Entries

逃走した被疑者の身柄が確保されたことについて

一昨日、検察庁支部の庁舎内で、弁護人と接見中に逃走した被疑者の身柄が確保されました。身柄拘束された被疑事実の内容が凶悪なものですから、逃走中に更なる凶悪事犯が起きたとの報道がないことがせめてもの救いです。逃走した被疑者は悪いですが、逃走を許した検察、警察の関係者はもっと悪いと言えます。


①検察庁の庁舎内で、②弁護人との接見中に被疑者が逃亡したということから、問題は2点になると思います。

まず、検察庁の庁舎によっては、弁護人が被疑者と接見することを前提に作った接見室があるとは限らないのです。警察署の留置施設で被疑者と接見する場合、被疑者は留置場(いわゆる檻の中)から接見室に通されますが、外に通じる経路を辿りませんから、被疑者は逃げようがありません。そして、弁護人は、立会人のない状態で、アクリル板越しに被疑者と話をすることになります。以前に、接見が終わった弁護人が、そのことを係りに伝えず帰宅し、接見室に一人残された被疑者が自殺する不祥事が発生しました。その後、弁護人は、接見が終われば、係りにその旨告げることが求められるようになり、また、接見室の扉を開閉したら、係りに知らせる装置が設置されました。話を戻すと、検察庁の庁舎内には、取調べのために留置施設から押送された被疑者が待機する詰所はありますが、前記のようなアクリル板越しに弁護人と接見する接見室がないところがあり、この場合は取調べを行う部屋等で代用する以外にありません。そのため、押送にあたった係りが、被疑者と弁護人との接見に立ち会うことになるのです。弁護人としても、普通の部屋で、被疑者と二人きりで話をするのは恐いものがあります。以上の通り、検察庁の庁舎内での接見については、施設によって被疑者が逃亡する危険が潜んでいることになります。

ただ、弁護人の立場からすると、検察庁の庁舎内で被疑者と接見できたら、非常に助かるのですね。被疑者が遠方の警察署の留置施設に勾留されていると仮定します。その場合、弁護人は、わざわざ遠方の警察署に出向くよりは、取調べのために押送されてきている、近くの検察庁の庁舎内で接見する方が楽です。また、被疑者から接見の要請があった場合、近日中に検察庁に押送される予定があったり、現に検察庁に押送されてきているとなれば、少しの時間をやり繰りして接見に行くことができます。岡山の場合を例にすると、岡山市内に事務所のある弁護人である弁護士は、被疑者が新見警察署の留置施設に勾留されている事案の場合、岡山地検の庁舎内で接見できると助かります。さらに、弁護人として、早く被疑者と接見し、事実関係を確認したり、与えられた権利の内容を説明しなければいけません。

裁判所、検察庁との協議会があれば、庁舎内での被疑者(、被告人)と弁護人の接見について話題となります。いずれにしても被疑者の逃亡を許した捜査機関が悪いのですが、振り子が反対に振れ過ぎないか注意が必要です。

検察庁の庁舎内の接見室の整備について

先日、検察庁支部の庁舎内で、弁護人と接見中の被疑者が逃亡しました。報道によると、支部の庁舎内には、弁護人との接見のために作られた接見室がなく、取調べに使用する部屋を使っていました。しかし、今回の事態を受けて、当局は接見室の整備に動くようです。接見室の整備には膨大な予算措置が必要となりますから、不祥事でも起きないとなかなか難しいところがあります。


今回の事案の流れを確認します。被疑者は、事件を起こし、警察官である司法警察職員に逮捕され、その後、検察官に身柄と書類等を送致されました。身柄等を受け取った検察官は、被疑者から弁解を録取してから、この場合は裁判官に勾留を請求する手続をしたはずです。

ところが、今回は検察官が弁解録取の手続をする前に、弁護人(弁護人になろうとする者を含む。)が被疑者と接見し、被疑者が逃亡したため、発見された被疑者は検察庁の支部に連行され、検察官から弁解を録取され、さらに、裁判官に勾留請求されて、裁判官の勾留質問手続を経て、県警本部の留置施設に勾留されました。

被疑者は、当番弁護士の出動を要請し、当番弁護士は事案が重大であったことから、検察官の弁解録取前に、事実関係を確認したり、権利の内容を説明する必要があったと思われます。ただ、被疑者の身柄拘束については、厳格な時間制限があり(刑事訴訟法203条以下)、被疑者が逃走したため、この時間制限を超過しました。そこで、検察官は、手続の遅延がやむを得ないものであることを疎明して、裁判官に勾留請求し、担当の裁判官は手続の遅延がやむを得ない事由に基づく正当なものであると認めて勾留状を発付したのです(206条)。

