Entries

ここ数日の出来事

6月17日、空手の道場に伺って、現像した空手の大会の写真を先生、選手の方々に渡して頂けないかお願いしてきました。道場にはF先生、I先生、K先生が揃い踏みの状態でしたが、I先生だけは大会運営を担当されていたため、お渡しする写真がなく、一瞬気不味い雰囲気になりました。次は、I先生のベストショットを狙いますので、今回は勘弁して下さい。

午後3時から法曹協議会が開催されました。裁判所、検察庁、弁護士会のほか、刑務所、法務局も参加し、ベテランの弁護士がグダグダ自論を展開する場になっていましたが、今回はそのようなベテランは出席していませんでした。ただ、若手も出席していませんでしたから、時代が変わったのでしょう。地裁のトップである所長判事の力量に感動しました。トップが違うと、裁判所のような超保守的なところも変わります。しかし、所長が異動になれば、以前の状態に戻るはずです。これに対し、検察庁は次席検事がスポークスマンですから、次席検事が発言すべきものと思いますが、部下の検察官が次席検事といちいち相談して当たり障りのない発言をしていました。正直なところ、そんな答弁は聞き飽きました。


6月18日、司法修習生と一緒に民事裁判の手続に行きました。真面目な司法修習生で、さっと記録に目を通し、メモを持って、背広の上着も着ていました。時には、手ぶらで傍観者のような司法修習生もいますが、できる人は違います。私が刑事事件をやっていたら、接見のために司法修習生を警察署に連れて行くのでしょうが。

予備試験の択一試験に合格した法科大学院の学生に添削した答案3通を返却しました。5人に1人の合格率であるにもかかわらず、私の知っている学生が合格しています。まともな勝負ができない者が受験して、受験者数を増やしているのでしょう。見た目の倍率が高くても、深刻に考える必要はありません。添削した答案のボリュームが足りないと思いましたが、予備試験の場合は司法試験の答案用紙よりも書ける分量が少なく仕方ないことでした。

夕方から、弁護士の有志による刑事実務研究会に顔を出しました。私が顔を出したことが意外に思えた弁護士が多かったように思います。私は、完全に過去の人になっていました。

夕食です(餃子の王将)。

おはようございます。なかなか寝付けない上に、口を開けて寝ていたため、口の中がカラカラになって何度も目が覚めて、眠った気がしません。

昨日、つまり、6月23日の(遅い)夕食は「餃子の王将」の餃子でした。先々週から予定し、ほっこりさんと会って楽しみが無くなった後のイベントと位置付けていました。しかも、餃子は好きらしい司法修習生が、「餃子の王将」には行ったことがないと言うので、もっと庶民の暮らしを知ってもらう必要があると思い、今回は何があっても「餃子の王将」と決まっていました。

ところが、午後6時頃から、同期と修習生が相談に対応すると、これが終わらずに午後8時をかなり過ぎてしまい、相談を終えた同期が仕事をしていた私に「今日は頑張るね。どうしたの。」と声をかけてくれました。本来は修習生と2人だけで「餃子の王将」に行く予定でしたが、同期が後で知ったとき、声をかけてくれたらいいのにと思うはずですから、同期も誘って3人で行きました。同期も誘って正解でしたね。私と修習生は、徒歩の同期に合わせ、自転車を押して岡山駅近くまで歩きました。

2014062322521556e.jpg

前回、餃子が焼けるのを待って生ビールを飲もうとして待ちくたびれたことがあったため、先に生ビールを頼み、餃子2人前ずつ計6人前(小分け)が出てくるのを待ちましたが、結局、3人前(1人前と2人前に小分け)が出てきました。餃子が冷めないためには、これで良かったかもしれません。

20140623225216e16.jpg

病気の私だけが生ビールをお代わりし、フェア中であった鶏の味噌炒めを追加で注文しました。これはこってりした味付けで私好みでしたし、冷めても美味いものでした。

修習生と別れ、私は自転車を押して、同期と歩き、同期の家の近くで彼を見送ってから帰宅しました。結構遅い時間になっていましたが、3人の子どもは子ども部屋に揃っており、修学旅行に行く長女と話している状況でした。なお、私は夕食後に服用することになっている薬を寝る前に服用しました。病気を発症して以来、初めてのことです。

20140623225218001.jpg

長女は抹茶味のビスコを用意していました。旅行先のマレーシアで現地の学生との親睦会があり、そのお土産にするとのことでした。マレーシアで、この抹茶味のビスコが売られていないことを祈ります。長女は、本日午前6時頃、嫁さんが運転する車で集合場所である岡山空港に向かいました。もう会えないような気がしてなりません。


