Entries

食事です(1) 宴

2月1日(金)、ちょっとした宴を開催しました。


ところが、今年になって空手の練習に行く回数が極端に減った長男が、少し離れた道場に練習に行きたいと言い出したため、空気が読めない奴やなと思いつつ、嫁さんに長男を連れて行ってもらいました。さすがに2部(午後7時30分からの練習)は禁止しました。その影響から、宴の開始時間が遅くなりました。


オグちゃんのブログ

オグちゃんのブログ


とりあえず嫁さんには感謝の意を表し、雲丹を用意しました。私のおつまみには、赤いタコさんウィンナーが登場しました。子どもらは、何の宴か分からないようで、話が横道に逸れていきました。外食するときだけ、何かの日(誕生日クラッカーとか、記念日指輪)だと思っているようです。


ところで、空手の練習から帰った長男が見せてくれた「道場だより」の表紙に長男の写真が載っていました。最優秀年間努力賞を受賞した際、長男は写真を撮られたと言っていましたが、その後、道場のブログに登場することなく日数が経過し、残念(しょぼん)に思っていましたら、(ねずみ男に似た)長男の顔がデカデカと載っていました(にひひ)。このことも併せて、宴のネタになりました。




【最優秀年間努力賞に関する記事】

http://ameblo.jp/ogmomo/entry-11443223237.html




食事です(2) 餃子の王将・節分

オグちゃんのブログ


オグちゃんのブログ


2月3日の昼食は餃子の王将に行きました。


朝食は抜いて、開店時間の午前11時に行きました。今回は長男が着替えをトロトロやっていたので、行く気がないものとして、長女を連れてのお出かけとなりました。


長女は「いつか餃子を10人前食べてみたい。」と言っていましたが、餃子の券がある範囲内で2人前ずつ食べ(上)、季節限定の四川風麻婆豆腐(下)を頼みました。こちらは予想外の辛さで頭から勢いよく汗が噴き出しましたが、長女にも辛かったようで、最後の一口は私のために皿に取ってくれました。気が利くなあと思ったら、私が取った場合、「最後の一口やから、お前食べえ。」と言われると思っての(防御の意味での)行動でした。随分、大人になったなあと感心しました。なお、御飯(大)を二人で分け、当然のことですが、私は、ビール(生中)を2杯飲んで、満腹で御機嫌な上に、顔が真っ赤になっておりました。自転車をチャリチャリ漕いで、家に帰りました。


オグちゃんのブログ


2月3日の夕食ですが、節分ですから、手巻き寿司となりました。


寿司飯を6合用意したそうですが、ほとんど無くなっていました。海苔に載せる御飯の量が難しく、きちんと巻けなかったですね。

私のサラメシです。


オグちゃんのブログ


雨(雨)の中、外回り(電車バス)に行き、駅に寄ったので、「さぼてん」のイベリコメンチミックス弁当を買いました。


先日の帰れま10で、さぼてんが取り上げられていましたので、弁当の販売にも力が入っているようです。ただ、この弁当は出来たての感じがしませんね。それから、イベリコ豚がどれくらい美味しいものなのかも分かりません。私の場合、どこにでもいる豚の肉であっても、好きなメンチカツは食べると思います(「キャット」という豚はいけません。)。



ところで、1月21日放送のサラメシですが、まずは、マグロ業者の昼御飯が登場し、マグロの切れ端などを使った鍋料理に感動しました。贅沢この上ないです。しかし、-60度でカチンカチンの状態にしたマグロを足で蹴って動かしていたのを見て、がっかりしたのも事実です。


次は、閉店を迎えた店を訪れた会社の上司と部下の食事でしたが、料金の支払いは、そのほとんどがそれまでに貯めたポイントによるもので、現金は800円(1人前?)しか払っていませんでした。最終日の売上げが心配です。メシはよくしゃべる方が相手でした。それから、市川森一さんが亡くなったことをこの番組で知りました。

笑い(?)話

長女の友達の話です。


この友達は小学生のときでしたが、雨が降っているのに傘がなく濡れているところで遭遇したため、私の傘を貸してあげたことがあります(私にも優しいところがあると言いたいのではありません。)。


