Entries

いろんなお弁当

fc2blog_20160607131445eda.jpg



今回は、いろんなお弁当を投稿します。

平成28年6月6日のお弁当です。同期が、さば味噌煮の缶詰を使った料理を作ったそうです(上)。缶詰の汁で茄子とピーマンを炒めてから、さばの味噌にも一緒に炒めたものらしいです。私は茄子を食べたかったのですが、箸で摘んでみると、さばでした。私のお弁当は、味が濃すぎるかに玉、野菜サラダでした。容器の中身を確認しないまま、電子レンジで温めたので、サラダも温めてしまいました。







同月7日のお弁当です。今日から約2週間、弁護修習のために別の司法修習生がやってきました。その子がお弁当を持参していました。普通の場合は、おかずがもう一品あるそうです。私にはカエルの弁当箱が印象的(強烈)でした。

実務修習は約2か月ごとに検察、弁護、民事裁判、刑事裁判を回ることになっています。昔はそれぞれが4か月でしたから、その半分になってしまったわけですが、弁護修習の場合、弁護士との相性が悪いと2か月であっても司法修習生には苦痛以外の何ものでもないはずです。その場合は、当たりを引いたと思って諦めてもらわないといけません。そうはいっても、弁護修習が(良い意味で)思い出に残るものであってほしいですから、少しでも多くの弁護士から指導を受けた方がいいという建前で、2週間だけ里親の弁護士とは違う弁護士から指導を受ける仕組みに変わったのです。今回の司法修習生は、若手の人から私がブログを綴っていることを教えてもらっていたようで、「ブログに弁当の写真を載せてもいいですか。」と確認した際、話がスムーズに進みました。

私のお弁当は極々普通のものでした(中)。最近余ったご飯を冷凍しており、これを消費する必要があるため、わっぱの弁当箱は休日を頂いています。

若手の人は、早速頂き物の素麺をおかずにしていました(下)。しかし、頂いた素麺が半端な量ではないため、本格的に消費できるのはもう少し暑くなって、食欲が落ちてきた頃になるかもしれません。なお、私は、若手の人から素麺2箱をお裾分けして頂き、どうやってこれを食べ尽くすか思案しているところです。

司法修習生のお弁当(1)

弁護修習中の司法修習生のお弁当です。



平成28年6月9日のお弁当です。修習生が「今日は冷凍食品ばかりです。」と言っていました。たしかに、おかずの下に入れてあるもの(正式の名称が分かりません。海老グラタン?)は、私のお弁当にも登場します。長女がこれを好きでした。お弁当箱は、このカエルさんしか持っていないそうです。司法修習生の間は、時間があるのでお弁当を作るとのことでした。実務家になったら、奥さんをもらって、愛妻弁当を持参するようになるのでしょう。



同月13日のお弁当です。おかずの下の方に入っているのは、ピーマンの肉詰めです。司法修習生の知り合いも同じようなお弁当箱を持っているそうですが、そちらは熊さんの形になっているとのことでした。



同月14日のお弁当です。おかずのメインはハンバーグで、彩りを考えてミニトマトを入れたそうです。この前まで、こちらで弁護修習をしていた司法修習生も昼食時に顔を出してくれました。彼はコンビニエンスストアで買ったサンドイッチを摘んでいましたので、私の夢として、弁当を作ってくるようお願いしておきました。

午前5時30分頃から、ある書類を起案していましたが、緊張の糸が切れる出来事が勃発し、やる気が起こるにはなお相当の時間がかかりそうです。そのため、ブログを書きました。

司法修習生のお弁当(2)

平成28年6月20日、弁護修習の最後の日となりました。一応「司法修習生のお弁当」と題するカテゴリーに属する記事は、(2)で終了ですが、実務修習が終わって司法研修所に戻るまではときどき顔を出してくれるそうです。なお、私は個人的なことで機嫌が悪いです。



平成28年6月16日(木)のお弁当です。お弁当について書くことがないのですが、司法修習生が、「ブログを開いてみたら、いきなり自分のお弁当の写真が目に飛び込んでくるのはたまりませんわあ。」と愚痴っていました。



平成28年6月17日(金)のお弁当です。同期、私と司法修習生の3名は、朝一番で裁判所の支部で仕事があり、その仕事が終わったら、私だけ別行動をすることになっていましたので、午前8時30分頃にお弁当の写真を撮影させてもらいました。何だかんだと言っても協力的なところが憎めないです。



そして、弁護修習最後の日となる平成28年6月20日(月)のお弁当です。先週末、地元に戻る用事があった司法修習生は、おかずを作る時間的余裕がなく、最後のお弁当がいつもと余り変わらないものになったことが心残りのようでした。




