Entries

裁判員等経験者の意見交換会

本日午後から、裁判所で、裁判員等経験者の意見交換会が開催されます。


私が弁護人を務めた事件の裁判員、あるいは補充裁判員の方が出席される予定になっている関係で、弁護士2名が出席するのですが、私も担当させて頂くことになりました。


相当以前に弁護を担当した事件ですが、私には印象に残っています。弁護人を務める弁護士に対し、厳しいご意見がでるものと覚悟しております。なお、裁判所の合議体で裁判長をされた裁判官だけでなく、検察官の多くが異動されていますので、個々の事件に突っ込んだ議論にはならないと思います。


とはいえ、小心者ですから、裁判員裁判の本番と同様、緊張してきました。

裁判員等経験者の意見交換会(報告)

昨日で裁判員裁判制度が施行されて4年目になり、裁判所で、裁判員、補充裁判員を経験された方から意見・感想を聞かせて頂く会がありました。なお、午後3時開始となっていましたが、定刻を10分過ぎて開始された理由は分かりません。


そのような会に出席される方ですから、裁判員裁判制度に批判的な方はいませんでしたが、皆さん、しっかりとした意見をお持ちで、驚きました。傍聴しているマスコミの興味は、専ら凄惨な状況を撮影した写真(以下「写真」といいます。)の取り扱い方法についてでした。


裁判の進行方法からすると、裁判所も事前に写真を見ていません。公判前整理手続で、どのような証拠が、どのような事実を立証するために提出されるのか分かり、その採否を決定しますが、事前に写真そのものを見ることはないと思います。なぜなら、事前に証拠を見てしまったら、白紙の状態で公判に臨むことができず、予断排除の原則に反するからです。


写真を見て衝撃を受けるか、衝撃を受けるとすれば、どの程度受けるかは人それぞれによって違うでしょう。出席された経験者の中には、「見るべきである。」と言われた方がいて、感心しました。私も、以前のブログに書いたように、どういう状況で殺されたのか分からなければ、死刑を言い渡すことはできないと思います。逆に、そのような写真を直視することなく、雰囲気で死刑を言い渡したら、自分の判断が正しかったのかずっと悩み続けるはずです。


この点については、いろんな方策が講じられることになるでしょう。選任段階において、裁判所から説明をすること、証拠調べの段階で、裁判所が告知し、裁判員等が心の準備をする余裕をもつことは可能です。白黒の写真を示した後、カラーの写真を示すという方法もあるようです。ただ、イラストにしたら、話にならないと思います。



弁護人の立証活動について、お褒めの言葉はなかったと記憶しています。事案の性質、被告人の人柄、弁護人の資質によって、弁護活動は変わります。ただ、悪いことをしたとして検察官が起訴し、裁判になっている被告人を弁護するということに、一般の方は抵抗(理解できない)を感じておられることはないでしょうか。


それから、裁判員の方が、1人の検事について、その名前を挙げて立証活動(話の流れ、間等)が上手かった旨賞賛されていました。その検事のことは知っており、腹を割って本音で話せる人物と評価していましたので、素直に嬉しかったです。



現在は裁判員裁判対象事件の手持ちがないので、このような交流会に出席させて頂くのも、これが最後になるのかなと思っています。有意義な経験をさせて頂きました。

続きを読む

死刑判決が破棄されたことについて

強盗殺人の罪などに問われ、一審の裁判員裁判で死刑を言い渡された被告人の控訴審で、原判決が破棄され、無期懲役となりました。前科は(無理心中で)妻子を殺害し、懲役20年になったというものがあるようですが、刑務所を出所してわずか半年後に今回の犯行に及んでいます。

被告人は完全黙秘(これは問題ありません。)で、弁護人は無罪を主張していますので、無期懲役であっても納得できないでしょうから、上告するはずです。しかし、この事例は、検察官も上告しないといけません。被告人が本件の犯人であるとすれば、上記の前科を考慮して、今回は死刑が相当ではないでしょうか。

