Entries

スーパードクター

昨夜は難病を手術して治す医者の番組が多かったですね。体力勝負だと思いました。しかし、福島先生、上山先生にしても、結構な歳なのに、よくあそこまで頑張ることができるなと感心しました。


検察官であれば、ほぼ決裁官として、部下がもってくる書類に印を押すだけの退屈な時期になっていると思います。検事正室に入ると、静かな音楽が流れていて、「少々問題がある事件ですが。」と申し上げると、待ってましたという感じで、「ソファーの方で聞こう。」と言って、熱心に報告に耳を傾け、肝心なポイントだけを確認して、「大丈夫。」と言いながら、印を押して下さった方がいました。検察官は、第一線にいるのが似合っています。


ところで、TVタックルの中で、30代の男性内科医の勤務状況が紹介されていましたが、36時間労働とは驚きました。日勤をして、当直に入り、救急の患者を診察し、また、日勤をする、これも体力と強い精神力がないと続かないはずです。TVには取り上げられないスーパードクターが大勢いると思いました。

プロ野球の日本シリーズ

プロ野球の日本シリーズが始まっているのですが、地上放送でやっていませんね。


クライマックスシリーズ3位から勝ち上がってきたロッテ、首位を死守して出場となった中日、派手さはないですが、放送してくれたら、そこそこ視聴率が取れるのではないかと思います。NHK衛星放送ではやっていましたが、NHKは「龍馬伝」の方が大事なのでしょうか。


横綱が負けた

ついにこの日が来ましたね。たとえ双葉山の記録を抜いても、いつかは来る日でした。


相撲の内容も、稀勢の里に勢いがありました。1場所15日あれば、こういう相撲になることもあるでしょう。横綱の心の中に、自分はモンゴル出身で、双葉山の記録を抜いたらまずいという気持ちはなかったのでしょうか。


負けたとしても、すごい記録であることは間違いありません。九州場所の観客が減るかもしれませんが、優勝と新たな記録を目指して頑張って欲しいです。

CMについて

いろんなCMがありますが、競馬と競艇のCMは対照的ですね。私は競馬も競艇もしません。


競馬の方は、有名タレントを起用して、大きなレースがある毎に競馬場に人を誘うもので、金をかけているなと感心します。


これに対し、私がよく目にする競艇のCMは、女性が風呂に入って、ボートを浮かばせて遊んでいます。そして、電話で話をし、「何犬?」と聞いているかと思うと、「ふなけーん」(舟券)となるのです。


これからクリスマスシーズンになり、いいCMが出てきますね。

亀田三兄弟について

礼儀正しくなった亀田三兄弟が好きですね。元々は、いい子だったのかもしれません。昔のやんちゃな姿は売れるようにするため、テレビが作り上げた虚像だったのかもしれません。


父親にしても、田舎に泊まろうという番組で、子ども(長男)が家を出ていくときに、礼儀正しくするよう説教をしている場面があり、意外にええおっさんやなあと思ったものです。


今回、次男は、フライ級にしたため、胸囲が7センチも小さくなっていました。ガツンとパンチを決めて、後で判定がおかしいというようなことがない、KO勝利をして欲しいものです。


今週のテレビから

ブログを更新していませんでしたので、友人から、「体調が悪いのか。」と問い合わせがありました。今週から、仕事モードに入り、バタバタしていましたが、ブログを書く時間が全くなかったのかと聞かれると、それくらいの時間はあったと思います。


昨日は、早朝から車に乗せてもらって遠方に仕事に出かけて疲れていましたが、録画していた番組を見ました。


【最上の命医】

小児外科医役の青年医師の活躍を描いた番組ですが、どうしてあんなに若いのに、アメリカで有名な賞(医師としてのもの)がもらえたのか不思議でした。また、ドラマの中とはいえ、難手術が成功してホッとしました。


この種の番組で印象に残っているのは、フジテレビの「救命病棟24時」で、地震が起きるシリーズは、阪神淡路大震災後に神戸で仕事をしたことがある私にとって、衝撃的でした。そのときも、シンドウ先生が出てきましたが、

最上の命医でも、主役の先生の命を救ったのがシンドウ先生という設定になっていました。名前は変えるべきでした。


【告発 国選弁護人】

田村正和さんが主演で、しかも弁護士の役ということでしたから、録画を失敗しないよう万全の態勢で臨みましたが、内容に無理があり、いくつかの検察の不祥事と結びつけて、とにかくドラマを作った感じがしました。出だしがあれでは、子どもと一緒に見るのも気が引けます。


あえて一言。国選弁護人、法廷でしゃべりすぎです。しかも、控訴審の法廷で、あれはないだろうと思いましたね。古畑任三郎がよかったです。

最近のCMについて

地震の影響でCMを自粛されている企業が多く、同じCMを何度も目にし、最後に「AC」と流れています。ところが、私が気に入っているのは、「かりあげ、からあげ」で始まる近藤正臣さんが出演されているCMです。


近藤正臣さんと言えば、昨年の大河ドラマ「龍馬伝」で山内容堂役をされ、私の心の中では重厚さが増したなと思っていましたが、印象が変わりました。よくCM出演を引き受けましたね。


何のCMか分からないでいたら、最後になって、靴屋さんのCMでした。ロコンドですか。


嫁さんに手伝ってもらい、このCMをiPadにダウンロードしてもらいましたので、子どもに見せようと思っています。必ず、長男が口火を切って、似たような言い回しを始めるはずです。


(テコンドー、ロコンド、二文字も違いますね。)

最近のCMについて(続)

私は、思いやりの押し売りは気が引けます。



私がACのCMの中で気に入っているのは、島根県隠岐の相撲を題材にしたものです。取組は2番あるようですが、1番目はガチンコでやっているのでしょうか。CMを見ていると、見事な投げっぷりです。2番目は、1番目の勝者が負けることになっているわけですね。



「思いやりも、日本の国技に」、その通りであると思います。



しかし、国技と言って憚らない大相撲があれでは話になりません。八百長問題も震災のためにウヤムヤになっています。被災者を励ますためという詭弁を使って、本場所はしない方がいい。本国から帰国勧告がきている外国人の力士については、さっさと帰国してもらった方がいい。国、人によって考え方が違うのは当然であり、強制するものではないと思います。

選手宣誓

昨日の高校野球開会式の選手宣誓に妙に感動しました。


ただ、初日に負けてはいけません。しかも、原発事故関連のニュースで、試合の中継がズタズタになり、まともに試合を見た気になれませんでした。


人生には、こういうこともあります。


また、夏の甲子園でその勇姿を見せて頂きたいものです。

高校野球が終わりましたね。

高校野球が終わりましたね。


選手宣誓を地元(○山県ですね。)の高校のキャプテンが立派にこなし、感動しました。決勝戦には生まれ故郷である福岡県の代表が進出し、驚きました。


来春の大会が開催されるとき、世の中は相当変わっているでしょう。そう思わずにはいられません。


野球中継のときに甲子園で流れていた谷村新司さんの「今ありて」という曲をダウンロードして聴いています。

Appendix

カテゴリ

Extra

プロフィール

オグちゃん

Author:オグちゃん
平成25年5月、アメーバ・ブログから引っ越してきました。役に立つことも、役に立たないこともマイペースで書いています。日記のような感じでしょうか。

しかし、ブログから新しい出会いが生まれ、有難いものであるということも知りました。

最新記事

検索フォーム

アクセスカウンター

フリーエリア

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-