先日、高校の面接試験の際、その友達が泣きながら、試験室から出てきたので、長女が理由を尋ねたら、次のような事情があったそうです。鼻水が垂れてすすっていたら、試験官が泣いていると誤解し、「泣かなくてもいいんだよ。」と言われ、それがきっかけで泣けてきたということです。


長女からその話を聞かされ、私と嫁さんは、「○○らしい話やなあ。」と言い、嫁さんが、一つのエピソードとして、長女がバレーボールをしているときの話をしてくれました。何でも数名の選手が泣いていたら、ケロッとしていたその友達が遅れてなるものかという具合に泣き始めたそうです。非常に楽観的な性格で、こういう人が近くにいたら、救われるものがあります。


そして、我が家でしこたま話題にした翌日、長女が、その友達に我が家で受けていたことを伝えたら、長女に「どうして泣いたことを知っているの?」と聞き返したそうです。



進学する高校は違うと思いますが、長女には一生付き合える友達の一人ではないでしょうか。




【余談】(親の心子知らず)

100倍は やっぱり無理だよ お母さん

大丈夫 50倍でも 落ちるから

昨日の研修について

昨日は、「契約書作成・チェックの基本」と題する研修を受講しました。


最近の研修は新人弁護士を対象としたものが多く、参加者もそれなりの人数になっていますが、その中で私のようなおっさんが受講するのは気が引けます。


内容は非常に濃く、契約書の作成を軽々しく受任してはいけないと肝に銘じました。契約書案は必ず自分が作成して主導権を握り、その内容は取引の実態に即し、かつ、依頼者の利益を図るものでなければいけないということです。講師は東京の弁護士の方でしたが、スマートな感じでした。本も出されたそうですが、あまり売れず、出版社が在庫を抱えておくのは大変ということで裁断された結果、在庫なしとのことでした。



ところで、隣に気心が知れた男が座っていましたが、何をしているか気になって見たら、ヒゲを抜いていました。私ならば(「ヒゲを抜いたら」と仮定したらの話ですが、しませんね。)、抜いたヒゲを机に植えて帰りますが、彼はきちんと処分してました。

お弁当です。 またまた出陣!


オグちゃんのブログ


2月7日、長女のお弁当です。


今日は公立高校の自己推薦入試があります。この制度は今年で廃止され、来年からは一般入試だけになるようです。


長女の要望で、ふりかけの類は避けているそうです。昼食の後にある面接試験の際、歯にふりかけがへばり付いていたら恥ずかしいという理由です。歯ブラシを持参して、歯磨きをしたら解決する問題ではないでしょうか。とうもろこしの皮が歯の間に挟まったら、爪楊枝がないと大変でしょうね。

試験監督

昨日の午後、非常勤講師を務めた大学に行き、自分が教えた科目の定期試験の試験監督をしました。


最近、試験を行う側の不手際が多く、新聞沙汰になっているのを目にするため、妙に緊張しました。試験監督の補助2名がいらしたので、問題用紙を配付してもらうなど助けて頂き、大きな問題はなく、無事に定期試験が終了したところです。


欠席が10数名いました。授業に出席しているか最後まで確認できなかった学生の数とほぼ同じです。また、遅刻した者が数名いましたが、試験室への入室が禁止となる試験開始から20分経過した付近でのことではなかったため、すんなり受験することができました。試験中は監督者も余計な発言ができないことになっていたので、帽子を被ったまま受験している学生に注意できませんでした。この点は、悔いが残ります。


試験開始から30分経過したら、答案を提出して退出することが可能となるため、その旨アナウンスをしたところ、答案を提出する学生が出るわ、出るわ、試験終了の10分前になっても答案を作成している学生は10人を切り、終了の定刻前には全員が答案を提出していました。40分程度で答案が出来上がる問題にしたつもりでしたから、授業に対するアンケートを書く時間を考慮しても1時間あれば必要十分だったと思います。