20140623225219420.jpg

修習生が、仕事場に差し入れてくれた洋菓子です。彼のことを忘れないためにブログに残すことにしました。

続きを読む

お弁当です。

7月2日のお弁当です。特別編となります。

20140702135450706.jpg

私のお弁当です。特に変わったことはなく、御飯の量が多目でした。デザートが3ヶあったので分けようかと思いましたが、私が全部食べました。

20140702135451481.jpg

同期の愛妻弁当です。メインはピーマンの肉詰めで、彼が席を外した隙に食べてしまおうかと思いました。その他は、ひじきの煮物、スライスしたトマト、ポテトサラダとなっていました。写真を撮る許可はもらいましたが、私のブログで取り上げられて、びっくりしているはずです。内緒です。

20140702135448bb2.jpg

司法修習生が注文した日替わり弁当です。チーズがのった揚げ物のカロリーが気になりますが、彼は若いので大丈夫でしょう。いつか愛妻弁当を持参するようになるのでしょうね。

プリンと白表紙

20140722162340423.jpg

先週、同期とプリンを賭けて、ある予想をしたところ、私が負けてしまいました。その結果、本日の仕事場でのおやつは、仕事場の真向かいに位置し、手作りのロールケーキ、ゼリー等を販売しているお店のプリンとなりました。これを食した司法修習生によると、程よい固さがあって、卵の味もするとのことでした。なお、事務の方にも好評でしたが、私はプッチンプリンが口に合うような気がします。

ところで、この司法修習生が借りていたのが、「民事訴訟における要件事実」という本(いわゆる白表紙)でした。司法修習生になる前に配付され、司法研修所に入所するまでに読んでおくのが望ましいと聞いていましたが、私の場合は白表紙の束を紐解くことさえしませんでした。

そして、その白表紙の出版年を確認すると、私が使っていたものと同一であったため、家に帰って確認したところ、1冊だけ発見することができました。ここで「1冊だけ」というのは意味があります。私が検察官を辞める際、新任の頃からお世話になっていた先輩(検察教官)が、餞別代わりに新品の白表紙一式を下さったのです。その先輩は、「多分、民事の白表紙は持っていないと思うから、役立ててくれ。」と言われたように記憶しています。確かに、検察講義案を除けば、私が司法修習生の時分に使っていたと思われる白表紙がありませんでした。定年まで検察官を続けるつもりでしたから、民事の白表紙が必要になることはないと決め込み、開けることがない段ボールに入れているのかもしれません。

続きを読む

伝統の餃子

平成26年8月20日、同期が、司法修習生と私を餃子のお店に連れて行ってくれました。

20140820184717641.jpg

祖父の代からやっている、昭和の香りがするようなお店で、カウンター席が10席ほどしかなく、瓶ビールは客が自分でケースの中から取り出しました。「餃子の王将」も捨てがたいですが、時には昭和を思い出し、ゆっくり時間が過ぎて行くのを楽しみたいものです。

20140820184715a22.jpg
20140820184712764.jpg

餃子は作り置きしないで、客から注文が入るタイミングを見越して、皮に餡を包んでいました。小ぶりな餃子10個で1人前(400円)、タレは酢醤油にあらかじめ大量のラー油と唐辛子が入っており、さらに、辛子が添えられていました。私が見ている限りでは、一度に4人前しか餃子を焼きませんでしたが、客ものんびり餃子が焼けるのを待っていました。

私だけであれば、恐くて店の扉を開けることができない、しかし、扉を開けて中に入ると、世の中の喧騒を忘れさせてくれるお店でした。

続きを読む

弁護修習が終了しました。

私がいる事務所で司法修習生が弁護修習を行ってきましたが、本日、無事に終了しました。

あっという間の2ヶ月で、病気の私の相手をしてくれた司法修習生に感謝しています。予備試験に合格して、法科大学院で勉強中に司法試験に合格しただけあって、よくできる逸材でしたが、人柄も良かったです。どの道に進んでも、将来の法曹界を牽引してくれるに違いありません。私が病気をしていなければ、彼との出会いはなかったでしょうから、物は考えようです。もうしばらく当地での実務修習がありますから、他の方のブログで紹介されていた「さくら」という居酒屋に一緒に行きたいものです。

9月の上旬には今年の司法試験の合格発表があります。彼の知り合いで、今春法科大学院を修了した人が司法試験を受験しているそうですが、彼によると、きっと合格しているとのこと、理由は、彼よりもその知り合いの方ができるからですと言われ、妙に納得しました。


