Entries

年賀状もいろいろ

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


今年の元旦は、年賀状の配達が例年よりも早かったように思います。いつも思うのですが、年賀状もいろいろですね。


表も裏も印刷で済ませているものがあります。全く同じ内容の年賀状(当然、宛先は違います。)が何通もあるわけで、もらって嬉しいものではありません。日頃会っていなくて、年賀状のやり取りで、お互いの現状を知る間柄の場合は、何か一言必要ではないでしょうか。


これとは対照的に、手書きの文字が並んでいるものがあります。その人柄を思い出す瞬間があります。


印刷であっても、近況を細かな字で詳細に書いているものもあります。大概は、自分の活躍ぶりが記載してあるのですが、老眼が出てきた私には辛くなってきました。今年は、この形式で毎年もらっていた年賀状1通がないはずです。


子どもの写真を印刷しているものが多いですね。私は、そこまで親バカになれないなと思っていましたが、いつの間にか、このパターンになっていました。


メールアドレスが書いてある場合は、当然メールをしても問題がないはずですから、メールをしています。返事がくるとは限りませんね。

辞めたの?

年賀状を見て、驚いたことがあります。昨年末をもって、同期の検事が退官していました。




人格識見ともに優れ、これまで扱った事件はもちろん、経歴等からすると、同期のエース的存在であり、検事総長は無理でも、検事長は間違いないと思っていました。




司法修習生になりたてのころですが、自己紹介をさせられました。席順が始めの方であった私が、「検事になりたいと思っています。」と言ったところ、後方にいた彼も同じ発言をしたのをはっきり憶えています。




自宅起案の日などは、寮の近くの銭湯に開店早々に行くと、彼もやってきました。前を隠すことなく、浴室に入ってくる日本男児でしたが、それほどの一物ではなく、やんちゃそうな一物でした。




まずは、ご苦労様と言いたいですね。そして、余人を交えることなく、1対1で酒を飲み、ゆっくり思い出話をしたいと思っています。

年賀状もいろいろ(2)

やっと年賀状を書き終えた不届き者が書くのも気が引けますが、続きをあえて書かせて頂きましょう。


まず、差出人の郵便番号が書いてないものがありました。郵便番号を確認してまで返事を書こうという気になりません。郵便番号だけなら許せますが、差出人の住所、氏名等の記載がないものもありました。かろうじて写真に写っている子どもの服に書いてある苗字が読みとれますが、この種のおふざけは大人のすることではありません。


宛名がラベル(シール)になっているものがありました。年賀状について知り合いと話していたら、「管財か?」と言っていました。


破産事件では、裁判所の手間を省くため、債権者に手紙を発送する際の宛名シールを用意しないといけません。そのことを連想したのでしょう。ところで、裁判所は、こちらが書類をミスすると、「訂正印を押しに来て下さい。」と言います。もちろん、印鑑をもって裁判所に行きます。ところが、裁判所がミスした場合、どんなに近くに事務所があっても、訂正印を押しに来ることはありませんね。一度、裁判所がミスし、訂正した書類を取りに来るよう言われ、それが気に入らない書記官だったので、「送っておいで。」と言ったら、何と特別送達で送ってきました。


京都の場合、住所が長すぎますね。どこで区切っていいのか分からず、ビルの名前等を書いていたら、宛名は差出人のところになってしまいました。


今年の年賀状で、マラソンをしている方が多いのに気付きました。

駅伝

正月は駅伝の中継を見てました。年末にあった高校駅伝では、地元の興譲館高校が優勝し、やーさんのような監督が喜んでいる姿を見て、感動しました。


ところで、駅伝は、途中で棄権すると、次のランナーに襷をつなぐことができません。選手は、すごいプレッシャーを感じているはずです。ときどきレース当日に交代する選手がいますが、そのプレッシャーに負けたのでしょうか。


私が受験生のころ、同じ受験生の親類の家で、箱根大学駅伝を見せてもらったことがあります。母校の選手が送れ始めると、ボロクソに言っていましたね。敵にすると恐い存在だと思いました。今では見なくなりましたが、LD(レーザーディスク)で映画を見せてもらいました。