当然のことですが、試験中は静かでした。一見してやる気がないと分かる学生(全く動きがない者、机に突っ伏している者など)がいましたが、これも想定したことで驚きはしませんでした。残るは、採点とその結果を採点シートに転記する作業だけです。しかし、これが大変かもしれません。


頑張ってくれた学生の答案をシコシコ採点しましょう(名前と顔が一致しないので、答案の内容だけで判断します。)。





ところで、昔は司法試験の考査委員をやってみたいと思っていました。司法試験の試験監督もいいなあと思ったことがありました。監督者の中には「試験開始」と言うべきところ、受けを狙ったのか、「試合開始」と言った者がいました。それから、試験が開始となって論文試験の問題用紙が前から配付され、試験が終了したら答案用紙が後ろから回収されたときは、不公平感(後ろの席の者は答案作成にかけられる時間が若干短くなりました。なお、先に問題文を見た前の方の席からどよめきが起こり、「何が出たんだ。」と心配になりました。)が残りました。

県北の法律相談

昨日は、午前10時からの法律相談のため県北に行っておりました。


雪で電車が運休するのが恐く、午前4時30分に起床し、午前6時過ぎの始発電車に乗りました(混雑した電車に乗るのも嫌いです。)。顔見知りの方も、この電車を通勤で利用されています。県北から到着した電車の屋根などに雪が残っていなかったので安心していたら、県北に近づくにしたがって雪が舞うようになりました(雪雪の結晶)。


オグちゃんのブログ


そして、目的地で降りたときには、結構な雪が降っており、資料が濡れないようビニールに包みました。すると、妙にトイレに行きたくなり非常に焦りました(トイレうんちあせる)。油断すると危なかったです。


オグちゃんのブログ


ホッとした状態になって、次の快速電車に乗ってくる予定の方を待ち、その方と軽く雑談をしてから法律相談の会場まで歩き、午前9時前には到着していました。


係の人から出してもらった暖かい一杯のお茶が美味かったです。計3杯頂きました。2人が当日に相談をキャンセルされてました。1コマ30分の法律相談では十分に話を聞き出すのは困難ですね。

食事です(3) さばの煮付け


オグちゃんのブログ


オグちゃんのブログ


オグちゃんのブログ


2月8日の夕食です。


県北から帰って疲れており、とにかく早く寝たかったので、頂いた日本酒を冷やでグウィーと呑んで(お酒)、さばの煮付けとネギ入りの卵焼きを食べて、コテッと寝ました(ぐぅぐぅ)。卵焼きはネギが入っているだけでお得感があります。



ところで、中学生のとき、弁当を持って行きましたが、友達の弁当が美味しそうに見えました。と言っても、ビチャビチャの御飯に味付け海苔と昆布の佃煮がのっていて、おかずはネギ入りの卵焼きだけで、しかも、お茶ではなくて、牛乳を飲んでいました。その影響で、おふくろさんに「卵焼きにネギを入れて。」と頼んだ記憶があります。





食事です(4) オグちゃんメシ


オグちゃんのブログ


2月10日の朝食です。


御飯に海苔を載せて醤油をかけただけです。味付け海苔かと思ったら、手巻き寿司で使った海苔でした。しかも、2枚しか残っていなかったので、長男と分けました。本来は、御飯の途中に味付け海苔を入れて、もう一度御飯を盛ってから、味付け海苔数枚を載せ醤油をかけなければいけません。名付けて「オグちゃんメシ」です(グッド!)。塩分の摂りすぎには注意しています。


オグちゃんのブログ


同日の夕食です。


我が家にしては珍しいシーフードカレーですが、それらしき具材が見えませんでした。嫁さんは、「ホタテやエビが入っているけど、お好みで肉とか野菜をのせて。」と言いましたが、それではシーフードカレーではないだろうと思いながら食べたら、小さいのがありました。


オグちゃんのブログ


オグちゃんのブログ

シーフードカレーと言えば、ジャワカレーの辛口で、海辺で食べるものといった印象が強いです。テレビCMの影響で、実際に食べたことはありません。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-