Entries

岡山の桜(津山「鶴山公園」・真庭「醍醐桜」)

平成29年4月10日(月)、若手のOさん、Fさんが津山で仕事をするのに付き合って、鶴山公園の桜を鑑賞した後、真庭まで足を伸ばしてもらい、有名な醍醐桜を観賞してきました。醍醐桜は前日3分咲きでしたが、見事に満開となっていました。車が渋滞することもなく、見物人の数も少なく、醍醐桜を堪能することができました。

















岡山の桜(真庭・「醍醐桜」続編)

平成29年4月12日(水)、ヤフーのトップ画面に、岡山県真庭市の醍醐桜に関する記事が写真(小型無人機を使って上空から撮影したもの)付きで掲載されていました。これに影響され、続編を投稿することにしました。




私が醍醐桜を見に行ったのは、同月10日でした。醍醐桜が咲いているところは、のどかな田舎でした。車でかなりの勾配があってクネクネした山道を登りました。下ってくる車とすれ違うのもやっとの狭い道でした。場合によっては山道の途中から車が渋滞して、何時間も待たされることがあるらしいです。

醍醐桜しかありませんでした。同じ場所で、秋になれば紅葉を楽しめるかといえば、そういうこともないと思われます。この時期の醍醐桜を楽しむのです。








いろんな方向から醍醐桜を撮影しました。しかも、良い感じで、鶯が鳴いていました。醍醐桜の由来が書かれた看板も撮影しました。







醍醐桜(2代目)もそれなりに立派でした。樹齢1000年ともなれば、初代にいつ不測の事態が生じるか分かりません。









地域の特産品を扱っている直売所が開設されていました。風情のある趣きでした。名前に「醍醐」を使った特産品が多かったと思います。車を運転しない私は、にごり酒を試飲させてもらったところ、その味はもちろん、醍醐桜を写したラベルが気に入ってしまい、記念の意味もあってこれを買い込んだのでした。

岡山の桜(新庄村「がいせん桜まつり」)



平成29年4月16日(日)、午前5時過ぎに岡山からJRの始発電車に乗り、倉敷と新見で2回乗り換えて、中国勝山まで行き、そこから真庭市が運営しているコミュニティーバスに乗って(料金は大人200円均一)、午前9時頃には岡山県新庄村に到着し、「がいせん桜まつり2017」を観てきました。江戸時代に出雲街道の宿場町として栄え、平成の市町村大合併でも合併することなく、新庄村として残っているところです。因みに、村の人口は1000人に満たないです。









新庄村にいる間に気温が20度を超えるポカポカ陽気となり、桜が一気に咲いた感じでした。時間が経つにしたがって、見物客の数も増えました。村の人口以上の人が押しかけていたはずです。




餅まきがありましたが、まかれた餅が桜の枝にひっかかってしまいました。





普通の民家もお茶を出してサービスして下さいました。「がいせん桜」の図柄をラベルに貼った濁り酒を発見しました。蔵元さんが同じようでした。




人力車をひくおじさんに協力して頂きました。人力車に乗ると一緒に写真も撮ってくれるようですが、こちらは料金が必要でした。

続きを読む

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-