Entries

餃子の王将列伝(平成28年・1)

平成28年8月1日になり、「餃子の王将」では毎年恒例のぎょうざ倶楽部カードのスタンプを集める時期が始まりました。



早速、昼に冷やし中華を食べてきました。このことを知る人は極少数です(ブログに書いたら、おしまいですが。)。





私と同期は、夕方からの全員協議会に出席する予定にしていました。同期が出席する意欲を無くし、先日私が民事裁判で当事者双方の尋問を担当したことの労を労いたい、そのためには8月1日になった以上は「餃子の王将」に行くしかない、オグちゃんも行きたいでしょうと言い張るものですから、私は全員協議会を途中で抜け出し、同期、若手の人と一緒に「餃子の王将」に行きました。

昨年よりも1か月早く、ナスと豚肉の味噌炒めが登場しました。今月のフェア対象商品です。昨年は「秋ナスと豚肉の炒め物」となっていました。まだまだ秋は遠く、うだるような暑さが続いていますので、秋ナスの時期ではないものの、とにかくこの一品は美味いです。

この日は食が進みませんでしたが、同期のな計らいに感謝し、スタンプ集めが始まったことを実感したのでした。

続きを読む

餃子の王将列伝(平成28年・2)





平成28年8月4日、家族5人で「餃子の王将」に行きました。独自のメニューとして、大盛りの料理を用意している店舗です。久しぶりに行ったら、座席の模様替えしており、座敷席のいくつかがテーブル席になっていました。体育の授業中に足を捻挫し、ギブスをしている長女のためにテーブル席にしてもらいました。

注文したのは、びっくり天津丼上)、餃子ボール(下)、餃子5人前などでした。びっくり天津丼は5人前です。写真では、5人前であることがうまく伝わりません。工夫すべきでした。しかも、グリーンピースが3個しか載っていませんから、写真を見た司法修習生が3人前と思うのは経験則に適っています。餃子ボールは公募した料理のようです。

長男には、腹を空かせておくように厳命していましたが、我慢できずに間食していました。しかも、勉強しなくていい高校に行って、「餃子の王将」でアルバイトをすると言い出したので、この家族は終わっていると痛感しました。餃子1人前無料券を使ったところ、食事代がごっそり減り、その影響で、もらえるスタンプの数も減ったのでした。

ところで、5日(金)にパソコンの調子がおかしくなり、数日コンセントを抜いた状態で放置していたら、復活していました。いつ爆発するか分からない爆弾を抱えているようなものです。今日は予想最高気温が37度となっていました。涼しいところで、高校野球とオリンピックのテレビ中継を観ることができたら幸せです。

餃子の王将列伝(平成28年・3)









平成28年8月19日、若手の人、司法修習生(N君)と一緒に「餃子の王将」に行きました。途中、パンクした自転車を押しながら歩いていた別の若手の人に遭遇したため、彼にも付き合ってもらい、計4人で大いに盛り上がったのでした。

レモンのタレがかかっている鶏の唐揚げ、ムーシーロー、前回来店した際は角煮が品切れで注文できなかった角煮チャーハン、そして、今月のフェア対象商品であるナスと豚肉の味噌炒めなどを注文しました。私が飲み過ぎないよう、N君が気にかけてくれ、いい気分になったところでお開きとなりました。この日はぎょうざ倶楽部のスタンプが予想していた以上に貯まりました。

餃子の王将列伝(平成28年・4)



平成28年8月26日、気心の知れた6人の方と「餃子の王将」に行きました。私が通っている店舗は席数の関係から8名までしか予約できないので、宴の日時が決まった途端、幹事役をして下さっているMさんが予約をしてくれました。ところが、午後4時頃から天候が怪しくなって、大雨・洪水警報が発令され、豪雨速報が届き、ついに土砂降りになったのでした。ある人は顧問先のタクシー会社に連絡したものの、配車できるタクシーが無かったと言い、ある人はコンビニエンスストアに行って使い捨て傘を買おうとしたら、一種類だけしか置いてなく、しかも値段が高かったと言っていました。それでも、何とか全員が参集し(私は)、大いに盛り上がりました

今回の写真はど真ん中のストライクといえる餃子3人前になります。若い人は、よく飲み、よく食べますね。ぎょうざ倶楽部のスタンプが40個貯まりました。「餃子の王将」のホームページでは、スタンプを40個集めたらもらえるプレミアムカードのデザインが発表されています。事前に入手していた情報通り、くまもんの図柄が載っていますが、餃子のイラストも欲しかったです。プレミアムカードとの交換は9月1日からですが、それまでもスタンプが40個貯まった券を提示したら、飲食代を7パーセント引きにして頂けるそうです。

