Entries

痛風について

検察官になって半年ほど経ったころでした。当時の私は、始発電車に乗って役所に出勤し、最終電車に乗って官舎に帰って寝るという繰り返しでした。担当している事件を処理できるか不安で、売店にパンを運んでくる業者さんと一緒に役所に入っていました。


午後5時を過ぎれば、役所内でビールを飲んでも文句を言われない時代で、調べが終わると、ビールを飲みながら、中華定食を食べていました。ある日、足がつったのかなと思い、診療所に湿布薬をもらいに行ったら、血液を採取されました。診療所の先生は、その原因を察していたようです。検査の結果、尿酸値が高く、痛風であると診断されました。決して贅沢をしたわけではありませんが、不規則な生活が原因であったことは間違いありません。


そして、公判部に異動したところ、室長と妙にウマが合い、新しいビールが発売されると、必ず350ミリのものを購入して、部屋に備え付けてある冷蔵庫に補充していました。そのため、公判部でも痛風の発作が生じ、足を引きずりながら、裁判所に行ったことがありました。今で言う、反社会的勢力の組長の公判を担当していたときのことですが、組長から、足を引きずって歩いていた私は「検事さん、痛風でっか。わしも痛風持ちですわ。」と言われたことがありました。何気なく見た、その組長の首の後ろの肉がたるんでいたので、私は、「同じ痛風でも、あそこまでひどくないよな。」と自分に言い聞かせました。

 

最近では、発作が出そうになると分かります。うまく言えませんが、足の親指にある血管の中を、針を持った小さな悪魔がうごめいて、チクチクやってくれます。一旦、発作が出ると(トムとジェリーの漫画で言うと、金づちで足を叩かれて腫れ上がっている状態です。)、靴下を履くのも難儀し、痛み止めの薬を飲み、湿布薬を貼り、ひたすら痛みが引くのを待ちながら、今度こそビールを飲む量を減らそう(決して飲むのをやめようとは思いません。)と心に誓うのです。痛風とも長い付き合いになりましたね。

痛風について(2)

足をくじき難儀をしていることを書かせてもらいましたが、どうも痛風の発作が出ているようです。


今回は、くじいて何日か経過して足の指が内出血していましたから、骨折かもしれないと思い、恐々整形外科に行って診てもらいました。1週間経ってこの腫れで、レントゲンを見てもヒビが見当たらないので、骨折はないと思う旨診断され、ホッとしていました。しかし、どうも痛みがとれず、その痛みの感じが痛風ではないかと思えてきました。内出血に気を取られていました。


しかし、今は禁酒していますし、きちんと薬を飲み、湿布も貼っていますので、今週中には普通に歩けるようになるのではないかと思っています。体調を万全にして、○○○○○の本番に臨まないといけません。


大河ドラマ龍馬伝の最後で、龍馬が暗殺されるまでのカウントダウンをするようになりましたが、私の場合は、後1週間です。

その他の持病

最近は症状が出ないのですが、公判が終わった後、頭がグルグル回って歩くことができなくなったことがあります。診療所に行くのも大変で、壁をつたって歩きました。先生が得意とする点滴を射ってもらっても効果はなく、頭がグルグル回って吐き気が続き、大学病院に行って検査しました。結果は「メニエール病」と診断されました。


よく分からない事件をやっていて、弁護人から「今日の尋問は必要なかったですね。」と痛いところを突かれ、カッとなったのがきっかけでした。それから、嫌な事件の公判の前になると、またおかしくならないかと心配しています。


もう一つは、ある日、目がおかしくなって、町の眼科で診察してもらったら、「これは大変だ。入院する覚悟をして。大きな病院を紹介するから。」と言われ、完全に萎えた気持ちで紹介された病院に行ったら、何時間も待たされ、「角膜ヘルペス」と診断されました。眼科から皮膚科に行って、また、眼科に戻り、薬をもらいましたが、目の球が取れそうな感じでした。疲れが溜まってくると、目に違和感があります。ひどくなる前に病院に行くようにしています。


結局、私が小心者であるが故の持病だと思っています。すでにお分かりかと思いますが、緊張するとお腹をこわします。トイレがない長距離バスは利用しないことにしています。

再び禁酒です。

今回の禁酒は、仕事に気合いを入れるためのものではありません。


何かを感じるのです。何か?、痛風の発作ですね。右足の指の付け根と甲が痛いです。もっと痛みがひどくなると、靴を履くのも難儀します。早速、痛み止めの錠剤を服用しました。


