Entries

お弁当です


オグちゃんのブログ


長女が、10月1日(土)、バレーボールの試合に持参したお弁当です。優勝して帰ってきました。有言実行でした。


※お弁当のおかずが残っていると思っていましたが、私の朝食は焼きおにぎりだけした。

食事です(1)


オグちゃんのブログ


9月30日の夕食です。


焼きそば定食の味噌汁なしです。焼きそばには、ウスターソースをかけてビチャビチャにして食べるのが好きです。



オグちゃんのブログ


10月1日に昼食です。


レトルトの麻婆豆腐丼です。豆腐が小さく切りすぎているように思います。なお、朝食は焼きおにぎりだけでした。



オグちゃんのブログ


10月1日の夕食です。


また出てきたような気がします。嫁さんによると、鶏肉、キャベツ、エリンゲをオリーブオイル、トマトソースで蒸したものらしいです。チーズは載っていません。

空手の型試合の結果について

昨日、長男が空手の型試合に出場しました。


数多く練習に通っていましたし、事前の話では優勝するかもしれないとか、入賞はすると言っていましたので、多少期待して行きました。


ところが、一回戦負けです。素人の私が見ても、長男が勝ったと言い切れなかったので、あの判定は正しいと思います。頭に来たので、その後は見ないで帰宅しました。


結果は敗者復活戦に回って2勝し、再び一回戦で負けた相手にあたって負けるという情けないものでした。自業自得というべきか、自信過剰ですね。今後は、結果を見せてもらってから、何事も判断(評価)することにしました。


それから、試合をしているアリーナの中では飲食禁止となっており、場内アナウンスでも飲食禁止と言っているのに、あえて飲食している馬鹿な子どもと馬鹿な親がいました。


車上狙いでしょうか。


オグちゃんのブログ


今朝の状況です。


嫁さんが、「警察が来てるよ。」と教えてくれました。鑑識の方も来られましたから、車上狙いでしょうか。


ところで、犯人の中には、器用にドアロックを外したり、ドアロックをしていない車を狙う者がいますが、逆にブロックなどでドアガラスをぶち割って車内を物色する者もいます。後者は、たとえ盗まれた物がなかったとしても(窃盗未遂)、さらに器物損壊で立件すべきであると思います。

食事です(2)


オグちゃんのブログ


10月2日の朝食です。手前は味付け海苔です。


※昼食は抜きました。



オグちゃんのブログ


10月2日の夕食です。


甘めに味付けをした生姜焼がメインでした。野菜、いかげその天ぷらのほか、前の晩の残りが出ていました。御飯は炊きたてが美味しいですね。



オグちゃんのブログ


10月3日の朝食です。


まだピオーネが残っていました。長女は、パンが3個になっていました。写真のパンの砂糖のところが好きなのですが、よく落とします。

頂き物です。


オグちゃんのブログ


頂き物です。


英語ができない私ですが、「ホノルル クッキー」と書いてあるのは読めました。まだ味見していません。楽しみです。

食事です(3)


オグちゃんのブログ


10月3日の夕食です。


大きな皿に盛られて偉そうにしているのが、なすの煮浸しです。最初にちょっとなすを焼いているそうです。次女が、「なすは嫌いだけど、これなら食べられる。」と言っていました。


さんまの塩焼きは4尾ですね。5尾あると、頭と尻尾の両方を食べるのですが…。汁物は水餃子ですが、餃子が小さかったです。味付け海苔も並んでいますが、私が醤油をかけすぎて塩分の摂りすぎになるのを防ぐため、嫁さんが醤油をかけて食卓に持ってきました。そう言えば、さんまの塩焼きにポン酢をかけすぎました。


10月4日の朝食は、キュウリのスライスがのったトースト、バナナ、コーヒーでした。

今日もいい1日になるかな?


オグちゃんのブログ


今朝の状況です。


大きなオートバイの排気量のエンジン音が止まったら、大体白バイですね。早朝から大変でしょう、相当早く起床されているはずです。写真の左の方に、白バイがもう1台停まっています。私が見ている間、検挙された方はいませんでした。


いい感じで1日が始まりました。

食事です(4)


オグちゃんのブログ


10月4日の夕食です。


御飯を一膳食べ終わったら、変なハンバーグが出てきました。マグロハンバーグとのことでした。イカナゴが茹でてあります。長女が、長男に、ポテトサラダのキュウリのところを取りすぎと注意していました。


オグちゃんのブログ


10月5日の朝食です。


台所の方から、包丁で何かをスライスしている音が聞こえてきましたので、またキュウリが載っているトーストだなと思っていたら、これでした。ゆで卵が食べたくなりました。


オグちゃんのブログ


オグちゃんのブログ


10月6日の朝食です。


ハムと、とろけるチーズがサンドされていました。また、下の写真のようなヨーグルトを初めて見ました。チューブに入っているのをチューチュー吸い出すようです。バナナ味です。


箱に印刷された子どもが、私の長男だったらと思いました。商品を買う人が減るでしょうね。


※10月5日は夕食を抜きました。

破産管財人について(1)

今でも恐々やらせてもらっているのが、破産管財人です。司法試験の選択科目で破産法を選択しておけばよかったと後悔しています。



破産管財人は、裁判所が選任することになっています(破産法74条1項)。また、裁判所は、破産手続開始の決定をしたときは、直ちに、破産管財人の氏名等を公告しなければならないとされています(32条1項2号)。


ところで、書記官は、事案の内容や、破産管財人になるべき者の力量を考慮し、相応の事件を依頼してこられるようです。私の場合は、会社の破産管財人はしませんし、複雑な事案の場合は、書記官の方で無理と判断して下さり、破産の原因がギャンブルとか、浪費のように問題がありそうな事案が回ってきます。そのような事案の場合、免責(借金をチャラにすること)してよいかが問題となりますので、裁判所は、破産管財人に調査をさせて、その意見を参考にしたいと考えておられるようです。



一度だけですが、担当の裁判官が異動になり、後任の方と処理方針で衝突したことがあります。否認請求の審尋で、裁判官から、私が質問しているのを遮られたときはムッとしましたが(「もういいです。」と言われたので、「これはダメだ。」と察しました。)、審尋の終了直後に電話をしてこられたので気にはされているのだなと思いました。


上記の免責するかどうか問題がある事案では、申立の際に、正直にその旨記載しておく方が裁判所の印象はいいと思います。この判断を誤ると、申立代理人である弁護士は、裁判所だけでなく、依頼者からの信用も失いかねません。裁判官によっては、怒った口調で「管財事件にします。」とだけ言って退出される方もいるようで、後で破産管財人になって、破産者からそのような状況を聞くと、申立代理人の見通しが甘かっただけなのに、可哀想だなと思うことがあります。また、管財事件になると、裁判所に納める予納金の額が格段にアップしますから、急遽これを準備するとなると、依頼者は大変でしょう(金がないから破産するのです。)。



依頼者のためには、悪い方向に進んだ場合のことを考えて処理しておくのが無難であると思います。

Appendix

アクセスカウンター

フリーエリア

Extra

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-