ところで、駅伝は司法試験に似ているように思います(こじつけですね)。


まず、周囲の者が、完走すること、つまり、試験に合格することを期待してくれています。このプレッシャーはきついですが、その期待に答える義務があります。


次に、各選手を、試験の各科目に例えることができると思います。途中棄権のような事態が生じたら、その後、どんなに頑張っても、記録として残りません。試験では1科目で落ちます。また、これまでの経験から、下り坂は転倒するかもしれないから注意しようと自分に言い聞かせ、本番に臨んだはずなのに、転倒する選手がいました。試験では何が起こるか分かりません。転倒しても、諦めなければ挽回できます。


最後の最後は、この御時世で言うのも何ですが、精神力が勝負の分かれ目です。


箱根駅伝のシード権を獲得することの重要性は、素人の私が心底分かっているわけではありません。今回の箱根駅伝では、シード権を争い、4校がゴールを目指していました。ところが、1校がコースを間違えました。その瞬間、この学校は終わりだなと思いました。しかし、よくあそこから巻き返したなと思いましたが、先にいた選手を追い抜いて、ゴールしていました。「シード権を獲得するんだ。」という気持ちが強かった選手が生き残ったのだと思います。競り合っていた選手がコースを間違い、その瞬間、「やったあ。」と油断したわけではないでしょうが、最後まで気を抜いてはいけないということです。何が起きるか分かりません。


同じくらいの力の者が受験する場合はもちろんですが、火事場の馬鹿力が出て合格するかどうかは、試験に合格したいという気持ち(熱意)で勝っているかどうかで決まると思います。


それから、外国人の走りはすごいですね。高校駅伝を見ているときから、そこまでして勝ちたいかと思いました。司法試験で例えると、どんな問題が出ても軽々と合格していく、一部の受験生でしょうか。普通はあの外国人の走りには勝てませんから、マイペースで地道に勉強することが合格への近道だと思います。






そういうことだったの?

知り合いからのメールを読んで、「本当かいな。」と思いました。ところが、今朝の朝刊にその記事が載っていました。



「そういうことだったの?」と思いました。




検事長、検事総長ではなく、総理大臣を目指すのかあ?その前に、法務大臣になって欲しいな。議員の経歴がそこそこあるだけの無難なおばさんが法務大臣になっている光景が目に焼き付いており、国会の答弁の際に、知り合いの大臣秘書官が苦労していました。




しかし、こうなってくると、衆議院の解散もそんなに先の話ではなく、民主党政権も終わりだなと思えてなりません。

証人適格

まだ、正月の休みモードが続いています。来週の連休明けには、仕事モードになる(しないといけない)と思っています。


ところで、明日は興味のある刑事事件の審理がある予定で、これを傍聴しようと思っています。事案の内容は、弁護士が、国選弁護報酬を過大に請求し、法テラスから金員を詐取したとして詐欺の罪で起訴されているもので、制度の内容をよく理解していなかった、詐欺の故意はなかったと否認しています。


弁護士にとって大事な報酬に関する制度をよく理解していなかったというのが本当ならば、「大丈夫か。」と言いたくなりますね。これが、また元検察官というのですから、開いた口が塞がりません。


ところで、この事件の審理では、知り合いが証人になるため、多少心配しています。「証人の心構え」と題する書面を渡しておきましたが、私自身、証人尋問や被告人質問をしたことはあるものの、幸いなことに証人になったことがないのです。したがって、証人になったら、緊張すると思いますね。


今回は、被告人が無罪か有罪かを決めるための証人であり、被告人はいい人ですと証言するための、いわゆる情状証人ではありません。正直に話すことが一番大事です。また、証人の人柄は尋問していたら、自然に分かるものです。


以前に裁判員裁判を傍聴していたら、弁護人が申請した情状証人に対する検察官の反対尋問の中で、情状証人の前科を確認していることがありました。その尋問の口調から、検察官が証人の前科を照会していることは明らかでしたが、普通の刑事裁判を受けたことがあるとしか思えない尋問の内容で、最後は証人も前科があることを認めていましたね。


弁護人としては、証人になって頂くようお願いする際、「失礼ですが、前科はありますか。」と確認するのは気が引けますが、時々、怪しい人間がいますから、ビビッと感じるものがないといけない場合があるかもしれません。


検察官としては、そういう証人が、今後、被告人を本当に監督していけるのか疑問であると主張したかったようですが、弁護人は、そういう(前科がある)人間だからこそ、被告人の気持ちを理解し、監督できるのだと切り返していました。


