴のほか、前科前歴について聴かれます。

警察で取調べを受ける被疑者は、自分の前科前歴をきちんと憶えていないことが多く、「記憶が曖昧なので、何か資料でもあれば見せて下さい。」と言わせ、犯歴照会(回答)書の結果を示すというパターンになっています。

まず、「万引きで調べを受け、処分は100日の禁錮刑でした。」との記述があったとします。被疑者がどのように供述したかは分かりません(本当に「100日の禁錮刑」と言ったのかもしれません。)が、いやしくも警察官が録取する内容ではありません。つまり、万引きは窃盗(刑法235条)を意味していますが、法定刑に禁錮刑はなく、懲役刑か罰金刑のみが科されます。要するに、万引きで罰金になったが、金を払うことができなかったために、労役場に留置されて刑を執行されたとなるべきところが、「禁錮刑」という表現になっているのです。

次に、「脅迫については、金の分け前のことでもめて脅したのです。」となっていたとします。しかし、犯歴照会(回答)書や前科調書では恐喝で有罪判決を受けたことになっていると、取調べにあたった警察官は、脅迫と恐喝の区別すらできていないということになります。


警察官にどこまでの法的知識が必要か問題でしょうが、後者の区別ができない者が強盗事件の被疑者を取り調べたり、参考人から事情を聴くのは無理があります。

整形外科

あの暴走自転車と衝突したのは、母の日、つまり5月12日(日)でしたが、足の打撲は治りました。いびつに曲がっていた自転車のペダルも修繕し、3150円かかりました。まともに頭突きを喰らった側頭部に異常があるかどうかは分かりませんが、暴走自転車のハンドルが当たった右手人差し指の関節部分の痛みが引きません。

骨が折れていたら、関節付近が腫れ上がり、指も曲げられないでしょうが、私の場合は腫れはそれほどではなく、痛みをこらえながらであれば指も曲げられます。

しかし、いつまでも治らないので、今朝、長女がお世話になった整形外科に診てもらいに行ったら、看護師さんから2時間待ちと言われ、一旦帰ってきました。嫁さんに「骨は大丈夫だよな。いきなり手術はないな。」と確認し、勇気をふりしぼっての出撃でしたから、心が萎えています。保険証をコピーされたので、このまま放置すると電話があるかもしれませんし、次に長女が診察に行った際、「この人、知ってる?」と言われそうなので、もう一度私は行きますよ。

異常はありませんでした。

午前11時頃、整形外科に行ったみたら、待合いが診察待ちの人で溢れかえっていました。看護師さんの説明によると、私が事務所に戻ったときから1人しか済んでいない状態とのことでした。仕方なく、もう一度出直すことにし、昼過ぎに行きました。

備え付けのテレビがあり、久しぶりに「笑っていいとも」を見ました。タモリさんは年をとられましたが、健在ですね。診察の順番は次の次になっているということでしたが、そこから待ち時間が長かったです。

怪我をして約3週間経っていますから、診察して下さる先生にも緊張感がありませんね。しかも、「痛い。」と言っているのに、問題の右手の人差し指をクネクネ曲げて、「これは痛いですか。」と質問されました。レントゲン4枚を撮りましたが、素人の私が見ても異常はありませんでした。自転車のハンドルを握っていて関節が伸びている軟らかい部分に衝突されたため、その痛みが続いているのではないかということで、指を曲げたり、伸ばしたりして下さい(5秒ずつ)と言われ、湿布、薬も出ませんでした。

診察室を出たら、「笑っていいとも」は終わっていました。


(午前中の記事に拍手をして下さった方、有難うございました。「オグちゃんが骨折していることを祈って、拍手喝采!」ではありませんよね。)

