Entries

昨日は暑かったです。

昨日は午前中に発車する各駅停車で県北に行きました。県北に着いたのが丁度昼頃で、太陽が真上にあって日陰がなく、道路から照り返しもきつく、会場に到着したときは疲れてました(ガックリ)。


受付の方に資料をお借りし、冷房を入れる許可を頂き、すぐに冷房のスイッチを強にしましたが、昨日はクーラーの効きが今一つでした(汗)。


定刻の20分前から仕事を始め、定刻より10分延長して無事に仕事を終えました。その頃、真の友からメールが届いていることに気づき、一緒の列車で帰ることが決まりました。真の友は仕事場から駅まで自転車を利用していますが、私はテクテク徒歩ですので、発車待ちしている列車に後から乗り込むと、真の友2人が、私の席を確保してくれていました。


そして、1時間強列車に揺られて、無事に戻ってきました。これまでの豪雨で何度か列車の運行に支障が出ていましたが、今後の台風シーズンに備え、少し気合いを入れて土砂崩れ防止策を講じ始めたようです。私と真の友らは、内外の情勢について意見交換し、有意義な時間でした。次回の県北への出張は9月中旬になっていますので、少しは涼しくなっているかもしれません。

お弁当です。


オグちゃんのブログ

7月30日、次女が学童保育に持参したお弁当です。


私は見逃しませんね、デザートに次女が育てたミニトマトが入っています。最近、もらえないのです。


オグちゃんのブログ


同じく、7月31日の次女のお弁当です。


学童保育ではけん玉が流行しているそうです。嫁さんが次女にけん玉を買ってあげたそうです。そのけん玉を長女が使った際、次女の頭にぶつけ、揉め事(争点は故意かどうか。)が起きていました。我が家には、そこら中に争いの火種が落ちています。


オグちゃんのブログ


これも同じく、8月1日の次女のお弁当です。


デザートに頂き物の桃を入れていくところは大物(?)になる証ではないかと思っています。網干メロンは嫌いらしいです。

笑顔

銅メダルを取った上野順恵さんの笑顔が良かったです。


多分金メダルを取るだろうと期待していました。しかし、その前で敗退したので、緊張の糸が切れて3位になるのも無理ではないかと思いました。3姉妹の絆が強かったということでしょうか。


インタビューも素直に喜びを見せていて、好印象でした。そう言えば、前回の大会は代表選考会で勝ったのに、別な選手が代表になり、しかも、その選手がすべて一本勝ちで金メダルを取ったと記憶しています(引き際も良く、このオリンピックでは解説をされていますね。)。しかし、上野さん、頑張りましたよ。お姉さんが金メダルを取ったときに登場した御母堂が、今回もインタビューに答え、「よく練習し、減量で苦労したことが金メダルに値する。」旨答えられていました。金メダルを取ることができなかった現実から逃げることはできませんが、柔道をしているときの顔と試合を離れたときの顔のギャップが気に入りました(検察官も取調べをするときはそれなりに厳しい顔をしていますが、仕事を離れたときは笑いますよ。)。御母堂が作って下さるカレーをたっぷり食べて、ゆっくりして頂きたいと思います。


これに対し、男子の中井選手は残念でした。しかし、その精悍さは日本柔道を背負う者のそれであったと思います。流した涙を忘れず、次回はリベンジして頂きましょう。



話は変わりますが、卓球の石川選手、CMが増えそうな気がします(お金)。

さて判決はどうなることやら?

今回、弁護を担当した裁判員裁判対象事件の判決言い渡しが午後3時45分からあります(予定)。その前にテレビカメラによる法廷の撮影があるそうです。


この時間ですと、判決の内容は決まっているでしょうね。私にだけそっと教えてもらえないでしょうか。絶対に口外しません。



検察官の求刑が懲役7年でした。求刑は、あくまでも公益の代表者(検察庁法4条)である検察官の参考意見であり、裁判所はこれに拘束されません。しかし、個々の裁判官は一つの基準としてこれを重視してきました。ところが、裁判員裁判では求刑通りの判決や求刑を超える判決が言い渡されています。


私は、懲役6年ではないかと思っています。先日のブログに、弁護人の求刑は懲役4年であったと記していますが、それも軽いのではないかというのが本音です。もしかすると、求刑通りの懲役7年、あるいはそれを超える懲役8年が言い渡されるかもしれません。




嫁さんに検察官の求刑に関する記事が載っている新聞を切り抜いてもらったところ、その反対側の記事は別の裁判所で検察官の求刑懲役16年に対し、懲役20年を言い渡した裁判員裁判の記事でした。何か不吉なものを感じざるをえません。

食事です(1) カレーうどん


オグちゃんのブログ


7月30日の夕食です。


カレーうどんでしたが、パンチが今一つであったため、七味唐辛子をてんこ盛り入れました。


オグちゃんのブログ

オグちゃんのブログ


7月31日の夕食です。


子どもらは五目素麺を食べていましたが、私には冷やしとろそばが出てきました。暑さで食欲が減退していたので丁度いいおかずだなと思いつつ、缶チューハイを飲みながら、先に缶詰のさんまの蒲焼き(下)を口に入れたら、これが熱々でして、思わず口から出してしまいました。



8月1日の夕食は、タンドリーチキンっぽいものが登場しました。しかし、空手の練習に出かけて留守をしている長男が、昼間に問題を起こしていたことが発覚し、我が家に激震が走りました。世の中の役に立つ必要はありませんが、その存在が世の中に害になる者は、家のため、社会のために消えて頂く必要があるというのが私の持論です。私が手を下した場合、裁判員裁判の被告人になることは御勘弁頂きたいので、自ら処置する覚悟もしています。


オグちゃんのブログ


8月2日の朝食です。


写りが良くないですが、タンドリーチキンっぽいもの残っていました。

お弁当です。


オグちゃんのブログ


8月2日、次女が学童保育に持参したお弁当です。頂き物の桃がデザートとして入っています。次女は、ちくわ(系)が好物です(グッド!)。御飯の中に、うさぎがいますね。


オグちゃんのブログ


8月3日の次女のお弁当です。


御飯が黒く見えるのは、しそふりかけでした。

サッカーシェンシェイ、御落胆?