幸いなことに帰りは雨が止んでいました。どこかでトイレに行きたいなあと考えていたら、先程別れたばかりのあばら家さんに遭遇しました。




宴に出席してくれた人が、盆休みを利用して台湾に旅行したとのことで、その際の写真をもらいました。「千と千尋の神隠し」と関係がある建物のようですが、私には「遊郭」に見えました。何人かで一緒に歩いていても、客引きに声をかけられる人は決まっています。私がそのパターンでした。




同月27日、ブログを書いていると、司法修習生のN君から、新幹線に乗ったところですとのメッセージと一緒に、あなご弁当の写真が送られてきました。「餃子の王将」だけでは芸がありませんので、N君が戻ってきたら、バッテラを食べに行きたいと思っています。

餃子の王将列伝(平成28年・5)



平成28年9月1日、ぎょうざ倶楽部のプレミアムカードとの交換が開始されたため、既にスタンプ40個を貯めていたので、早速「餃子の王将」に行ってきました。

若手の人が、私がカードと交換するところを見たいと言われるので付き合って頂いて(なお、東京から戻って徒歩で帰宅している同期にも遭遇し、悪いことはできないと思いました。別に悪いことをしているわけではありませんけどね。)、餃子2人前、鶏の唐揚げ(ミニサイズ)と瓶ビール1本を注文して、男の店員さん(あんちゃん)にカードと交換してくれるよう頼んだら、「会計のときに。」と断られました。この男の店員さんは、会計のときにカードと交換したら、レジが混んでいた場合、他のお客さんに迷惑がかかったり、割引率を間違う(7パーセントの割引とすべきところを5パーセントにする。)おそれがあることを考えていなかったと思われます。そこで、女の店員さんにカードと交換してもらいました。

スタンプを集めるのに多大なる協力をしてくれた同期、若手の人用に持ち帰りの生餃子を購入し、レジに行くと、先程カードと交換してくれた女の店員さんが対応してくれたので、私はこれ見よがしにカードを提示すると、ニヤッと笑ってくれました。私も、ニヤッと笑い返したのでした。

例年ですと、近いところで、スタンプ倍押しキャンペーンを開催するはずですから、そのときは燃えると思います。

餃子の王将列伝(平成28年・6)





平成28年9月16日、兄と慕っている方と「餃子の王将」に行ってきました。餃子1人前無料券がないのに餃子を注文したところ、良い焼き加減の餃子が供されました。ヘナヘナの餃子よりは、少しは焦げて皮がパリッとした餃子が好きです。かに玉(甘酢あんかけ)と炒飯を注文して、食するときには天津炒飯の状態にしました。

兄と慕っていると言いつつ、最近、不義理をしているので、若干戸惑いがありましたが、実際にお会いすると、お互いに歳をとったことは否めませんが、昔の話で盛り上がりました。また、つい先日亡くなった方の話題にもなりました。病魔に冒された姿は昔の面影を失わせましたが、最後の最後まで病魔と闘っておられました。委員をされたり、法科大学院で教鞭をとられるなど、立派な功績を残されたと思います。


折しも私が「餃子の王将」にいる時間、地元の法科大学院出身で、今年度の司法試験に合格した人らの合格祝賀会が開催されていました。私は、そのようなおめでたい宴には似つかわしくない人間ですから、顔を出すのは控えました。しかし、合格祝賀会に出席した若手の人から、彼が撮影した写真を見せてもらいました。懐かしい顔もあれば、顔つきが変わったように思える顔もあり、さらには、議員の先生の顔までありました。

続きを読む

餃子の王将列伝(平成28年・7)



平成28年9月18日(日)の午後、いつもの若手の人より「少し若手の人」と一緒に、児島に行きました。目的地が児島競艇場のすぐ近くで、いきなりボートの爆音が聞こえ始めてレースが開催中であることを分かったので、仕事はそっちのけで写真を撮影しました。突然私が視界から消えたので、「少し若手の人」が戸惑っていました。私が司法修習生の当時、検察実務修習で児島ボートを見学したことがあります。昔は修習の時間に余裕があったためか、いろいろな施設見学がありました。




当初から、児島での仕事を終えたら、「餃子の王将」に行くことになっていましたが、若手の人がレンタカーを借りていたので、いつもは利用していない店舗に行くことにして、東岡山店を目指しました。私らが到着したときは空いていましたが、午後5時を過ぎると、家族客で賑わい、それなりの待ち時間が必要となりました。「餃子の王将」は待ってまで食べるところではないと思います。油淋鶏を注文しました。パリパリの皮が大好物です。