司法修習生がお土産として買ってきてくれた奈良の「らほつ饅頭」(つぶあん)です。昼食時に供されました。最近、奈良の大仏様にあやかった商品が増えたように思います。同期が、「昔、大仏様がどうしてパンチパーマなのか不思議だった。」と言いました。

今回は、「同月××日」といった書き方をせずに、普通に書きました。答案を添削していて、例えば、平成28年6月1日と書いた後、平成28年6月15日が出てきた場合、これを同年同月15日と書いているものに遭遇することがあります。「書き方を知らないのであれば、知ったかぶりをしないで、普通に書いたらどうだ。」と言いたくなります。日本語のまともな文章が書けていないのに、知ったかぶりをされると最悪です

司法修習生のお弁当(3)



平成28年6月24日の司法修習生のお弁当です。弁護修習を終えて、次の修習が始まり、そろそろ慣れてきた頃ではないでしょうか。弁護修習とは異なり、複数名による修習ですから、何と4人分のお弁当が登場しました。ご協力頂き、有難うございます。ただ、熊さんの形をした弁当箱が見あたりませんね。



同日の私のお弁当です。かぼちゃの煮物、さばの煮物は前日と同じでした。キウイは少し傷んだような色でした。

ところで、午前5時過ぎから雑務を処理し、雨が降り始める前に、接見を終えておこうと思って留置施設に行ったものの、帰りは雨が本降りの状態で、びしょ濡れになってしまいました。しかし、少し嬉しい話がありましたので、自慢になりますが、御披露します。接見を申し込むと、書類に必要事項を記入しなければなりません。被疑者国選弁護事件の場合は、接見の回数を基礎として報酬を算定する仕組みになっていますから、法テラスに提出する書類も一緒にもらって、必要事項を複写するのです。私が必要事項を記入していたら、それを見ていた警察官から「いつも、そんなにきれいな字で書かれるのですか。」と質問されました。自分の名前、仕事場の電話番号、接見を申し入れた日時等を書くだけのことですから、大したことはありません。ところが、それさえも読めない字で書く弁護士がいるそうです。

たしかに、司法試験の答案練習会の答案を添削していると、判読できない字で書かれた答案に遭遇することがあります。考査委員が、法務省の司法試験に関するホームページで、答案は読まれるものと思って判読できる字で書くように注意しています。よく考えてみると、判読できない字で書く受験生は、ある科目1つについて、判読できない字を書くのではなく、受験した全科目について、そうなるはずです。したがって、ほんの一握りの受験生に対して、苦言が呈されているのかもしれません。そうはいっても、1800人も合格者を輩出する試験で、ほとんどが弁護士になること、受験のときに判読できないような字を書く輩が接見の申し込みの際に丁寧な字を書くとは思えないことからすると、警察官の上記の発言も頷けるものがありました。




同月27日の司法修習生のお弁当です。おにぎり3個と決めている方がいますね。今日は、きちんとお弁当の蓋(ガチャピン)の写真が撮られています。私の方は、わっぱの弁当箱に御飯を詰めて持参しましたが、何とパン食でした

それから、午後遅くなって雨が降るとの予報でしたから、午前の早い時間に接見に行ったところ、対応してくれた警察官(先日と同じ方)が改めて私の字がきれいであると誉めてくれました。思わず、にやけてしまいました。






同月29日の司法修習生のお弁当と昼食です。ガチャピンの弁当箱を使っている人は玉子焼きが好物なのかもしれません。5人で1つの班を形成しているようですが、一人だけマイペースの司法修習生がいます。一応健康に配慮して、別にサラダを買うところが好きです。



同日の私のお弁当です。軟らかめに炊いた御飯に海苔の佃煮が合いますね。毎月28日はニワトリの日ということから、ケンタッキーフライドチキンが安くなるため、その日の我が家の夕食はケンタッキーフライドチキンと決まっているようです。その残りがおかずとして登場しました。そして、昨日の午後からどうなるか心配している事柄がありましたが、「ジャングル」と称される人物は無事に野に放たれていました




同月30日の私のお弁当です。右上のおかずは、ほとんどが冷凍食品で構成されていました。そのため、何だか冷たい気持ちになりました。なお、司法修習生のお弁当の写真はありません。

司法修習生のお弁当(4)?