昨日の私のサラメシです。

昨日は午後3時頃事務所を出て、昼飯に出かけました。餃子の王将に行く予定でしたから、ビールを飲むつもりでした。

2013_0604サンダーバード0004
2013_0604サンダーバード0007
天津麺を食べたかったのですが、メニューにありませんでしたから、それに似た天津飯を注文しました。しかし、あんに酢が効いていませんね。今一つでした。瓶ビールはよく冷えていました。そして、今年の後半に使う餃子半額券を買ったので、月一度の餃子の王将通いは当分続きそうです

お弁当です。(2日分)

2013_0604サンダーバード0003
2013_0604サンダーバード0011
長女のお弁当です。上が6月3日のもの、下が同月4日のものです。下のはお弁当が冷めるのに随分時間がかかっていました。私と長女の関係は冷め切っていますけどね(?)。

記録の扱い方について

裁判所から、記録を謄写させたら記録が破損して返却されたと連絡があったようです。破損した記録を謄写した人物を特定することはそれほど困難ではないと思います。不注意によるものかもしれませんが、検察官に捜査を依頼したらどうでしょうか。

ところで、検察庁の記録の閲覧する場所には、いくつかの貼り紙があります。一つは記録は綴じたまま、謄写するのであって、綴じ紐を外してはいけないというものです。たしかに分厚い記録ですと、謄写しづらいのは分かりますが、それならば、検察事務官にその旨言えば足りるのであって、勝手に綴じ紐を外すのはルール違反であると思います。もう一つは通信機能が付いたiPad等で記録を撮影してはいけないということです。普通はコピー機で謄写するのですが、普通のデジカメで記録を撮影し、これをプリントする方法を使う人が現れました。さらに、iPad等で撮影すれば、画面を拡大することも容易ですね。しかし、通信機能が付いていると、プライバシーに関わる証拠の内容が知らないうちに漏洩する危険性がつきまといます。便利になれば、それだけ危険も増加します。


それから、検察庁は、刑事事件の記録の一部が民事事件で使用されたケースを重大視しています。誰かが本来の目的外に記録を使用したわけです。この点、刑事訴訟法は、弁護人が検察官から開示された証拠の管理方法について定め、その目的外使用を禁止して、違反した被告人や弁護人らに罰則を科すと定めています(281条の3ないし同条の5)。先日は、裁判員裁判対象事件の被疑者の取調べ状況を録音録画したDVDをマスコミに漏らした弁護士が問題になっていました。考えが甘いとしか言いようがありません。


因みに、私は、被告人が事実を争っている事案であっても、記録は差し入れないことにしています。差し入れた記録を被告人がどう使うか責任が持てないからです。ほとんどの場合は、記録の目的外使用を禁止した上記の規定があることを説明したら、被告人は納得します。その代わり、記録を踏まえて丹念に打ち合わせを行います。そして、疑わしい(信用できない)部分や被告人が気に入らない部分がある証拠は不同意として対応することによって、被告人に記録を差し入れる必要は(まず)無くなるのではないでしょうか。

少なくとも弁護人には罰則を科せられたり、弁護士として懲戒請求を受けてまで、被告人に記録を差し入れる義務はないはずです。

2013_0604サンダーバード0038
2013_0604サンダーバード0039
今日のサラメシはポークタツタでした。私は、チキンタツタの方が好きですね。記録の扱い方についてと書きながら、ポークタツタにも触れ、ブログを目的外に使用した感じ(?)です。

昨日のサッカーの試合について

放送開始の午後6時30分からテレビ中継を見ていました。試合が始まるまでが長かったですね。

試合は負けなければいいと思い見ていたら、後半にオーストラリアのパスのようなキックがゴールに決まりました。ゴールキーパーもゴール内に倒れ込んで、ネットに巻き取られたように見えた感じでは、これで負けと確信しました。しかし、その後のあれはハンドですよね。オーストラリアの選手が抗議している内容が分かりませんでした。

そして、本田選手ですが、ボールを持ったまま手放なさかったので、やる気だなと思いました。私は小心者ですから、あの場面でPKを外し試合に負け、一生語り継がれることが嫌なので、他の選手に振ったと思います。それにしても、見事なPKでした。