議事概要

岡山地方裁判所のホームページに、5月21日に開催された裁判員等経験者の意見交換会に関する議事概要がアップされました。

残念ながら、私がユーモア(?)を交えて語った発言の一部がカットされていました。元々裁判員経験者の発言を受けてのものですから、それほど問題はないと思いますが、個々の検察官の名前を出してその公判の活動を褒めそやすのは行き過ぎなのかもしれません。

しかも、公表されたのはあくまでも「概要」ですからね。

夜が明けていません(夕方、ある協議会に出席しました。)。

以前であれば、すでに夜が明けていたと思うのですが、まだ暗いです。

夜中に目が覚めたら、本来の寝る位置と真逆の向きで寝ていました。しかも、明け方は寒くなるので、長袖のパジャマの上を着ていたはずですが、脱いだ状態になっていました。どうもおかしいです。

もう少ししたら、散歩に出発します。

2013_0913サンダーバード0006

9月11日の長女のお弁当です。デザートに「桃太郎ぶどう」が付いていました。

続きを読む

覚せい剤の密輸に関する最高裁判所の決定について

今日は天候が悪い中、バスとJRを利用して倉敷の先まで行ってきました。

久しぶりに法律論に関するブログを書くような気がします。つまり、覚せい剤を密輸したとして覚せい剤取締法違反の罪(法定刑に無期懲役が定められているため、裁判員裁判の対象事件です。)に問われた被告人について、最高裁判所が被告人の上告を棄却する決定をしたというニュースを聞き、記事も目にしました。やっと最高裁判所が裁判員裁判の結果にとらわれず、至極妥当な決定をされたなと思います。もっとも、裁判長を務めたのが検察官を退官されて最高裁判所の判事になられた方であるというのは何かの因縁を感じます。

この種事犯では、被告人が外国から本邦に持ち込んだ荷物の中に覚せい剤が入っていることを知らなかった(覚せい剤性の認識の否認)と弁解し、「疑わしきは被告人の利益に」の原則に拘泥しすぎて特に裁判員裁判で無罪判決が頻発しており、私に言わせれば、日本が覚せい剤の密輸天国になっているなあと思えてならなかったのです。この点、最高裁判所の決定は「特段の事情がない限り」密輸組織の指示を受けたと認定する、つまり、覚せい剤と知って密輸したと認定する(有罪)というもので経験則に適っていますし、これによって覚せい剤の密輸が減るのではないかと期待できます。なお、以前のブログの中で、覚せい剤の所持で起訴された被告人が覚せい剤性の認識を否認したケースを取り上げました(興味がおありの方は、覚せい剤、所持、所有、没収といったキーワードで検索して頂けますでしょうか。)。


ところで、インターネットの配信記事での見出しは「覚せい剤運搬役『知らなかった』でも有罪…最高裁」となっていました。これを一見すると意味がよく分かりませんが、被告人が「知らなかった。」と言っても、他の証拠からその弁解が信用できない結果、覚せい剤と知っていて運搬(密輸)したという事実を認定し、有罪とすることになります。


今後の裁判では「特段の事情の有無」が争点となるものの、検察官にとって立証が容易になると思われます。もっとも被告人が覚せい剤性の認識を否認すれば、それがどんなに不合理な弁解と思えても、弁護人はそれにしたがって弁護活動をしなければいけません。裁判員の皆さんには、このことを理解して頂きたいです。弁護人のほとんどは、そこまで(つまり、被告人の弁解を鵜呑みにするような)アホではないのです。

最後の委員会

弁護士会には多数の委員会が設けられていますが、一応目的を達したと思われる委員会は削減され、他の委員会に吸収されたりします。

裁判員裁判のために設置された委員会も例外ではなく、来年度からは刑事委員会に吸収され、一部会として存続することになり、本日、最後の委員会が開催され、出席した委員らが一言感想を述べて幕を閉じました。私は、「一度はやってみる価値がある。」と言わせてもらいました。右隣に座っておられたサッカーシェンシェイの手を触ったところ、私の手が冷たいことに驚かれていました。もう一度裁判員裁判の弁護人を担当してみたかったです。