いよいよ平成28年7月になりました。と言いつつ、予約投稿機能を使って、既に2つの記事を投稿しました。



今回は同月1日のお弁当になります。こちらが司法修習生のお弁当です。お世話になった司法修習生が3人いますので、それぞれN君、O君、Wさんとします。いつものようにO君から、お弁当の写真が送られてきました。この写真を見て、少し違和感があったものの、お弁当を作らないでコンビニエンスストアで購入した食材に頼っているN君の昼ご飯が混じっていると思いました。そこで、O君に「N君のは別に要りませんよ。」旨メッセージを送信しました。その後、嫌な間があり、私は「もしかすると。」と思い始めました。悪い予想が的中して、O君から「N君のは入っていませんよ笑」という返信がありました。ですよ。

これまでの傾向によると、N君の昼飯の写真は、他の司法修習生のお弁当とは別に送信されてきました(司法修習生のお弁当(3)を参照)。よく写真を見ておくべきで、そうしていたら、いつもはお弁当を作ってくる司法修習生が今回はコンビニエンスストアの食材にしたのではないかと気付いていたはずです。司法試験やその予備試験の場合も、問題文はよく読まないといけません。あの論点が出たと思い込んで処理すると、とんでもない答案を書く危険があります。仮に、その問題で一応論点にはなるものの、出題者は簡単に触れて欲しいと思っているところかもしれません。

しかし、人間とは不思議なもので、しばらくすると、私はO君にはめられたのではないかと思うようになったのでした。問題文をよく読まなかった自分が悪いのに、問題文が悪いと言っている受験生のようなものです。



一応、私のお弁当の写真も載せておきます。炊き込み御飯を冷凍していたものを解凍し、おかずとどういう配置にして写真を撮るか悩み、結局は、重ねて二段にしました。


県の南部に行って仕事をした件で、その残務処理に追われた一日でした。久しぶりにほっこりさんから電話がありました。新幹線で帰郷中とのことでした。また、サッカーシェンシェイから(ショート)メールが届きました。

Wさんのことに触れていないことに気付きました。街中で会えるのではないかと期待していますよ。

司法修習生のお弁当(5)



平成28年7月4日の司法修習生のお弁当です。おにぎり3個、汁物を持参する方の食事がないのでお休みかと心配しましたが、写真を撮る機会がなかっただけでした。



私のお弁当は、スライスされたトマトが威張っていました。トマトはそんなに好きではないのです。




同月5日の私のお弁当です。お弁当を持参しない司法修習生に炊き込み御飯を持参しようと思いましたが、午前10時頃から午後4時過ぎまでぶっ通しで書面を起案(即日起案)する日で、それどころではないようでした。起案中は私語は禁止ですし、昼飯を食べながら起案しているはずですから、司法修習生のお弁当の写真はありません。私のお弁当には、人参がこれ見よがしに入っていました。人参もそれほど好きではないのです。筑前煮に入っている人参をちょっと摘むのが好きです。

かかりつけの内科の先生に診て頂きましたが、問題は私のやる気のようです。血圧は124、66で、心拍数も異常なしでした。やる気といえば、調子に乗って仕事をしていると、背後から鉄砲を撃つ人間がいます。これが依頼者である場合は、やる気が失せます。夕方から、犯罪被害者の支援に関する研修に顔を出したところ、久しぶりに弁護士1年生の女性と再会し、名刺を頂戴しました。この前まで司法修習生の名刺を持っていたはずです。元気に仕事をされているようで安心しました。何度か彼女の姿は見かけましたが、自転車に乗っていてアッという間に走り去って行くのです。

それから、昨年、法科大学院で非常勤講師をさせて頂いた際、刑事弁護に関する実務を受講した学生で、今年司法試験を受験した者は、全員択一試験に合格していたそうです。合格して当たり前です。全員が最終合格しても不思議ではありませんが、それは無理でしょうか。最近は、通勤時間を利用して司法試験に合格する講座があるようで、その広告を目にする機会が増えました。




同月6日の司法修習生のお弁当です。いつもの4人分になり、ホッとしました。司法修習生が家で御飯を炊いたり、おにぎりを作っている光景を思い浮かべると、ホッとするものがあります。卵焼きも焼くのでしょうね。



私のお弁当です。午前5時頃に目を覚まし炊事場に行くと、タイマーで御飯を炊く準備がされていたので、軟らかい御飯が好きな私は多目の水を足したのですが、普通に炊けていました。今日は嫌いな食材がこれ見よがしに入っていなかっただけで、良しとすべきかもしれません。

仕事場が静かです。これから歯医者さんに行きます。緊張して、お腹がゴロゴロ鳴り始めました。

続きを読む

司法修習生のお弁当(6)