弁護人の数

私は、これまで弁護人の数を気にして、弁護活動をしたことがありません。起訴されたら、裁判所に主任弁護人の指定届けを提出するくらいでした。

しかし、事務所に複数の弁護士がいる場合は、気を付けないといけません。例えば、所属する弁護士4名が全員弁護人に選任されるとすると、刑事訴訟規則27条との関係で問題が生じます。つまり、原則として「被疑者の弁護人の数は、各被疑者について三人を超えることはできない。」のであって(同条1項)、例外的に裁判所が特別の事情があると認めて許可した場合は、この限りではないのです(同項但し書き)。そして、裁判所は、(通常の場合)弁護人となろうとする者の請求によって許可をする仕組みになっています(同条2項)。したがって、裁判所の許可がなければ、弁護人4名の選任行為が無効になります。また、裁判所が特別の事情があると認めるかどうかは、事案の性質等によって自ずから明らかであり、簡易な事案であるにもかかわらず、弁護人を4名とする許可申請をしたら、こいつはアホかと思われるはずです。なお、「三人を超えることができない。」というのは、三人まではOKということです。私は、この種の文言に出くわすと、三人はダメなのかなと迷います。


今回は当初から嫌な雰囲気がありました。「甲および乙、丙、丁」という表現があり、法律家としては、「甲、乙、丙及び丁」と書くべきではないかと気になっていたのです。これからは気を付けます。慌てて弁護人を辞任する届けを起案したら、罪名の中で私文書偽造について、有印か無印かの文言が欠落していました。きっと私はアホ(プロとして失格)と思われています。


真剣に考えると、弁護人一人が辞任することによって、当初の瑕疵が治癒されるのか問題があるのかもしれませんが、いろいろと悩んで心臓の血管が詰まったら大変ですから、これで終わりにします。

緊急事態発生

関係者から、いきなり書類の不備を指摘され、バスとJRを利用し、速攻で倉敷に行ってきました。その書類は、明日午前中の仕事を処理する上で欠くことができないものでしたから、一瞬血の気が引きました。

人間のすることですから、間違うはずがないと思うと(決して油断しているわけではありません。)、今回のようなことになります。妙に気になったので、遡って同種の書類の記載を確認したところ、別のミスに気付いて訂正の手続をしておきながら、今回のミスは見逃していました。言われてみると、2文字抜けているので、体裁が変でした。


ところで、倉敷に行くのは久しぶりで、昨年7月に病気を発症して以降は行っていませんでした。その意味では、倉敷に行く口実ができてよかったかもしれません。緊急事態に対応したため、昼ご飯は抜きました。朝食後に体重を測ると、61キロ台になっていましたから、そのうち60キロを切るような気がします。

続きを読む

「絶望の裁判所」

201403290809108cd.jpg

先日の委員会でご一緒したサッカーシェンシェイから紹介された「絶望の裁判所」と題する本です。著者は東京大学法学部に在学中に(旧)司法試験に合格し、裁判官になった後、留学したり、最高裁判所の局付(検察官でいえば、法務省の局付です。本省勤務ですね。)や調査官を歴任したスーパーエリートです。しかも、裁判官として33年も人生を歩んでこられたので、裁判所という組織の裏側、恥部を知っていても不思議ではありません。

最近の裁判官は、私よりも司法修習の気が上ですと、余りやる気がないように見えますし、任官10年以内の若手の場合は人間味がなく、ロボットのように感じます。そして、この本を読むと、国、地方公共団体、公的機関を相手にした裁判で、滅多に一市民が勝てないことも納得できました。サッカーシェンシェイ、ほっこりさん、いかがでしょうか(お二人が頷いている様子が目に浮かびます。)。

続きを読む

パソコン遠隔操作事件

いわゆるパソコン遠隔操作事件で、威力業務妨害等の罪で起訴されていた被告人が態度を一転させ、自己が犯人であることを認めたようです。この事件をめぐっては全く無関係の人が身柄を拘束され、しかも自白させられていたことが明らかとなって、捜査機関としては、絶対に犯人違いがあってはならない事件でした。