頂き物です(手提げ袋)。

先週、頂いた手提げ袋です。

20140728183436e18.jpg

強盗致傷について研究する機会があり、刑事弁護から遠ざかっている私には、久しぶりに勉強させてもらえて有難いことであると感謝していました。その感謝の気持ちはそれとして、話し相手になってくれた友が持っていた手提げ袋が気になったので、つい頂けないものかとおねだりしたのです。色、形が同じような手提げ袋を愛用していますが、サイズが小さくて記録を綴じたA4のファイルを入れるとキチキチで、もう一回り大きなサイズの物があればいいなあと思っていました。

愛用品です。

すると、おねだりした甲斐があり、友が、早速、手提げ袋を持ってきてくれました。事件名等を書いたプレートを入れる部分が設けられています。ただ、自分の名前を書くのは少し抵抗がありますね。大事に使おうと思います。

続きを読む

刑事裁判傍聴記

久しぶりに裁判員裁判を「傍聴」してきました。

事案の概要は省略しますが、被告人は元教員(今回の事件で懲戒免職)でした。両親、兄弟(あるいは姉妹)が皆教員という環境の下、教員試験3回目で合格したと言っていました。この被告人は「聖職」という言葉を知っているのでしょうか。どのような職業であっても、どんな形かで他人に夢を与えるものであると思います。そして、教員の場合は、親から将来のある子どもを託され、その夢を大事に育んでいく仕事であると思っています。

犯行の動機は学校に対するストレスが原因らしいですが、被告人質問の中において、年度末で担任が終わったら市役所の職員にでもなろうと思っていた旨発言したと記憶しています。この発言は「市役所の職員」をバカにしていませんかね?

そして、裁判員から、被告人に対して、情状に関する質問が一切ありませんでした。右陪席からも質問がありませんでした。これは何を意味しているのでしょうか。

ところで、(スーパー)クールビズの季節ですが、法律家はたとえ休廷時間であっても中途半端な服装をしてはいけないと思います。背広の上着を脱ぐなら脱ぐ、ネクタイも外すなら完全に外すべきです。ネクタイを緩めて、ワイシャツの一番上のボタンを外し、上着を着ている弁護人の姿を見ていて不愉快になりました。しかも、この弁護人は、審理が始まると服装は正したものの、書類を団扇代わりにパタパタしていました。私は経験不足で弁護する能力が劣っているとしても怒りません。ただし、一般人としての常識がない輩は合わないですね。

今朝の血圧は最高107、最低72で、心拍数が70でしたが、現在、血圧がかなり上がっているような気がします。「だから、心筋梗塞になるんだ。」と言われたら、「おっしゃるとおりです。しかし、この性格は死んでも変わりません。」と答えるしかありません。

続きを読む

お弁当です(2日分)。

20140828063915ccb.jpg

8月27日のお弁当です。ランチボックスが2つ使われていましたが、その1つの蓋を開けたところ、目玉焼きとトマトだけしか入っていませんでした(写真右)。何だろうと思ったら、目玉焼きはハンバーグ(写真左)に載せて、ロコモコ丼にして食べるということでした。結局、右の容器にはトマトが残りました。このトマトもハンバーグに載せるべきだったでしょうか。本場のロコモコ丼を知らないのです。

20140828121712ae3.jpg

8月28日のお弁当です。豚の生姜焼きでした。デザートは缶詰に入っていたと思われるみかんでしたが、それが蠢く虫に見えました。同期が遠方に出張しており、若い人との昼食でした。「腹筋を鍛えて、その写真を撮る。」と言っていました。

続きを読む

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-