Entries

心筋梗塞

13日(土)午前中、胸の痛みに耐えられず、かかりつけの内科医の先生に診てもらったところ、「心筋梗塞。ドクターカー。」と言われ、救急搬送されて手術を受けました。本日、ICUを出ました。重症のようで、心臓が破れるおそれがあり、その場合は救命できないと言われました。思えば、念願であった検事の職を、家族の本音を無視して勝手に辞し、家族を苦しめた人生でした。

続きを読む

おはようございます。生きてます。

ICUにいた時は午前5時から一日が始まりましたが、一般病棟も同じでした。

血流を良くする薬を使ったためか、痛風の発作が出て、右足甲が腫れて色も変わっています。リハビリのネックになりそうです。また、便秘です。力むと心臓に負担をかけるので軟便薬を服用していますが、食べる量が少ないのと他人の前ですることではないので無意識に我慢していたと思います。

ICUでは20歳代の若者から30歳代の人が核となって働いていました。何もすることがなかったので人間観察をしていました。

サイン

本日は午前中に胸部のレントゲンを撮り、予定が終了しました。明日からリハビリです。

13日(土)のことを書きます。午前6時頃、目を覚ましたのですが、左胸にドンと痛みがありました。何とも言えないもので、続いて、上半身がビッショリになるほど冷や汗をかきました。この冷や汗が、心臓に異常が発生したことを知らせるサインであったと思われます。その後、嘔吐しました。それでも、病院に行くとか、救急車を呼ぶことは全く考えていませんでした。

しかし、居間で横になっていても胸の痛みが収まらず、嫁さんに時間を確認したら、午前11時過ぎとのことでしたから、三連休の初日で、しかも土曜日であったため、かかりつけの内科医の先生には診て頂こうという気持ちになりました。ここで判断を間違っていたら、私はこの世の人ではなかったかもしれません。

内科医の先生が私の心電図をとられ、一瞬にして、心筋梗塞と診断され、ドクターカーの手配をして下さいました。しかし、先生の目が笑っていなかったのです。付き添った嫁さんによると、先生が私に見えないようにAEDを準備されていたそうで、嫁さんはそれを見て、私の心臓が止まるかもしれないという状況が理解できたと言っていました。

ICUにいる間、その先生に見舞って頂きましたが、「良かったなあ。」と言われてました。先生の医院内で私の心臓が破れないかと心配されていたそうです。胸の痛み、大量の汗(冷や汗)となると、一応、心臓に異常と疑い、救急車を呼ぶべきです。それから、かかりつけの医師の先生がいると、いざという時に心強いです。

アサガオ

私は、「アサガオ」という名の病室で生活しています。

4人部屋です。しかし、本日、2名の方が無事に退院され、現在は個室の状態です。この2名の方には仲良くして頂きました。感謝しています。

先程、昼食が終わりました。退院後に食事の写真を掲載する予定です。毎食のことですが、何とも素っ気ない味付けでした。しかし、体重に変化はありません。この食事が一生続くと思うと、気分が滅入ります。こうなる前に家族で焼肉を食べておけばよかったと後悔しているところです。

本日は午前中に、胸腹部のCTを撮影したほか、廊下を50メートル歩くリハビリを行い、予定は終了しました。少しふらつきがあり、自分の体がいうことをききませんでした。なお、入院の予定はこれから2週間です。もう1週間経ったのかという感じですね。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。起きて、ひげを剃り、スッキリしました。

ベッドに座り、日の出の光景を見ていますが、上っていく太陽が旭川に映っている光景はなかなかのものです。今日は何もありません。一応、容態が落ち着きました。それもあって、入院以来ずっと子どもの世話をしてくれた義母が実家に戻ります。

静かな日曜日

静かな日曜日です。まだ個室の状態が続いています。

今朝、主治医の先生から、胸腹部CT検査による心臓以外の内臓の状態について説明を受け、さらに、これまで定期健康診断を受けずにきたことから、胃と大腸の検査を提案され、気分が滅入っているところに、看護師から手際よく検便キットを渡されました。すんなりとこの病院を退院できそうにないです。

昼食のとき、嫁さん、長女、次女が来てくれました。家から自転車で来たそうです。なお、長男は、嫁さんの苦労を考えた義母が実家に連れて行ってくれましたが、長男は浮かれて、私に「サヨウナラ」とメールしてきました。

長女は明るいです。長女からプリクラを1枚もらいました。また、上記の主治医の先生の話をしたら、長女が「ネガティブなパパが一層ネガティブになったね。」と言い、笑っていました。

続きを読む

長い夜

入院して昨夜が一番長い夜でした。消灯した広い病室に一人いて、いろんなことを考えていたら、普通よりも時間がかかりましたが、眠っていました。

先程、採血がありました。もう起きていると思われているのが凄いです。

今日は四肢血圧比の検査と200メートル歩くリハビリを行う予定です。私にとっては、検便がうまく出来るかが問題です。この病室のトイレは便器の水張り具合がかなりのものですから、便座の相当前に座って用を足さないと検体を採取できません。しかも、結論が明らかなので、排便する気力が湧いてきません。


もしかすると、見舞いにきてくれる友がいるかもしれません。

続きを読む

新人さん

おはようございます。

いつもの時間に起床しました。病室の窓から外を見ると、駐車場の一部が濡れているのが分かります。

昨日の私を担当した看護師は新人さんでした。私は常時心電図を測る機械を取り付けられ、電波でスタッフルームに飛ばしていますが、検査の際、新人さんがこの機械を外してしまい、お偉い方がとんできました。また、トイレで便をして検便用キットを使ってもらおうとナースコールをしたところ、駆けつけた新人さんもキットの使い方が分かっていませんでした。私も、新人のときは、立会事務官が席を外したので、自分で供述調書を録取しようとして、書き始める位置を間違い、「アイム ルーキー。」と言って誤魔化したことがあります。そう言えば、昨日の見舞客の中に元立会(頼りになる検察事務官)も含まれていますが、得意のマシンガントークが炸裂し、昨日は土用の丑の日でしたから、親友と鰻を食べに行くと言っていました。


今日は腹部超音波検査があります。検便の結果、潜血は認められませんでした。わざわざ主治医の先生が、夜にも回診して下さり、教えてもらいました。ついでに、内出血している部位を診てもらったり、雑談もしました。主治医には恵まれたようです。

続きを読む

今日の予定

7月24日、朝一番で採血と体に付けている心電図を測る機械の電池を交換しました。

それから、リハビリの一環として、シャワーがあります。また、急に頸動脈超音波検査が入りました。主治医の先生の説明では、全身の血管のコレステロールによる詰まり具合を調べるには、太い頸動脈の詰まり具合を調べるのが適しているとのことでした。

高齢で、元気な方は、同じことを何度も話されますね。耳も遠いです。しかし、命に対する執念を感じます。



嫁さんは、長男と次女の先生との懇談会に行くと言っていました

続きを読む

薬漬け

本日午前中、シャワーを浴び、心臓への負荷を確認して、病室から出て、フロアーを歩く許可が出ました。自分では、それ程回復した実感はありません。

そして、午後には看護師立会いの下、朝、昼、夕、寝る前にそれぞれ服用する薬に分ける作業を行いました。退院後を見据えての訓練ですが、薬漬けの日々を送ることが分かった次第です。ついでに、明朝、腎動脈と心臓の超音波検査を行うことも判明しましたが、毎日、何かの検査をやっています。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-