司法修習生と事務所の全員で記念に写真を撮りました。私がこの世に生きた証を示す一枚の写真になるような気がします。

続きを読む

弁護修習が終了しました(続)。

先週まで仕事場にいた司法修習生は、今日から、自分で選択した分野の受入先で修習しています。受入先も初めてのことで戸惑っているかもしれません。

今日になって、司法修習生に記念に一筆書いてくれるよう頼んでおいた「納経帳」を開きました。驚いたことにたくさんの字が並んでいて、頼んだこちらが恐縮しました。

納経帳のことが出てくる記事

心残りがあるとすれば、今日の夕方、同期が司法修習生と会う予定が入っていましたので、それまでに写真を早く現像して同期に託したかったのですが、気分が乗ってきませんでした。ここが昔の私とは違うところですね。夕食前にカメラ屋に行き、仕事場の全員で撮影した写真をプリントしました。デジタルカメラをラックのような物の上に置いてタイマーを作動させて撮影したにしては綺麗に写っていました。大事なこの写真一枚は納経帳に挟んで保管したいと思います。なお、司法修習生用には特別にフォトブックを作りました。な気分です。

続きを読む

福引

福引で48個(今年は、もう少し減ったようです。そのため、参加者も減ります。)の玉が入っているとします。今回の福引は(良心的で)、ハズレは1個だけです。そして、48人がこの福引に参加します。

福引の主催者は、一応どれがハズレか分かっていますが、参加者には知らされていません。参加者は、ある日、主催者から、「これが貴方がひいた玉です。」と言われるのです。つまり、参加者自身が、福引でガラガラ回した訳ではなく、既に主催者側がガラガラ回した結果を知らされ、主催者側からは、「公正を期しています。」と言われるのです。

私は、今回の福引にハズレを入れてはいけないと思います。意味深な記事になりました。若手の人はノーコメントを貫くはずです。


話は変わりますが、BSプレミアムで放送中の東山紀之さんが主演の時代劇「大岡越前」についてです。私が以前の記事でこの話はいいと書いたものが、今日東山さんが主演のバージョンで放送されます。昔は「天下の果し合い」という題でしたが、今回は「天下の大喧嘩」となっていました。

以前の記事

宴(平成28年6月20日)

平成28年6月20日、同期の事務所での弁護修習が終了する司法修習生のために宴が開催されました。まずは、事務所内で野菜を機械で砕いたものを食べて健康に配慮し、その後、飲み屋さんに行きました。嫌いな野菜を食べていた若手の人(その1ではありません。)が帰ってしまったのが少しショックでした。

今回お邪魔した飲み屋さんは、「かやくめしの弁慶」に行く途中にあります。ここも数年ぶりでしたが、大将、女将さんに変わりはないようでした。同業者が御用達のお店です。



急遽、5名で予約を入れたため、それよりも少人数で予約していた同業者が狭いところに回されたらしいです。付き出しが並んでいました。5人分としては少ないです。



これがお目当ての一品でした。「おいしいたけ」という料理名です。おいしい椎茸という意味でしょうが、椎茸を含むキノコ類全般を受け付けない人がいますし、私の長女のように、保育園に通っていた際、口にたくさん詰め込んで飲み込めなくなって吐き出し、先生に怒られてから椎茸を食べられなくなったという人、ジワーッと滲む汁が苦手という人もいますが、私は大好物です。椎茸の凹んだ方にミンチ肉を詰めて揚げたシンプルな料理ですが、辛子ソースで食べると絶品です。1人前が3個になっていますので、もう少し食べたかったです。

別の席にいる同業者が頼んだ料理と同じものを注文し、早く料理ができるようにしました。その結果、鶏の唐揚げ、トンカツ、あさりの酒蒸し(私はあさりが苦手ですから、手を出しませんでした。)などを注文しました。



本来ならば、しめさばを食べようと思っていましたが、残念ながら、しめさばを扱っていなかったので、焼きさばで我慢しました。しかし、先程野菜を砕いたものを口にしてきた私には、野菜が多すぎましたし、焼きさばは庶民の食べ物ですから、もっと雑な盛り付けで提供された方がよかったです。その意味では、大根おろしだけでも十分でした。理想は、新宿駅西口の小便横町(思い出横町)の焼きさば定食です。

私が生ビール(中)2杯、ハイボール1杯を飲んだところで、司法修習生が気を遣ってくれて、セーブするように注意されました。今日は同期にご馳走になりました。すっかり良い気分になって、家が同じ方向にある司法修習生2人と歩いて帰りました。

アッという間の2か月でした。私にとっては話し相手がいなくなり、寂しいものがあります。分厚い記録を読んで、起案しなければいけない書類があるので、まずはこれから片付けます。話し相手になってくれた司法修習生にとって、次の修習先が人格識見を発展させる場になることを祈っています。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-