Entries

お疲れさまでした。

6月30日付けで、私の友が検察を去りました。


いろんなことが思い出されます。


私と今は亡くなった上司が、昼休みにパソコンで「遥かなるオーガスタ」というゴルフのゲームに興じているのを彼は司法修習生として見ていました。数年後、その上司を病院に見舞った私が、「もう長くないと思うから見舞ってくれないか。」と言えば、遠くから見舞いに行く優しい男でした。もちろん、彼は私よりも検察に尽くしてきたはずです。


ところで、今日の朝刊には、法務省人事として幹部の異動に関する記事が掲載されています。この方々は、盛大にお見送りをしてもらい、花束も贈呈されるのでしょう。最近の検察は、人を大事に扱うことを忘れているように思えてなりません。


お疲れさまでした。しばらくの間、ゆっくり休むといいです。彼に対する信頼関係が揺らぐことは全くありません。

1対2(続)

先日のことですが、1対2+2でした。


公判を担当する(主任)検察官、これを補佐する検察官のほかに、公判を傍聴している検察官2名がいたのです。


検察官は、そんなに暇ではないはずです。上司の命を受けてのことでしょうか。妙に緊張しましたね。

午前6時30分集合

今日は長男がお世話になっているスポーツ少年団のバレーボールの対外試合があります。


他校のチームを招待するらしく、その準備もあって集合時間が午前6時30分とされています。すでに、長男だけでなく、応援の嫁さん、長女も出かけました。いつ勉強するのでしょうか。


私は、次女と留守番する役を命じられましたが、宅配便が配達されるため、出社しています。日曜日の気がしません。振替休日が欲しいですね。

そわそわしています。

午前中に大事な打ち合わせが2件入っています。何とかなるでしょう。


午後は外回りに出る予定です。雨が降らないと助かります。


外回りの時間中にメールが届くと思います。それが気になります。長男が受けた空手の昇級試験の結果発表なのです。学科試験の出来を聞くと、今一つです。出題範囲は決まっており、いろんな角度から聞かれることを想定して暗記しなければいけないのに、単語を記憶しているだけでは話になりません。

「なんばん往来」というお菓子

昨日、シルシルミシルサンデーというTV番組を見ていたら、いくつかのお菓子が紹介されていました。その中の一つが福岡の「なんばん往来」というお菓子だったのですが、私は全く知りませんでした。


TVを見ている私が何も反応しないことから、家族から知っているかという質問もなかったです。福岡(博多)のお菓子と言えば、ひよこ、にわか煎餅、千鳥饅頭といった昔からあるものしか思い出せません。


この「なんばん往来」というお菓子がいつから販売されているのか気になりました。説明によると、昭和59年から販売されているということでしたから、私はすでに東京に居ました。その後、ほとんど博多に帰っていないので、知らなかったとしても不思議ではありません。女副社長のどや顔は勘弁して欲しいですが、「なんばん往来」を食べてみたいです。

もうすぐ七夕です。


オグちゃんのブログ


よく行くJRの駅に設置された七夕の飾りです。


時間があったので、どんなことが書いてあるのかなと思いつつ、短冊を見ていたら、「これからも美味しいビールが飲めます様に」と書いてある短冊を発見しました。一番上に結びつけてありました。


もちろん、私が書いたわけではありません。

昼ご飯です


オグちゃんのブログ


私の昼ご飯です。398円の「行楽むすび御膳」という弁当です。異様に高いコンビニ弁当よりはいいですね。


(朝ドラの再放送を見ながら泣きます。)

またしても予約がゼロです。

夜の仕事の予定がなくなりました。相談の予約がないということはいいことですね。


これから長男を散髪に連れて行きます。丸坊主になって恭順の意を表せば、師範の長男を見る目が変わるかもしれません。

散髪屋さんの抵抗

連日、私と長男がお世話になった散髪屋さんですが、「丸刈り。1枚の半分で。」と言うと、変な顔をしましたね。


まず、聞き間違いであった場合、バリカンを入れた後では取り返しがつかないので、必ず、確認されます。しかも、「1枚の半分」がどういうものか知っているのかも確認されます。


次にバリカンを入れても、今なら間に合いますよといった感じで、ジワジワ刈っていきます。長男に言わせると、途中の髪型がモヒカン刈りになっていたそうです。侍のような髪型とも言っていましたね。そんな髪型で散髪が終わったら、それこそ問題です。


最後に、「これでよかったですか。」と確認されます。昨日の長男の場合は、「坊主は初めて?」と聞かれていました。哀れなものを感じているのかもしれません。長男が「何回もやっている。」と答えると、店長さんは満面の笑顔になり、長男にペロペロキャンディを1個渡していました。


さて、長男の担任の先生が、「息子さん、何かありましたか。」と電話をしてこられるでしょうか。長男には、聞かれたら正直に話し、必ずお父さんも同じ頭になっていると付け加えておくよう指示しました。

責任能力について(2)

責任能力について論じ始めたからではないと信じたいのですが、責任能力をもう一度勉強しなければならない事態に直面することになりました。


昔、公判で責任能力が争われている事件を担当したとき、さっぱり分かりませんでした。特に「電波が飛んできて、命令された。」という被告人の説明には参りましたね。しかし、ドキドキしているのは私だけで、裁判官、鑑定人の医師は全く動じていませんでした。


もう少し頭を整理して、法的なことを書きたいと思います。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-