しかし、被告人は犯行を全面否認し、弁護人も徹底抗戦していたように思います。弁護人としては、被告人が自己の犯行ではないと主張する以上、それを前提とした弁護をするのは当然ですが、今の状況からすると、あの弁護は一体何だったのだろうかと思えてならないものがあります。捜査機関の面子がかかった事件でしたから、保釈された被告人は、常に行動を確認されていたような気がします。検察は、被告人が保釈になることをすんなり認めなかったと記憶していますが、保釈された被告人が何かすると感じた者はいなかったのでしょうか。

捜査機関は自分に有利な情報を流しますが、弁護人はそれに応じることなく、淡々と弁護をすべきものと思います。その結果、無罪が確定すれば、捜査機関をボロクソに言えばいいのです。今回の弁護人は木に登ったところ、被告人から梯子を外されたような感じがしますが、きちんと記者会見に応じたのは立派です。

さて、被告人はどれくらいの懲役刑に処せられるでしょうか。

パソコン遠隔操作事件(続)

パソコン遠隔操作による事件の公判で、これまで犯行を否認していた被告人が自己の犯行であったと認めました。

いろいろな考え方があって構わないのですが、被告人が犯行を認めた経過に照らすと、私が弁護人をしていたら、この公判の後、つまり、裁判所に対し、被告人が罪を認めたことが確認できた後、弁護人を辞任していたと思います。それが弁護人としての一つのけじめの付け方ではないでしょうか。

少なくとも冤罪と主張し徹底抗戦していたのですから、舌の根が乾かないうちに、被告人の責任能力に問題があるとの主張はしません。

昔は、駄目で元々と思って、やたらに争う弁護人がいました。例えば、殺人事件の場合、①被告人は犯人ではない、②仮に犯人であっても、殺意はなかった、③犯行時、被告人は心神喪失、少なくとも心神耗弱の状態であったという具合です。

今回の被告人については、念のため、精神鑑定をするような気がします。いずれにしても、真犯人と名乗るメールを送った行為について立件して、再逮捕・再勾留し、一連の事件も取調べ、全体像がはっきりすることが必要であり(公判で被告人質問をしていたら、時間がかかります。)、その上で、起訴前に検察官から裁判官に鑑定留置の請求がなされるかもしれません。鑑定の結果、被告人の責任能力に問題がないとなれば、当然、検察官は起訴しますし、公判で弁護人が鑑定書を不同意にすると、鑑定人の証人尋問が実施されますが、さらに、弁護人が鑑定の請求をしても、裁判所が請求を却下したら終わりです。異議を申し立てても、棄却されます。


ニュース記事を検索していたら、被告人はこれまでにいわゆるハイジャック防止法違反の罪で起訴されているとなっていました。脅迫や威力業務妨害は懲役刑が定められているものの、比較的軽いですから、あらゆる法律を駆使して被告人の刑事責任を問わなければいけません。

時代遅れ

消費者金融に対する過払い金の返還を求める訴状を起案しました。来週も別の業者を被告とする訴状を起案しなければいけません。何とも時代遅れの感がします。

若手の人から「相談したいことがある。」と言われ、何事かと身構えたら、覚せい剤事犯の量刑に関する質問でした。覚せい剤の密売(正確には、「営利目的による(有償)譲渡」でしょうか。)による執行猶予期間中の再犯とのことでしたが、私には覚せい剤の密売で執行猶予が付くのか疑問でした。ところが、証拠等関係カードを見て、判決謄本を確認すると、判決に関与した裁判官が「⚪️⚪️ほか2名」となっていて、合議体で審理したことが分かったため、納得しました。

しかし、今回は最低でも懲役2年以上の求刑がなされて、それなりの実刑を言い渡された上に、前形の執行猶予が取り消されますから、次の冬季オリンピックは塀の中で迎える可能性が高まります。そんなに覚せい剤がいいものか分かりません。にもかかわらず、被疑者からは、「覚せい剤と知って使いました。いつもの効き目があって、髪の毛が逆立ち、体がシャキッとしました。」との供述を録るのです。なお、上司が言われるには、覚せい剤は苦くて、とても舐められるものではないそうです。

それから、法科大学院で話をする際のレジュメを作成しました。

この週末は図書館から借りた「海賊とよばれた男」(下)を読む予定です。おやすみなさい。

7月1日の出来事

平成26年も7月に入り、もう半年が終わったのかと思うと同時に、そろそろ暑くなるぞと覚悟しています。

先日、我が友「あばら家さん」が、iPhoneを機種変更し、ケースも買われたというのに、その画像が投稿されないので、どうしてなのか考えました。答えが分かり、私が本人に代わって投稿することにしました。