そういえば、先月の○○○○○が終わってから、調子に乗って飲み過ぎました。問題は、いつまで禁酒するかですが、今月末までということでいかがでしょうか。

左耳が不調です。

左耳が詰まった感じがあって、不調です。


2日前になりますが、耳栓をして弁論要旨を起案していたところ、電話がかかってきたので、耳栓を耳から抜いたときから違和感が続いています。モワーンとしていて、不愉快な気分です。


子どもがお世話になった耳鼻科に行こうとしたら、木曜日は午前午後休診となっていました。明日の午前中まで我慢します。

ちょっと恐いです。

これから耳鼻科に行って左耳を診てもらうのですが、ちょっと恐いです。緊張して、お腹の調子も今一つです。


子どもを連れて行ったときは、気楽でした。正直な気持ちを言わせてもらえば、かなりびびっています。

絶不調です。

昨日の夕食後、すさまじいお腹のこわし方をし(勢いよく放水する感じでした。)、今朝になって、体のだるさ、関節の痛さが増して、熱が上がってきましたので、内科の先生に診てもらってきました。


久しぶりに点滴を打たれました。これで少しは元気になると思います。点滴の最中に腹痛が襲ってきたらどうしようと心配でしたが、そのことを看護師さんに打ち明けると、「いつでも呼んで下さい。」と言ってもらえたので、気は楽になりました。


先生によると、胃腸が弱っているときに、昨日の夕食の親子丼が良くなかったとのことでした。後日、悪の元凶となった親子丼を紹介させて頂きます。味付けも甘めで、私好みの絶品でしたから(長女は、私よりも多くの量を食べていました。)、非常に残念です。今日は水分補給をするだけで、絶食しなければいけません。飴を舐めてなさいと言われました。これで体重が減りますね。


とりあえず、明日の朝までにお腹の調子がよくなってくれさえすれば、大事な講演を終えることができると期待しています。皆さんも体調管理に御注意下さい。

献血について

嫁さんが、昨日の午前中、自動車運転免許証の更新のため、免許センターに行きました。帰宅後、もらった真新しい免許証を私に見せ、「ICカードになったよ。」と自慢していました。免許証の写真を見ると、結構まともな顔で写っていました。


ところで、免許センターに献血のバスが来ていたので、献血したそうです。献血の話を聞いて昔と変わったと思いました。朝ご飯を食べてないと言うと、おにぎりが出たそうです。それから、お土産に煎餅、スポーツドリンク1本、紙パックのジュース2本、絆創膏、それから献血の広告が載っている歯ブラシをもらって帰ってました。所要時間は約15分でした。昔は、ジュースだけではなかったでしょうか。


夕方、嫁さんが腕に絆創膏をしたままの状態でしたので、「どうした?」と聞くと、「絆創膏を取ったら、血が流れ出てきた。」と言うのです。嫁さんの右肘の内側には、ごっつい内出血がありました。相当太い針を使うのですね。


お土産の多さに心を奪われそうになっていましたが、やっぱり献血は恐いです。私の場合、両腕ともに血管が細く、点滴の際、下手な看護師さんにあたると、何度も注射針を刺したり、抜いたりで、地獄の思いをさせられた上に、ごっつい内出血ができるのです。見方によっては、薬物中毒のおっさんと思われるかもしれません。


そう言えば、昆虫採集用の注射器を使って薬物を自分に注射しようとしているところを子どもに発見されたおっさんが、「昆虫採集ー。」と言って誤魔化そうとした話を耳にしたことがあります。


休肝日について

先日献血をした嫁さんに血液検査の結果が郵送されてきていました。肝臓の数値が尋常なものではなかったらしいです。しかし、そんなことで落ち込む嫁さんではありません。


私は、体のどこかにガタが来ていると思っているので、健康診断は受けません。役所に勤務し、健康診断の受診が義務となる直前に運良く退職して以降、健康診断を受診したことはないのです。


ところで、今日から、来月に控えている裁判員裁判に備え、休肝日に入ることにしました。この裁判が終わらなければ、年を越せません。


これまでは禁酒にしていましたが、どうしても酒を飲まなければならないと思われる日が何日か予想されますので、言い訳ができるように休肝日にしました。なお、今朝、体重を測定したら、74・5キロでした。それなりに体重は落ちると予想しています。

陰性でした。

喉がイガイガし、鼻水がタラーッと垂れてきていたので、痛風、高血圧等の薬を頂くついでにインフルエンザの検査をしてもらいました。


鼻の中に検査棒を入れられましたが、嫌なものですね。陰性という結論が出るまでに多少の時間があり(覚せい剤かどうかの簡易検査を連想しました。)、「一応陰性ですが、熱が出たら、また来て下さい。」とのことでした。


子どもが通う小学校でもインフルエンザが流行しているようです。必ずもらって帰ってきます。怒るわけにはいきません。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-