最近、ブログのテーマを統合したりして、これを減らす傾向にありました。しかし、昨晩の労働相談があった場合の研修で一緒になったサッカーシェンシェイから、ほっこりさん、あばら家さんのテーマのところに、サッカーシェンシェイを入れてもらえないかとの依頼がありました。



丁度、ネタがあるので、御紹介します。サッカーシェンシェイは真面目で、資料作りが大好きです。しかも、仕事が早いので、出来上がった書面は添付ファイルで送信してきます。ただ、これをすぐに読むと後悔します。推敲することも好きなので、次の書面がやってくるのです。


ところで、御自身のブログでも紹介されていますが、先日、高校生相手に講演をされました。その資料が凄まじい量と内容で、私はどんびきしました。そして、話は全く別になるものの、この高校は夏の甲子園出場を懸けた県大会の決勝戦で惜しくも敗退しました。もし勝利していたら、御自身のブログで大々的に取り上げられ、自分の講演が良かったのが勝因ではないかと書かれたかもしれませんね。



この高校の野球部は、東北の震災直後に開催された春の甲子園大会で主将(選手全員が1年生でした。)が選手宣誓を行い、私はこれに感動したのですが、試合はすぐに負け、その後は甲子園に出場する機会がありませんでした。あの主将が3年生になり、最後の大会でしたから、少しは期待していました。

一喜一憂

バトミントン、決勝戦に進出しました(グッド!)。チマチマやっているようで、豪快なスマッシュをするところは私の生き方に似ています。無気力試合で失格になったペアが残っていたら、ここまで勝ち進んでいたのでしょうか。運も味方しているように思います。


そう言えば、体操の内村選手、個人ではしっかり金メダルを取りましたね。団体戦のミスは何だったのでしょうか。TVのCMが良かったので(にひひ)、金メダルが取れてホッとしています。


問題は柔道です(柔道)。勝てそうな気がしません。緒戦から一本勝ちできないというのは情けないです。昨晩は、労働法に関する研修を終えて帰宅し、夕食を摂りながらオリンピック中継を見ていましたが、柔道がないなあと思ったら、負けてました。技もさることながら、オリンピックの重圧を跳ねとばせる(メラメラ)人材が欲しいところです。「日本のお家芸」と呼ぶ時代は終わっています。


テニスの錦織選手、惜しかったです。人参を思わせるコーディネートが好きです。日の丸を背負っていると意識しているところが立派です。


私は泳げません。よく泳げるなあと感心します。日本人の体格が、外国人のそれに近づいたのでしょうか。飛び込んだときにゴーグルがずれないのが不思議です。

今回の裁判員裁判について

今回、私が弁護を担当した事件は社会の耳目を集めたもので、子どもを持つ親の端くれとしては複雑な気持ちでした。


いずれにしても、悪いことは悪いのであって、「被告人は気の毒です。」との主張で終始したら、裁判員の反感を買うことは明らかでした。その意味では、被告人の性格が少なからず影響したのでしょうが、私は一応満足すべき弁護ができたと思っています。



6名の裁判員は全員が質問されていました。普通の常識がある人からすると、起こるはずのない事件ですから、疑問が生じるのは当然でしょう。弁護人、検察官からの質問が終わり、裁判所から質問する前にはたっぷり休憩時間を入れて、裁判員が質問することができるよう配慮されていましたが、定刻より10分遅れで再開されたことがありました。小心者の私からすれば、何かあったのかと心配になる、長い長い10分間でした。


そして、この裁判に関する新聞記事にはできる限り目を通しました。裁判長が判決言い渡しの際に行った被告人らへのメッセージ(いわゆる説諭)に一切触れていない新聞は出遅れていると思います。


また、上記のとおり、社会の耳目を集めた事件であったことから、判決後に裁判員の会見が行われています。幼い子の命を救うため、行政がどこまで踏み込めるかが残された課題ですが、一番悪いのは被告人らです。そして、被告人らと同じ不届きな親が必ずいるはずです。そういう不届き者は、必ず刑務所に行かされるということを知らしめたことも重要でしょう(検察官が論告で指摘した一般予防の見地です)。ただし、まだ判決は確定していません。



この事件は平成23年12月下旬に起訴されました。約7ヶ月で一審の判決が出されたことになります。




最後に、被告人が立ち直ってくれることを願うと同時に、与えられた職責を一応全うできたことに感謝します。

ゆっくりします。

この2週間はかなりヘビーでした。暑いのも辛かったです。今週末はオリンピック中継を見て、ゆっくりします。


話は変わりますが、今日、兄と慕っている方が、私の好きなオロナミンCを下さいました。以前からの疑問ですが、あの量は少なくないでしょうか。それから、オロナミンCの昔のCMで、生卵と混ぜて飲むものがあったと思います。一度はやってみたいと思いつつ、今になってもやっていません。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-