明日の証人には、そのような心配は要らないはずです。質問をよく聞いて、短く答えるようにしましょう。



自分の依頼者にとって不利なことも尋問しておくこと

尋問する機会があれば、自分の依頼者にとって有利なことは誰もが聞きます。聞かなくても、依頼者の方がベラベラしゃべってくれることもあります。


しかし、大事なことは自分の依頼者にとって不利なことも尋問しておくことだと思います。このことは、刑事事件であっても、民事事件であっても変わりはないと思います。



(証人尋問か被告人質問か別にして、)自分が先に質問する立場にあるとき、質問される方との間で、事前に打ち合わせをし、問答をします。その中で、自分の依頼者にとって不利なことも質問しておかないと、相手から突然追及された場合、依頼者がしどろもどろになってしまうことがあり、最終的には、この人が言っていることは信用できないと判断されるおそれがあるのです。少なくとも、「この点は貴方に不利なところであるから、相手は必ず質問してきますよ。」と注意喚起をしておくことを忘れてはいけません。


困るのは、そのような注意喚起をした際に、「どう答えたら、いいのですか?」と質問されることです。裁判は自分の依頼者のためにやっているのですが、最低限のルールがあるはずです。そのルールを無視して裁判をすることは、法律家としての信頼を欠くもので、絶対に避けるべきものと信じています。ですから、私は、客観的な事実に反しない限りにおいて、「貴方の記憶にあるとおり、話をしてくれたらいいですよ。」と答えるようにしています。


逆に、後から質問する立場になったときは、いくつかの地雷を仕掛け、どういう答えをしても、必ず1つは地雷が踏むように仕組んでいます。そして、最後は、地雷を踏ませ、不愉快な思いをさせたことを詫びます。これが、私の流儀です。



ブログを書くということ

ブログを書くということは、文章を書くことが好きな私にとっては自己満足の面がありますが、やはり、1人でも多くの方に読んで頂きたいという気持ちが強いです。


今回、私のブログを読まれた方から、貴重なコメントを頂戴しました。つまり、文章の内容が難しいということであり、これは、ブログを書き始めた当初から、友人に指摘されていたことです。


そして、裁判員裁判において、裁判員の方から、弁護人の主張が分かりにくいとの意見を頂いているところであり、法律家の自己満足で終わってはいけないと身に染みています。この点、検察官の主張が分かりにくいとの意見はないようで、実に悔しいです。もっとも、弁護人が、分かりやすい主張をしたら、弁護にならない事案があることも御理解頂けると有り難いのですが…。


今後は、より一層分かりやすい文章で起案することを心掛けます(「起案」という表現は大丈夫でしょうか。)。お読みになって、何か疑問な点がおありのときは、御指摘頂ければ幸いです。なお、ときどき(?。しばしばでしょうか。)誤字がある点はお許し願います。

刑事裁判傍聴記

知り合いが証人になっている事件の裁判を傍聴してきました。どうして証人として呼ぶ必要があったのか今一つ分かりませんでした。


知り合いは、証人としての役割を無難にこなしたと言えると思います。証人は、裁判長から、名前を聞かれます。そのとき、「○○○○です。」というように、ですを付けるかどうかで相当印象が変わると思います。


また、今日の法廷では、証人が宣誓書を朗読しているとき(したがって、証人は宣誓書に目を落としていました。)、裁判長が、宣誓書を朗読する証人をじっと見ているのが印象的でした。信用していい人間かどうか、瞬時に判断しているのかもしれません。


司法試験の口述試験を受験するにあたって、受験予備校で口述試験の体験版をしてもらったことがありますが、「出来が悪いなあ。」と言われて落ち込んだ記憶があります。また、試験委員は、受験生が入室するときから退室までを見ているとアドバイスされ、本番で試験室から退室する際、本当かなと思い、ちょっと振り返ったら、試験委員と目が合ってしまい、まずいなと思ったことがあります。


そのような経験を生かし、司法修習生の指導係になった私は、司法修習生が検事正の許に決裁に行く際、退出するまで気を抜かず、検事正にお尻を見せないよう、海老のように下がってこいと指示したことがありますが、後で、検事正から、「変なことを教えるなよ。」と叱られました(目が笑っていましたけどね。)。



イナズマイレブン必勝弁当です

オグちゃんのブログ-110107_202325.jpg

長男のために予約して買いました。 1200円でした。喜んで食べてくれたので、満足しましょう。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-