20160708132557b70.jpeg

平成28年7月7日(木)の司法修習生のお弁当です。お弁当を見る限り、皆さん、変わりはないようです。

私は、前日、歯医者さんに行き、歯垢を取って頂いたところまではよかったのですが、歯茎からの出血が止まりませんでした。歯と歯の間に、ブドウ色のこんにゃくゼリーのようなドロッとしたものが挟まっていると思って、これを取ると血の固まりでした。犬歯を抜いたら、この程度の出血では済まないはずですから、抜歯はしたくないです。

これも前日のことですが、突然、iPod touch(第5世代)が起動しなくなりました。すがる思いで、修理センターに行きましたが、本体交換修理で約2万1000円の費用がかかると言われ、それなら新しいものを買った方がいいと思いました。対応してくれた店員さんは、私が言う前に、現在発売されている製品が載っているホームページにアクセスして、「新しいのを買われた方が得かもしれないですね。」と言われました。寿命がきたと諦めるしかありません。

それから、異常な暑さに困惑しています。梅雨が明けたという話を聞いていないように思いますが、気温が35度になっていました。予備試験の論文式試験も暑い中で行われることになるかもしれません。もっとも、試験室内は冷房を効かせてくれるのでしょう。昔は、お上に冷房を使う発想がなく、梅雨が明けて夏本番を迎え、蒸し風呂のような試験室内で答案を書かされ、休憩時間は試験室から追い出されて、受験生が日陰に寝転がっていたものです。


201607081247164e9.jpeg

同月8日(金)の司法修習生のお弁当です。私のお弁当は、おかずが二品しかなく、寂しい思いをしたのですが、O君もおかずが二品は寂しいと賛同してくれました。因みに、O君は、豚肉の野菜炒めを作ったそうです(カエルさんの真ん中)。やっと歯茎からの出血が止まりました。

司法修習生のお弁当(7)





平成28年8月1日の司法修習生のお弁当です。久しぶりの投稿になります。私は嫁さんから干されてしまい、お弁当を作ってもらえない生活を送っていました関係で、司法修習生から返信の形でお弁当の写真が送ってこなくなっていました。しかし、今回は弁護修習で仲良くなった、ある司法修習生がついにお弁当デビューしたそうです。弁当男子の誕生です。

お弁当を作ること自体、あまり期待していませんでしたから、出来上がったお弁当にびっくりしています。おかずは、鶏肉のしそチーズ巻き、パプリカのスパイシー炒め、アスパラの出汁浸し、カニさんウィンナーとなっています。普通はタコさんウィンナーになると思うのですが、買った本にカニさんウィンナーが載っていたので、そちらにしたとのことでした。

さて、いつまで続くことでしょうか。そういえば、毎回おにぎり3個を持ってくる人もパターンを変えたようです。

続きを読む

司法修習生のお弁当(8)



平成28年8月4日の司法修習生(N君)のお弁当です。三日坊主になることなく、彩りも考えて、彼なりに頑張っているようです。ブログの読者の中にも、司法修習生のお弁当に期待されている方がいらっしゃるようですからね。御飯は混ぜ御飯か炊き込み御飯になっています。なお、N君は盆明けから選択修習の期間に入り、その一部はこの事務所に戻ってくるので楽しみが増えました。






おまけで私のお弁当です。8月4日のお弁当は、すべてのおかずが冷凍食品で構成されていました。冷凍食品の技術の進歩に驚くと同時に、これなら作ってもらう意味がないと思いました。しかも、御飯まで用意されていたので、わっぱ弁当箱が登場する出番もありませんでした。そして、8月5日のお弁当は、焼きそばだけでした。

続きを読む

司法修習生のお弁当(9)



平成28年8月10日の司法修習生(N君)のお弁当です。おかずに一手間かけているように思えたので、冷凍食品を使っていないのか確認したところ、昨夜は呑み会があったため、初めて冷凍食品(ハンバーグ)を使ったとのことでした。つまり、これまでのお弁当のおかずはすべて手作りであったのですね。ぶったまげました




若手の人が持ってきてくれたガパオライスwith目玉焼きです。家にナンプラーがなかったそうです。料理の名前を憶えられないので、ブログに投稿する際にこれを間違えることがないよう、若手の人にメモしてもらいました。



私のお弁当です。冷凍していたシチューを解凍しました。野菜の酢漬けをポリポリ食しました。嫁さんに「ガパオライスを作ってほしい。」と言ったら、「それはインドネシアの料理でしょう。お店で食べたら。」と一蹴されました。嫁さんとは話をするのも嫌で、できれば顔を合わせたくもありません

続きを読む

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-