この店舗は定食類の品揃えが豊富です。コロッケ定食、ほうれん草定食なるものまで揃っています。



しかし、いつも無難なサービスランチに落ち着くのです。肉団子の甘酢が好きですし、鶏の唐揚げもその甘酢を付けて食します。若手の人と分けて、完食しました。ただし、この日は何を思ったか、紹興酒(小)を注文し、これがかなり効きました。楽しい一日でした。

餃子の王将列伝(平成28年・8)



平成28年9月23日、真の友であるSさん、その軍団2人の計3名と一緒に「餃子の王将」に行きました。軍団2人のうち、1人は元々酒が飲めない方でしたし、もう1人は私と初めて会ったためか、緊張されており、酒が進みませんでした。そうは言っても、私とSさんはそれなりにビールを飲みました。揚げそばはボリュームがあり、これ一品でお腹が満たされます。なお、先日、中華丼を頼んだ客が、「うずらの卵を抜きで。」と言いました。私にとっては、うずらの卵は貴重ですし、わざわざうずらの卵を抜いてもらわなくても、食べなければいいのにと思ったのでした。






同月27日、ひで坊主さんらと「餃子の王将」に行きました。昔話で大いに盛り上がり、これからもお付き合い頂けたらと思ったのでした。この日はポークシュウマイを注文しました。



同日、司法修習生N君と交わした約束を果たすため、お寿司屋さんに行って、バッテラを買いました。カウンターに男性の客1人がいて、私はバッテラが出来上がるのを待つ間、出されたお茶をすすりながら、大将とその客との話を聞いていました。話の内容からすると、その客は脳梗塞に罹患されたことがあるようでした。私が「私の場合は心筋梗塞です。3年と少し前のことです。」と答えたところ、一瞬妙な空気が流れました。N君によると、肝心のバッテラは美味しかったそうです。

同月28日の朝、体重を測ってみると、何と68・2キロになっていました。減量しないといけません。しかも、iPad miniで使っているカレンダーのデータが完全に消えてしまいました。奇跡の復活はないようです。便利になっても、何かあったら落差が激しいです。

餃子の王将列伝(平成28年・9)





平成28年10月9日夕方に散髪して丸坊主になりました。一番若い兄ちゃん(あんちゃん)が顔剃りができる立場になったようですが、ちょっと雑でした。しかし、顔剃りに失敗して出血すると、血をサラサラにする薬を服用しているので大変なことになりますし、最後は肩をパコパコ叩いてくれたのが気持ちよかったので、合格点をあげたいと思います。

散髪した後、「餃子の王将」に行きました。もちろん私一人でしたし、今月初の「餃子の王将」でした。お目当てある期間限定メニューの国産若鶏ときのこのバター醤油炒めを注文しました。ところが、厨房に注文が入ったことを通す際、店員さん(おねえちゃん)が何と言うべきか悩んでいました。その事実は余り注文がないメニューということを示しており、期待度が下がったところへ、料理が運ばれてきました。バター味が「餃子の王将」のイメージとマッチせず、今一つでした。しかし、若鶏には皮も付いていたので、この点は評価できました。結局、単に「きのこ」と言って、注文を通していたのが印象に残りました。



10月に入ってメニューが変わっていました。初めて見る料理の中から、肉盛りチャーハンを注文してみました。半熟たまごも載っていて、ボリュームたっぷりのチャーハンでした。それから、持ち帰りのメニューに揚げ餃子が増えていました。



会計は、いつものおねえちゃんが担当してくれました。苦手な店長でなくてホッとしました。いつもの通り、私が提示したぎょうざ倶楽部のプレミアムカードを見て、一瞬驚いてくれただけでなく、前述したきのこの料理について、「今一つだったけど、美味しかった。」という矛盾に満ちた私のコメントを真摯に聴いてくれていました。なお、無料券の持ち合わせがないので、餃子は注文しませんでした。どこまでもせこい性格なのです。

明日は自宅のロフトに籠もる予定です。仕事場の家庭ゴミは持ち帰って、自宅近くのゴミ収集場に出すことにします。

餃子の王将列伝(平成28年・番外編)



平成28年10月18日、司法修習生のN君から、(司法研修所がある最寄り駅近辺にあると思われる)「餃子の王将」に行った旨のメッセージが届きました。丁寧にレシートまで添付されていましたので、その内容を確認したところ、餃子1人前の値段が高く、東日本と西日本ではそれが違うことを実感したのでした。西日本に住んでいてよかったと思うと同時に、せこい私は、餃子無料券を利用するので、どこでも一緒と思いました。なお、生ビール40分飲み放題のコースはないものの、生ビールが1杯100円引きであったそうです。



ついでに、同月19日の私のお弁当を載せておきます。おかずが、おからとポテトサラダで口の中がネチョネチョしました。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-