2014070121013984b.jpg

ケースが画面を覆う作りのようです。私の腰付近にできた内出血の状況を撮影してもらえばよかったと後悔しています。

同期の訃報が届きました。享年61、親分肌の方でした。

夕方から、犯罪被害者支援に関する研修に顔を出しました。もっとも、私が犯罪被害者の支援を担当したら、二次被害のおそれがありますから、その支援をすることはありません。若手の出席が目立ちました。司法修習生もいました。かつて私は検察官として捜査を担当した事件において、遺族に対し、「検察官は、今ある法律を適用することしかできません。今ある法律の内容がおかしいのであれば変えなければなりません。そのためには人柱が必要です。将来、貴方と同じ立場にある犯罪被害者の遺族が悲しむことがないように、貴方が人柱になって下さい。」と言ったことがあります。若手には、人柱となった方の存在に思いを致してほしいものです。偉そうなことを書きましたね。

犯罪被害者・遺族について

若手から事件処理の補助(あくまでも黒子に徹します。)を頼まれました。心筋梗塞を発症して間もなく1年になりますが、自分の存在意義に疑問を持って生きてきました。その若手が、10年、20年先に後輩からの相談に乗ってあげられるようになってくれたら、私は本望です。

判決書から学ぶ。

おはようございます。今朝は、約40分の間、いつもよりも早足でウォーキングをしてきました。兵団に出て旭川沿いを病院方面に歩き、病院の手前で左折して大和町の交差点を通過し、さらに、OHK岡山放送横を通って、国対道路まで出てから再び左折し、最後は吉備路文学館方向に左折して帰ってきました。普段は被らない「ももたろうジーンズ」製のハットを被ってウォーキングをしましたが、どうしても怪しいおっさんに見えてしまいました。

ところで、最近、刑事事件の弁護人をしていませんが、若手の方から刑事事件の弁護について相談を受けることが多くなりました。ほとんどが否認事件であるため、どうしたらいいのか困っての相談ですが、私は簡単な自白事件の弁護を担当することになった時点で相談してもらえないかというのが本音です。

記録を検討する際、弁護を担当することになった者に前科があるならば、通常、検察官からその判決謄本が証拠請求されるはずですから、これをじっくり読むべきあると思います。なぜなら、判決謄本の量刑の理由に関する部分から、他の証拠に記述がない、その判決に至るまでの事情が分かることがあるからです(①被害弁償したのか、②情状証人がいたのか等の記述があり、今回は同じような弁護手法を採っても裁判所に納得してもらえないでしょう。)。この点、公判を担当する検察官は持ち事件が多いため、争いがない事件の場合、そこまで読み込んでいないことがあり、検察官の冒頭陳述を聴いていたら、判決謄本を読んでいないと分かることがあります。

また、仮に今回は簡単な事件の弁護を担当することになったとしても、検察官が証拠請求した中に前科に関する判決謄本があり、それが事実を否認したり、責任能力を争った事案であったなら、今後のためにしっかり読み込み、場合によっては自腹を切って謄写しておく必要があります。判決書は裁判官がその事案について下した最終的な判断を記したものであり、裁判官の思考過程、証拠の評価の方法が分かりますから、弁護人はどのような証拠を集めて、何を主張すべきかのポイントが分かるはずです。さらに、昔の裁判官は非常に文章がうまく、文章に流れがあって一読しただけで頭に入ってくるものですから、自分が文章を書く際のお手本になると思います。それから、私は、刑事事件はもちろん、民事事件の場合であっても、裁判官が証人や当事者(被告人)にどのような質問をするか注目し、これがあったら必ずメモしておき、判決書の中で生かされているか確認しています。というよりも、裁判官の質問の仕方によって、将来言い渡されるであろう判決の内容を想像することができます。

さらに、前科に関する裁判で、被告人、あるいは検察官が控訴した場合には、控訴審の判決書に控訴趣意書が一体として添付されていますから、場合によってはこれも謄写しておくと、後々役に立つことがあるはずです。


先輩から指導してもらえる機会がある裁判官、検察官と違って、弁護士の場合はどこから「技を盗む」(技量を身に付ける。)かと言えば、その一つは以前の判決謄本になるのかと思います。今日から「呆韓論」という本を読み始めます。なお、特に何らかの思想的背景があって、この本を読むわけではありません。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-