ここまでくると、格上、格下はなく、勝利に向かって貪欲な方が負けないということでしょうか。


ところで、中継の中で、オーストラリア代表選手を紹介する際、奥さんの出産に立ち会うため、以前の試合は欠場したと言っていました。いろいろな考えがあっても構いませんが、出産に立ち会う方が大事なのですね。奥さんは「お腹の赤ちゃんのためにゴールを決めて、ヒーローになって。」と言うのではないかと思っていました。因みに、私の場合は、長女と長男の出産に立ち会いましたが、嫁さんと一緒に「ヒーヒーフー」と息をするのが情けなかったです(九州男児、博多っ子と相容れないものがあります。)。

現行犯人逮捕手続書について

現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができます(刑事訴訟法213条)。ただ、通常は警察官(この表現も微妙です。)が現行犯逮捕する場合が多いので、それを前提に考えます。

警察の活動に密着した番組でも、被疑者を現行犯逮捕する場面があります。覚せい剤取締法違反の場合ですと、逮捕する警察官が、被疑者に対して、「○時○分、覚せい剤取締法違反、所持で現行犯逮捕するからな、ええか。」と告げているシーンに出くわします。この現行犯逮捕の場合も、無制限に身柄拘束が認められているわけではなく、逮捕したときから48時間以内に被疑者を釈放するか(俗にいうヨンパチ)、書類等ともに検察官に送致する手続をする必要があります(216条、203条1項)。仮に時間制限に違反したら、被疑者を釈放しなければいけません。

先日、大阪の裁判所が、現行犯逮捕の適法性が争われた民事裁判で、現行犯人逮捕手続書(以下「逮捕手続書」といいます。)の内容が「誇張されて虚偽」であるとした判決を言い渡していました。逮捕手続書は、被疑者を逮捕した警察官が、その経緯(これが重要です。)や逮捕時の被疑者の状況等について起案した書面です。捜査の第一線は戦場ですから、出来事を事細かく憶えている方が不自然と思われることがあるかもしれません。それゆえに、重要なところは逆に無難な範囲で起案することが重要でしょう。そして、私が重要と思うのは、①職務質問した理由、②所持品検査時の被疑者の対応(「任意」という以上は、相手方の承諾を得るべきです。言葉がなければ、首を縦に頷いたとの動作でも構いません。)、③逮捕の時間、場所であると思います。


この観点からすると、余り重要ではないのですが、逮捕手続書の「逮捕時の状況」という欄の記載が妙に気になるのです。よく見かけるパターンですが、「被疑者に対し現行犯で逮捕する旨を告げたところ、素直に『はい。』と答え、渋々逮捕に応じた。」と記載されていて、少しでも被疑者のイメージを悪くしようとしているように思うのです。そして、私には「素直に」、「渋々」の各表現には逆の響きがあるため、短い日本語の文章としてどうなのか(具体的にイメージできない。)という疑問があります。実際のところ、先輩が処理した逮捕手続書を拝借し、そのような表現の細かさまで考えて起案していないのが実情ではないかと思います。しかし、私が、現行犯逮捕の適法性を争う場合は、そこも問題にし、証人の警察官をネチネチ反対尋問することになります。つまり、いきなり本丸を落とすのは難しいですから、外堀から徐々に埋めていく必要があります。

お弁当です。(2日分)

2013_0606サンダーバード0002
2013_0606サンダーバード0003
長女のお弁当です。上が6月5日のものです。同じものを2パック持参することになったようです。下が同月6日のものです。そういえば、昨夜の夕食で味付け海苔が残っていましたが、ここで登場しました。

ところで、本日、次女が学童保育でけん玉検定を受ける予定です。先週受けられなかったので、2回挑戦できるそうです。合格すると、希望した金のけん玉を頂けるのですが、実物が手に入っていないそうで、次女には「妥協して、他のけん玉をもらうなよ。金のけん玉な。」と注意しておきました。

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-